妊娠中の緑茶 - その利点と害

天然緑茶は出産時の健康をサポートする優れた手段と考えられています。それは完全に喉の渇きを癒し、そして蜂蜜とレモンとの組み合わせで女性が風邪の最初の徴候に対処するのを助けます。そして古典的な紅茶やコーヒーとは異なり、その中にカフェインは実際にはありません。妊娠中の使用は望ましくありません。他に何が緑茶で有名です、そして特にその立場で女性のためのそれの使用は何ですか?なぜそれをリットル単位で飲む必要がないのか、そしてどのようにしてその回復効果を高めるのか?

緑茶の利点

緑茶は、妊娠中の女性の身体に必要なミネラルとビタミンのほとんどが含まれている独自の風味を持つ健康的な飲み物です。同時に、特殊な前処理技術により、高温の影響下であってもその中の最大の部品数を維持することができます。そのユニークな特性の中には以下の特徴があります。

  1. 緑茶はマグネシウムやカルシウムなどの多量栄養素の良い源と考えられています。
  2. 含まれている天然の抗酸化物質は免疫反応を高め、フリーラジカルだけでなく季節性感染症からも保護します。
  3. 妊娠中の糖尿病は、血糖値のバランスが取れているため許可されません。
  4. 歯と骨を強化し、それらの破壊を防ぎます。
  5. 血圧を正常化します。
  6. その成分であるフィトンチッドのおかげで、それは毒素血症に対処するのを助けて、悪心発作を取り除きます。
  7. 消化のプロセスを正常化して、消化管全体の調和の取れた働きに貢献します。
  8. 多くの妊娠中の女性は頻繁に食べ過ぎるので、これはコレステロールの増加を引き起こす可能性があります。数杯の緑茶がその沈着を防ぎます。

物議を醸す瞬間

最も豊かな成分と緑茶が体にもたらす恩恵にもかかわらず、科学者たちは彼らがあまりにも多く関与することを勧めません。特に、その構成成分が葉酸の正常な吸収を妨げるという正式な研究が発表されました。妊娠中の女性にとって、これは欠くことのできない微量元素であり、その欠乏は子供の神経管の発達に奇形をもたらし、それはさらに障害につながる可能性があります。しかし、婦人科医はこの問題について明確なコメントを持っていません。栄養士は単に緑茶の摂取量を1日に数200mlのコップに制限することを勧めます。この量の飲み物は胎児に害を与えません。

あなたが制御できずに緑茶を飲むべきではないもう一つの理由はカフェインです。それは興奮剤であるので、それは母親の圧力と心臓の動悸の増加につながります。これは、女性の一般的な倦怠感を引き起こすだけでなく、出血も引き起こす可能性があるため、最初の学期の終わりには特に危険です。カフェインはまた子供の発達に悪影響を及ぼします。それは内臓の産卵を阻害し、未熟児を産むリスクを高めます。しかし、繰り返しますが、1日2カップあたりのカフェインの量は体に害を与えません。

お茶の淹れ方と飲み方

製品を最大限に活用するには、適切に準備する必要があります。緑茶の場合は、まず適切なグレードを選択する必要があります。それはきれいな葉にすることができます、そしてハーブや果物の小片を追加することですることができます。それはすべて個人の好み次第です。

緑茶を醸造するための古典的な割合は、250ミリリットルの水あたりスライドなしの小さじ1杯以下である。注入時間は茶葉の大きさと達成したい結果によって異なります。お茶には、強壮効果をもたらす物質テインがあります。それは溶接が沸騰したお湯に触れた後の最初の数分の間に水に移されます。さらにお茶は主にタンニンが豊富です。あなたが元気を出したいのであれば、その後、それから1.5分以内に注入するためにお茶を残します。あなただけの葉茶の多面的な味を楽しみたい場合は、最大5分間注入するためにそれを残すことができます。

水質

お茶を淹れるのに最適な温度は80〜90℃です。水道水から水を使うことは不可能です;妊娠している女性にとって(そして、原則として、健康を気にする人にとっては)ボトル入りの水を買う方が良いです。多くの製造業者は設備を節約し、消費者に圧倒的な量の硝酸塩と重金属を供給しているため、水質に非常に批判的に取り組まなければなりません。理想的には、それは分析のために独立した実験室に与えられるべきです。可能であれば、あなたはあなたの家にコンパクトな濾過システムを設置することができます。

何を作った?

緑茶を含むどんなお茶でも、熱をよく保つ皿で醸造されるべきです。古典的な中国の伝統では、磁器や粘土のティーポットがこれに使われています。それがない場合は、セラミックまたはガラスを使用できます。ティーポットを満たす前に、やかんの上に沸騰したお湯を注ぐ必要があります - これは過剰な臭いを取り除くだけでなく、飲み物の味を明らかにするのにも役立ちます。カップでも同じ手順ができます。あなたがお湯でそれらを事前に洗い流しているならば、お茶はあまりにも早く冷えません。

緑茶の規則

緑茶は食事の直後に飲むのはお勧めできません、なぜならこの場合それは鉄の吸収を妨げるからです。妊娠中の女性にとって、それは貧血(組織に入る酸素の欠乏)で脅迫します。そして、それは胎児の発達に悪影響を及ぼします。 30分から1時間待つのに十分です。緑茶のユニークな特徴はそれが作り直すことができるということです。さらに、それ以降は特徴的な苦味が消えます。

緑茶と蜂蜜(温水を加えるが沸騰水は加えない)、牛乳または生姜を組み合わせることをお勧めします。しかし、砂糖は断るほうがいいです。あなたが甘いものを欲しいならば、あなたはドライフルーツを持っている間お茶を一杯飲むことができます。

緑茶は全身の機能を改善します:それは感染症と戦って、腸を元通りにして、中毒症に対処するのを助けます。許容量で消費されれば、それは優れたビタミンカクテルになり、必要な成分で女性の体を豊かにします。