子猫はいつ食べ始めますか。

子猫はあらゆる子供、そして時には大人の夢です。彼らは優しさ、優しさ、そして愛情の感覚を呼び起こします。しかし、これ以外に、どんな子猫も小動物の命と健康に責任があります。彼らは無力に生まれ、特別な注意を必要とします。生後3週間から、彼らは独立して動き始めます。そして多くの飼い主は、いつ子猫が自分で食べ始めるのか、そして子猫に食べるように教える方法について疑問を抱いています。

猫はどうやってその子孫に餌をやるのですか?

子猫が大人の猫によって育てられるならば、それから彼はすぐに独立します。約2ヶ月で、子猫は母親のミルクを食べます、しかし彼らの発達と適応が自信を持って起こるならば、猫ははるかに早くミルクから子猫を引き離します。 3-4ヶ月の年齢で、子猫は母親とは別に独立して食べることができます。

通常、子猫は6〜8週間猫を吸うことができます、そしてこの場合猫自体を監視することは重要です。彼女はすべての子猫が十分なミルクを持っていて、それがその有益な特性を失うことがないように、良い栄養を与えて休むべきです。必要なものすべてを猫が受け取らないと、すぐに疲弊して病気になることがあります。そのような瞬間には、母性の本能が猫の中で働き、自己保存の本能が脇道を通って行きます。あなたは子猫からしばらく猫を連れて行くか、その栄養を監視するか、飼料にビタミンを注射するか、カルシウム注射をする必要があります。

子猫が猫の世話をせずに放置されている場合

子猫が母親の世話をせずに残され、それらのためのすべての責任と世話は所有者の肩にかかっている場合があります。子猫が快適に感じるためには、彼は食べ物だけでなく、世話、世話、愛情も必要です。彼は暖かくて快適な住宅を装備するべきです、それは特別な家または柔らかい布で覆われた箱であることができます。安全になったらすぐに食べてもいいです。

猫のミルクは37度に予熱した牛のものと交換することができます。子猫が生後2週間になるまで、それは1日8回給餌する必要があります、通常の医療ピペットは飼い主と動物の両方にとって給餌プロセスをより便利にします。ピペットはおしゃぶりと特別な小さなボトルと交換することができます、それは獣医薬局で購入することができます。子猫がおなかがすいたとき、それは認識するのが簡単です、それはきしむとミルクを求めてナッジするでしょう。

子猫が独立して食べるのを助ける方法は?

生後1.5ヶ月で、子猫は頭が良くなく、そして時にはそれは自己摂食を学ぶことへの障害となります。子猫が猫によって育てられたとき、彼女は例によって彼に適切に食べる方法を見せて、ボウルに彼を押して、必要な穏やかさと安全を与えます。彼女がミルクを飲んだ後、好奇心の強い子猫は猫と彼女の顔を嗅ぎ、そして彼女をなめることさえできます。これは子猫が独立して食べる準備ができているという合図として役立ちます - 彼は新しい出来事や変化を恐れていません。

母親なしで残された子猫はもっと落ち着かず慎重になります、彼はボウルに近づくのを恐れます。何も動物を脅かさないことを明確にするために、最初は動物を愛撫して落ち着かせる必要があります。次のステップ:あなたは彼が好むことになるボウルに繊細さがあることを動物に見せる必要があります。あなたはボウルからミルクに指を浸して子猫の口を塗ることができますそしてそれから優しくボウルに銃口を送ります。ボウルはその成長に適した子猫のために快適でなければなりません。

どのくらいの年齢で子猫は補助食品を与えられますか?

猫なしで成長する子猫は、ほとんどの場合3週間の年齢までに独立して食べる準備ができています。最初にそれをチェックする必要があります。小さな受け皿には、大さじ1杯以下の温かい牛乳を注ぐ必要があります;もし子猫が自分で食べる準備ができていれば、彼はそれを飲み始めます。もちろん、最初の独立した食事には大きな鼻音、汚れた銃口が伴いますが、これは子猫がピペットの助けを借りずに食べることを学ぶ方法です。

数日後、体に必要なすべてのビタミンと微量元素を取り込めるように、乳児用調製粉乳をミルクに追加できます。補助食品は、動物の成長と健康に必要な優れた栄養と発達をもたらします。

牛乳の供給が成功した場合、6〜8週間で、缶詰の肉、チキンスープ、または子猫用の特別な食品の形で飼料を入れることができます。最初は、補助食品のサービングは少なくあるべきです、それらは次第に増やされる必要があります。

年齢に応じた栄養子猫


かわいい子猫のほとんどの飼い主は、動物が自力で食べ始めるとすぐに食事に従う必要はないと信じています。しかし、この意見は間違っています、動物の年齢に対応していない不適切な食事は、消化に深刻な問題を引き起こす可能性があります。

考慮することが重要である基本的な規則:

  1. それがまだ歯を持っていないので、子猫が生後1ヶ月であるとき、その食物はまだ液体であるべきです。この時期には、乳児用調製粉乳、液体セモリナ、ゆで半熟卵黄が​​理想的です。肉と魚のピューレは許されますが、液体ピューレの形でのみです。
  2. 2ヶ月の年齢で、たとえ彼が猫ではなく男によって育てられたとしても、子猫は完全にそして脇から飼うことができます。動物は乳歯を持っています、そのおかげでもっと硬い食べ物が食事に含まれることができます。しかし、快適で適切な消化のために、流動食は除外されません。この年齢では、上品なチキン、カッテージチーズ、ソバ、または米のひき割り穀物を子猫のメニューに追加できます。ゆで卵黄の発酵乳製品を提供することが可能である。
  3. 3ヶ月であなたは猫のためにドライフードを紹介しようとすることができます、それは猫の品種と年齢に基づいて選択されるべきです。飼料を節約する必要はありません。プレミアム飼料を選択するのが良いでしょう。安い飼料は骨と肉の老廃物から作られています、彼らは子猫に良い栄養を提供することができません。
  4. 食物に加えて、子猫はピットフィッシュ、内臓と野菜を味わうことができます。動物の栄養が多様で、1つの食べ物に慣れていることが重要です;成人期には、猫は他の食べ物を食べることを拒否します。

動物の飼い主がどの種類の食べ物を選ぶほうがよいか疑問がある場合は、獣医師を訪れることができます。彼は、栄養に関する勧告に加えて、新しい食物への子猫の世話と学校教育について助言するでしょう。

役に立つヒント

  1. 子猫がボウルから喜んで食べるためには、便利なサイズに加えて、彼女はいつも清潔でなければなりません。ボウルの隣にはきれいな水の入った受け皿があり、定期的に交換する必要があります。
  2. 最初に、子猫はその足でボウルに入るかもしれません、あなたは忍耐強く、それのために子猫を叱る必要がない、そうでなければそれは食物に関連する恐怖を引き起こすでしょう。慎重にそれを修正することが必要であり、時間が経つにつれて、子猫はそれがそうする必要はないことを理解するでしょう。
  3. 子猫がたくさん食べているかどうかを理解するためには、そのトレイに注意を払う必要があります。動物が定期的にトレイに行くなら、それはそれが十分な量の食料を受け取ることを意味します。フル子猫は楽しさと遊び心のあるでしょう。
  4. あなたは彼の健康を改善するために子猫に追加のビタミンを与えることができ、そして消化を改善するために定期的に腹部マッサージをすることができます。

子猫は早い時期に自立するようになりますが、開発に必要なすべての条件を提供し、それらを愛で囲むことが重要です。