子供用のバナナ:何歳で食べられますか?

家族に加えて、両親は自分のパン粉の基本的な食べ物に含まれているものについて心配しています。原則として、バナナはりんごとズッキーニと一緒に最高の補完的な食品と見なされます。しかし、赤ちゃんの年齢と彼の個々の特性の面で制限があります。非常に多くの場合、子供によるこの果物の時期尚早な承認は、最も予測不可能な結果につながります。あなたがあなた自身の意見を述べることができるように、我々はそれを段階的に整理します。

バナナが子供の体に与える影響

  1. トロピカルフルーツがその化学組成において非常に栄養価が高いことは秘密ではありません。さらに、子供はバナナのピューレでごちそうを食べるのが好きです、彼の体は必要な物質で飽和しています。バナナとは低アレルギー性の胎児を意味するので、それは幼い頃からサプリメントへの導入に理想的であると考えられています。
  2. 基礎はBグループに属するビタミンが含まれています。彼らは中枢神経系を形成する、子供の心理的感情的背景に良い影響を与えます。リンとカルシウムは骨組織の発達を担当し、それはミクロボイドの充填のために強くなります。
  3. バナナは気分を改善し、赤ちゃんの気まずさを軽減し、快適な睡眠に貢献します。広範なミネラルとビタミンのリストは、赤ちゃんが年齢区分に従って発達するために単に必要です。
  4. カリウムとマグネシウムは心筋に必要ですが、鉄は血液組成を改善し貧血を予防するために必要です。バナナは栄養価が高いため、くる病を予防するために食事に含まれています。
  5. 提示された果実の基礎はアミノ酸および澱粉質化合物を含み、後者は製品の全体積の1/5以上与えられている。デンプンのおかげで、果物は完全に消化され、消化管の活動を正常化します。
  6. 多くの場合、肉は加熱された牛乳と組み合わされ、その後そのようなカクテルは咳や気管支炎を患っている赤ちゃんに与えられます。カクテルの構成はまた脳が適切に機能し発達することを可能にする全てを含んでいます。

バナナアレルギー

  1. 平均化された統計データに従うと、提示された果物を食事に導入したときに予期しない反応が生じることはめったにありません。このため、専門家は6ヶ月齢からサプリメントにバナナを追加することを許可しています。
  2. これらの勧告は、妊娠前や妊娠期間全体を通して母親が果物を摂取した乳児に適用されます。これは、子供の体がこの製品に含まれるすべての物質を吸収する準備ができていることを意味します。
  3. 導入の肯定的な結果にもかかわらず、それは可能なアレルギーを考慮に入れることが必要です。彼女は、原則として、果実の貯蔵と加工の条件に違反していると感じます。より良い輸送のためにバナナが化学物質に浸されるならば、それは皮を通して果肉に到達するでしょう。悪影響をもたらすのは化学物質です。

メニューに入ることができるとき

  1. この問題に関する専門家の意見はさまざまです。 5ヵ月から子供に実を与えることは許されると主張する人もいれば、7ヵ月後に子供を治療することを支持する人もいます。したがって、平均的で比較的安全な年齢は6か月後の期間です。
  2. すぐに食事の最初のバナナは紹介されていないと言われるべきです。チャンピオンシップはりんごまたはズッキーニに与えられます。検討中の果物はサプリメントとして機能します。そうでなければ、赤ちゃんの体はその成分を受け入れません。
  3. あなたがこの果物で子供を収穫して治療するとき、あなたは小さなグルメの好みから始める必要があります。 6ヶ月からの子供たちは1小さじを与えます。まれなマッシュポテトの形で。徐々に、その数は2 tbspに上がります。 l
  4. 生後8ヶ月後に大さじ3からパン粉を与えることが許可されています。 l。、ゆっくりと小粒の実の半分の量になるようにします。 10ヵ月になると、子供はスライスされたスライスされたほとんどの果物で治療されます。

選択と保管の機能

  1. 緑色の果実の基礎には、タンニンが含まれています。タンニンは、増加したガス形成や消化管からの他の予測不可能な反応の原因となっています。
  2. 寝坊した標本も放棄する必要があります、彼らは便秘やアレルギーを引き起こす可能性があります。そのような果物はあまりにも多くのブドウ糖を蓄積し、それはアレルギーを引き起こします。
  3. 熟したバナナだけが優先されます。彼らの肌は黄色に着色されており、表面に黒い斑点はありません。熟していない場所がある場合は、数日間その実を休ませてください。この場合、リンゴの近くに果物を置く方が良いです。
  4. 選択が成功したら、果実の老化に気をつけてください。家では、それは乾燥した場所でのみ保たれるべきです、寒さへの暴露は受け入れられません。買収後、あなたは4日間バナナを食べる必要があり、それから彼らは黒くなります。

バナナが禁忌であるとき


子供の体に胎児のプラスの影響に加えて、マイナス面があります。したがって、いつバナナが有害になる可能性があるかを検討してください。

  1. 子供が太りすぎに苦しんでいる場合は、食事にバナナを含めることはお勧めできません。そのような果実はそれらの組成中に高濃度のスクロースおよびフルクトースを有する。一緒になって、これらの物質は肥満の発症をもたらします。
  2. 問題の果物は低アレルギー製品のカテゴリーに属することは注目に値します。しかし、バナナに対する個人の不耐性の事例があります。多くの場合、この身体反応はトロピカルフルーツを化学物質で処理したことで明らかになります。その結果、かゆみを起こすような発疹が赤ちゃんの肌に現れることがあります。
  3. 消化管に問題がある場合は、パン粉の食事への製品の導入を延期する必要があります。彼が便秘、腸の不調、膨満感があるならば、それは子供にバナナを与えることを勧められません。原材料を食べることは状況を悪化させるだけです。
  4. 赤ちゃんが遺伝的系統に従って真性糖尿病を受け継ぐ場合、食事にバナナを導入することは固く禁じられています。血液凝固が増加した子供にも同じことが当てはまります。
  5. いずれにせよ、あなたが果物の消費後に子供の健康の悪化を見たことがあるならば、無期限の間食事からそれらを除外します。これについては専門家に相談するのが最善です。

実を結ぶ方法

  1. 初めてあなたがバナナをあなたの赤ちゃんに紹介するつもりなら、ピューレは飼料混合物または母乳で同量に希釈することを強く勧めます。これのおかげで、子供はすでにおなじみの味で新しい料理を味わうでしょう。また、一貫性はかなり流動的になります。
  2. 子供に新しい果物を与える前に、それを正しく準備してください。皮だけでなく、すべての静脈を取り除きます。最初の数週間で、予備的な熱処理の後にだけパン粉に製品を与えてください。スチームバスまたはウォーターバスでバナナを試作します。あるいは、スチーマーを使用してください。
  3. これを行うには、果物を細かく切り刻み、それを湯煎器用の特別な器具または容器の中に入れる。約6分間果物をかき混ぜます。その後、原材料は可能な限りマッシュアップすることができます。また、バナナは他の方法で作ることができます。
  4. さらに、トロピカルフルーツをニブラーに入れることができます。子供に実をあげなさい。絶対に安全な授乳方法のおかげで、歯茎の追加マッサージが行われます。あなたがすぐにマッシュポテトを作りたい場合は、デザートスプーンでバナナをこする。
  5. あるいは、単純なフォークを使用してバナナのピューレを作ることができます。代わりに、ブレンダーまたは小さなおろし金を使用してください。より液体の粘稠度を得るためには、塊にフルーツジュース、水または母乳を加えてください。
  6. あなたが多くの時間を節約したいならば、赤ん坊のために設計された瓶の中に既製のバナナのピューレを買う。この塊は他の果物、特にリンゴによく合います。ケフィアや自家製ヨーグルトを混ぜることもできます。サワーミルク製品は心地良い香りのノートを見つけます。

赤ちゃんは新鮮なバナナを与えることが許されています。主なものは、果物を均質な塊に変えることです。あるいは、果物から何かを作ることもできます。必要に応じて、バナナピューレを他のフルーツ調合品、補給用ミックス、母乳、または発酵乳製品と混ぜ合わせます。子供が完全に健康であるならば、新製品の同化に関する問題は起こらないはずです。