妊娠中のシャンパン - 利点と害

妊娠中の女の子はしばしば儀式のイベントに参加したり、彼らの個人的な勝利を祝います。そのような場合には、あなた自身やあなたの親戚のためにシャンパンを1杯上げたいという欲求がしばしばあります。しかし、繊細な状況にある女性は、何を食べたり飲んだりするかを注意深く監視しなければなりません。通常、アルコール飲料から、医師は時折ワインを飲むことができますが、シャンパンはどうですか?一緒に理解しましょう、そしてまた、体に輝く飲み物の効果を見つけましょう。

その立場にある女性にメリットはありますか?

  1. すべての禁止事項および意見の相違にもかかわらず、繊細な状況でのシャンパンは一定の利益をもたらすことができます。例えば、それはリラックスし、ストレスや疲労の影響を抑え、中枢神経系を正常化します。
  2. しかし、赤ちゃんに害を与えずにスパークリングワインを飲むためには、150mlを超えることは不可能です。そして妊娠期間中は​​、たった300 mlしか摂取できません。

妊娠中の女性のためのシャンパンを傷つける

この輝く飲み物が濫用されると、赤ちゃんと最も妊娠中の女性の体は重大な危害を被ります。

アルコールの入った瓶のラベルに表示されている銘文をよく見ると、シャンパンは妊娠中の腎臓や肝臓の病気、そして女の子には禁忌であることがわかります。

ここにいくつかのニュアンスがあります。例えば、特定の慢性病理を持つ人が自分の健康を悪化させるだけであれば、妊娠中の女の子は自分自身と胎児を破壊します。

危害は、将来の母親と胎児の体に次のような影響を及ぼします。

  1. 女性が妊娠中に大量にシャンパンを飲むと、飲み物は胎児に血を通って行きます。出産後、赤ちゃんはもはやまともな量の輝くボリュームを受けていないので、赤ちゃんはいわゆる二日酔いに苦しむでしょう。
  2. 妊娠中の母親がアルコールを飲んだ場合、微妙な状況にある間に、彼女は自動的にアルコール依存症の中毒に子供を「代用」します。それが現実にあるべきであるので、子供の体はエチルアルコールを完全に拒絶しないでしょう。
  3. 赤ちゃんが生まれた後、シャンパンの組成からの有害物質の大部分は、子供の体に「ネイティブ」に見えるでしょう。輝く妊婦の虐待がすべてです。
  4. 私たちが子供を産むことができる病理学について話すならば、状況はさらに悪いです。乳児は、過度に小さい頭または細長い顔、「口蓋裂」または「口唇裂」、ならびに他の多くの先天性異常を有することがある。
  5. まれに、子供が未発達のあご、新生児の低出生体重、関節の働きの混乱、奇形の胸郭で生まれています。
  6. 病理には、成長後の人の年齢に対応しない遅発性の精神的および身体的発達が含まれます。逆に、子供はあまりにも早く成長する可能性があり、それは年齢層と一致しません。
  7. すべてのアルコールは、赤ちゃん、低品質の不自然なシャンパンなどに悪影響を及ぼします。子供は神経系、脊髄、または脳の障害で生まれます。
  8. 外部だけでなく内部の特性にも関連する異常が観察されるかもしれません。観察された心筋、血管系、生殖器、関節および骨組織、股関節。

シャンパンを受け取ることに対する禁忌

それ自体、女の子の微妙な状況が、絶対にすべてのアルコール飲料を飲むことに対する主な禁忌であることを理解すべきです。

しかし、反対側から見れば、ある場合にはホルモンがスケールを外れているので、飲む必要があります。赤や白のドライ(!)ワインを優先してください。

目的がシャンパンを使用することであるならば、高品質で高価な輝くものだけを選んでください。あなた自身とあなたの赤ちゃんを安っぽい猛毒で毒するよりも、もっとお金を使うようにしましょう。

シャンパンがすでに女性の身体に入っている場合

予定外の妊娠の場合は、子宮内に胎児がいることをまったく知らずに、1〜2杯のシャンパンを飲むことができることに注意する必要があります。

この瞬間まで、4〜5週間で新しい命が生まれます - それは細胞の集団にすぎません。初期の1杯のシャンパンは、決して妊娠中絶を奨励するものではありません。

パニックにならないで、落ち着いて、親戚に直面して承認を見つけてください。中絶のために診療所に走ったり、薬を飲ませたりしないでください。

あなたがもはやアルコールを飲まなくて、そして完全に子供に集中する場合だけ、危険は事実上ゼロに減らされます。

あなたが妊娠のずっと前にアルコール飲料にはまっていた、そして後にあなたが将来の赤ちゃんについて知ったなら、次の検査で医者に状況を説明してください。

妊娠中期のシャンパン

  1. 赤ん坊を携帯するような時期は、最も平和な時期と見なされます。臓器はすでに完全に形成されており、熟し続けるだけです。このような要因が、週に1回または月に2回アルコールを摂取することを許可できることを示すものではないことを理解することが重要です。
  2. 60mlだけを取るとき考慮しなさい。 1週間に2回アルコールを飲むと、このような時期に流産の危険性が著しく高まります。そのため、妊娠を真剣に扱う必要があります。この問題では、あなたは友人、親戚や親戚の意見に頼るべきではありません。多くの人は、恐ろしいことは少量のアルコールでは起こらないと言っています。頭を肩に向けてください。
  3. どんな話にも耳を傾けないでくださいそしてそのような飲料の使用についてさえ考えないでください。それぞれの女の子の体は個性的であり、正確な安全なアルコールの摂取はありません。あなただけがあなたの健康とあなたの赤ちゃんの健康に完全に責任があるという事実について考えてください。これはそのような必要性ではありません、その前にあなたは抵抗することができません。

38〜40週間後期シャンパン

  1. シャンパングラス1杯があなたの体と子供の間で分配される過程をコントロールすることはできないことを理解することは重要です。あなたは楽しさと軽さを感じることができますが、子供はしばしばマイナスの影響を感じます。子宮の中の子供は意識を失うかもしれません。エタノールは彼の体に浸透します。
  2. 少量でもアルコールを摂取するのは望ましくないことを理解することが重要です。魅力的なシャンパンで、あなたが買う余裕があることができる最も小さいのは一口です。そのような操作だけが妊娠の最初の学期に訴えることを禁じられています。
  3. それでも少量のアルコール飲料を飲む場合は、自家製よりも天然ワインを優先してください。店の構成を消費しようとしないでください。多くの場合、このアルコールはパウダーベースですが、天然ではありません。それでも、それはそのような繊細な問題への責任あるアプローチの価値があります。

実用的な推奨事項

  1. あなたがすべてについてよく考えて、そして喜びを少し飲むことに決めたならば、直ちに適量を制限してください。半分コップ以上飲まない方がいいです。イベント中は一口飲んでください。あるいは、あなたは赤ん坊のシャンパンを飲むことができます。
  2. この場合、あなたはより安全なレモネードを取るでしょう、お祝いの包装紙だけで。それでもここでも注意する価値があります、そのような構成はそれらの有用性と自然さで有名ではありません。天然のシャンパンは、赤ちゃんを運ぶ全期間にわたって、たった300 mlしか飲めません。飲みます。
  3. それは覚えておく価値がある赤ちゃんを運ぶの最も危険な期間は最初の学期ですので、アルコールは流産を引き起こす可能性があります。責任感を感じ、誰もあなたにアルコールを飲ませることを強要しないでください、あなたの頭で考えてください。そのような行為は控えてください。それは天然ジュースに限定することができます、それはより有用でしょう。
  4. 天然ワインについては、医師に相談することができます。いくつかのケースでは、自家製の飲み物は健康を促進するために処方されています。厳密に限られた量の赤ワインを飲むことが許されています。そのような決定は、娯楽の喜びと共に、最も正しいものになるでしょう。

あなたが赤ん坊を運んでいる間にシャンパンを使用したいならば、あなたは結果について真剣に考えて、そしてすべてのニュアンスを考慮に入れるべきです。急いで決定しないように注意してください。短期的な楽しみは悲しいことにあなたのために終わることができます。すべてについてよく考えて、また医師に相談してください。