入浴看護ママに行けますか。

今日、多くの人々は健康を維持し、毒素から自分自身を浄化し、体をリラックスさせるために入浴しています。そのようなプロセスから恩恵を受けるために - それは入浴係のサービスを使用する必要はありません、あなたが自分で汗をかいても結果は変わりません。

お風呂では、彼らは健康を回復し、吸入を行い、有用な注入と煎じ薬のペアで吸い込みます。しかし、すべての生物にとって風呂が恩恵をもたらすわけではありません。ここでは、例えば、多くの人が興味を持っています - 授乳婦にこの場所を訪問することは可能ですか?これが牛乳にどのように影響を与える可能性があるのか​​を見てみましょう。そのような「休息」に対する何らかの禁忌はありますか。

授乳中のお風呂

以前は、若い母親の浴場に行かない理由は、そのような訪問の後に彼女の牛乳が過熱して消えさえしたからでした。熱や煙があると牛乳が燃えます。

現代の世界では、そのような定義は完全に否定されています。多くの医師によると、母親自身が授乳を拒否して授乳を止める、つまり乳房を拘束しない限り、牛乳は燃え尽きることができません。この後、もちろん、体の中に熱の感覚があるでしょう。

若い母親はお風呂を訪れることができます、彼らは禁忌を持っていません。

お風呂を訪れるには、出生後どのくらいの時間がかかりますか?

この問題の最も重要な点は、若いママの体が出産後についに生まれるまでお風呂に行くことはお勧めできないということです。婦人科医のアドバイスによると、出血や退院がある限り、ステッチは治癒していません - お風呂を見に少し待ってください。そうでなければ、あなたは感染症に感染し、あなたの状態を悪化させることができます。

妊娠前に女の子がめったにサウナを訪れなかった場合は、出産後に体を傷つけてそのようなストレスを与えるべきではありません。そして風呂への訪問が定期的だったなら、そして6-8週間後に完全にあなたはスチームバスに行くことができます。しかし、そのような旅行は頻繁ではないはずです。週に一度はあなたの体や赤ちゃんを傷つけないように十分になります。

安全上のご注意

出産後、女性の身体は弱くなり、特別な世話と世話を必要とするので、授乳中の母親はサウナを注意深く訪問する必要があります。そのような訪問が活発であるなら、それは健康に悪い影響を与えるでしょう。スチームルームの高温の後、圧力が上昇する可能性があります、吐き気が表示されます、頭がめまいを感じ始めるでしょう、それは鼻からさえ出血する可能性があります。これを防ぐためには、いくつかの規則に従う必要があります。

  1. 身体への負荷はそれほど大きくないはずなので、スチームバスで少し時間を過ごすのが良いです、5-7分で十分でしょう。しかし、すぐにではなく、外に出て数分間行きます。
  2. 授乳中の母親は脱水症状を許してはいけませんので、水分をたくさん飲む必要があります。あなたがハーブティーを飲むならば、それはよいでしょう。
  3. スチームバスは、十分なミルク放出をもたらします。つまり、最初に赤ちゃんに授乳するか、ミルクを搾り出す必要があります。
  4. それは風邪の症状を始め、軽度の頭痛でさえ体調不良がない場合にのみ入浴する価値がある、それはそのようなハイキングを断る価値がある。
  5. これは圧力低下でいっぱいですので、それは看護の母親のほうきなしで入浴することをお勧めします。
  6. 乳がんを起こさないように、プールに飛び込むことを許可しないでください。
  7. すぐにあなたは外出する必要はありません、湿気、寒さまたは雨があれば、あなたは少しあなたの体を冷やす必要があります。

お風呂に入るために必要なもの

授乳中のママや普通の女性を入浴することに大きな違いはありません。そのようなセットは実質的に違いはありません。主なものは出席することです:

  1. 頭の保護、あなたはお風呂のために特別な帽子を取ることができます、そしてあなたは夏に使うものを使うことができます - これは頭の過熱を避けるのを助けるでしょう。
  2. タオル「ミルクの川」がそれ自身の家庭用タオルでよくなるのを防ぐために、ミルクが胸から流れ出し始めた場合には必要でしょう。
  3. 交換可能な靴。通常はゴム製のスリッパです。彼らは裸足でスチームルームを歩かないように、そして可能性のある真菌性疾患から保護するために必要とされるでしょう。
  4. 応急処置キットと一緒になければなりません。それにアンモニアと圧力のための薬を入れてください、高温圧力のためにサージはかなり可能です。
  5. シートお風呂に入る前に、言い換えれば、すべての微生物を殺すために、よくそれをアイロンでアイロンをかける必要があります。

入浴を希望する授乳婦への禁忌

各女性の出生は異なり、体も回復します。誰かがこの2週間のために十分であり、そして誰かが2ヶ月行方不明です。出産後、若い母親の体は子供を養うために彼女の全力を費やすので、サウナにあまり関わる必要はありません。それぞれが例外ではなく、スチームサウナを訪問することには限界と禁忌があります - そして授乳中の母親。

以下の場合、サウナへのハイキングはキャンセルされます。

  • 高体温、高血圧。
  • 心筋の病気、喘息があります。
  • あらゆる炎症過程、感染症が発生します。

最初の警告サイン

あなたが本当にサウナに行くのが好きであっても、それはあなたの体があなたの選択と一致するという意味ではありません。それは抵抗することができます、そして、時間内にこれらの信号に気づくことは重要です。出産後、最初に風呂に入るとき、あなたはあなたの体のしるしに注意を払う必要があります。そのような旅行は成功することができます、そして、あなたは何も感じませんが、体の反発があるかもしれません。耳鳴りがあり、気分が悪くなり、めまいが起こることがあります。一部の人は弱くなって疲れきることさえあります。これは、そのような場所への旅行を数ヶ月延期する必要があるという最初のシグナルです。これは牛乳の減少にもつながります。

医療専門家は、泌乳を観察するためにしばらくの間入浴した後、牛乳の量が減少したら、そのような旅行は6ヶ月間停止するべきであると勧めます。

ボディケア製品、何を取るのですか?

どんな女の子でも女性でも、お風呂にたくさんのさまざまな化粧品を持ってくるでしょう。それは、蒸して、ローションとクリームを引き締めた後にボディに適用する機会を逃すことが可能であるか、スクラブで皮膚を清潔にします。授乳中の母親にとって、それをあなたと一緒に持っていく必要はありません、あなたは自然の治療を使うことができます。毛穴は水蒸気処理され、それらを通してすべての物質はよく吸収され、それが次に牛乳に入ります。そして子供にとってそれはまったく役に立ちません - 化粧品に含まれている彼の小さな有機体に有害なあらゆる種類の添加物や物質を食べること。あなたはベビーコスメティックを使用することができます、例えば、添加物なしであり、害を引き起こさず、そして肌を柔らかくするだけでしょう。

授乳中の母親は自然の化粧品を使用することができます、そして、彼女が家で前もって彼女を準備するならばそれはより良いです。これは蜂蜜、煎じ薬またはハーブの注入かもしれません。カッテージチーズとニンジンのマスク、挽いたコーヒーのスクラブ、カモミール煎じ薬のローションがとても人気があります。あなたが本当にしたい場合はしかし、あなたはその製品がテストされており、授乳時に体に害を及ぼすことはありません有名なメーカーからの化粧品を使用することができます。