ソーダと塩をうがいする方法

秋と冬の出現で、寒い季節が始まります - 不快でかなり長い間。公共の交通機関で手すりを握り、病人と一緒に同じ部屋に行き、一般的な料理、玩具、および衛生製品を使用するだけで、急性呼吸器ウイルス感染を起こすのは非常に簡単です。急速に発症する風邪の最も一般的な症状の1つは、のどの痛みです。概して、不快感は、粘膜にわずかに朝のカチカチ音がすることから始まります。あなたがタイムリーな行動をとらないならば、のどは痛み、あるいは喉の痛みの形でバクテリア性合併症にさえなりかねません。ぶどうの木の病気を抑えるには、吸入、薬物、部屋の湿気、スプレー、ロゼンジなど、さまざまな治療方法を使用する必要があります。しかし喉の痛みに対する最も効果的な処置はうがいです。今日我々はソーダと塩で解決を洗うことについて話して、その利点を考えてそしてそれを適切に準備して使う方法を見つけるでしょう。

ソーダと塩ですすぐ理由

多くの人々は、時間内にとられた措置が人を深刻な病気から守ることができることを知っています。のどが痛い場合は、1時間に3回、塩とソーダの溶液ですすいでください。これはあなたが完全に体を打つ時間さえ持っていなかった病気を取り除くことを可能にするでしょう。しかし、なぜすすぎがとても効果的なのでしょうか。これがこの手順のいくつかの利点です。

うがいは炎症を起こした粘膜の機械的洗浄と直接の表面消毒を行います。

スプレーやタブレットとは異なり、うがいはウイルス、細菌、真菌を中和するだけでなく、粘膜表面からそれらを除去します。

スプレーは、薬を飲んだ粘液の部分だけを処理することができます。そして、液体の流動性は喉の完全な治療を提供します、溶液は扁桃腺の後ろの粘膜の届きにくい領域にさえ浸透します。

洗浄は治療だけでなく、風邪の予防にも非常に効果的です。

妊娠中の女性には、特に熱を伴う病気を許すべきではありません。しかし、彼らの免疫力は弱く、誰も病気から免疫力を持っていません。のどの痛みは風邪の最初の症状です。あなたが時間内にうがいをし始めたり、予防策をとったりすると、病気は消え、身体を直撃する時間がなくなります。さらに、塩やソーダですすぐことは、多くの薬とは異なり、効果的であるだけでなく、胎児にとっても安全であると考えられています。

ソーダと塩でうがいをするのは、のどの痛みがそうであるだけでなく、化膿性プラークにも効果的です。塩は化膿性プラグを柔らかくし、そしてソーダはそれらの滑らかな放出を刺激する。すすぎは、影響を受けた粘膜を癒し、ラクナの腫れや発赤を和らげます。

ソーダと塩は表面を消毒するだけでなく、再生特性もあります - それらは炎症後に粘液を癒します。

これらの多くの利点は、うがいが単なる効果的で安全な手順ではなく、非常に単純でもあることを示唆しています。結局のところ、そのような解決策のための原料はあらゆる家庭にあります!

ソーダと塩をうがいする方法

Загрузка...

これは、ソリューションを正しく準備して手順を実行するのに役立つ、いくつかのニュアンス、ヒント、およびコツです。

  1. 解決のために水、塩とソーダが必要になります。沸騰したお湯を飲むのが良いです、蛇口からの液体は様々な微生物を含んでいるかもしれません。炎症を起こした粘膜には、有害な微生物が入り込む可能性のある開放創があるため、安全で精製水を使用することをお勧めします。液体は暖かく快適でなければなりません - 約35-36度。お湯が多すぎると、粘膜に損傷を与え、火傷をする可能性があります。単純な塩の代わりに、海の塩を使用するのがより良いです - それに多くのミネラルと微量元素があります。
  2. 溶液中の塩とソーダの割合は同じでなければなりません - 液体のコップあたり小さじ1/2杯。いくつかは海水を作ります - ヨウ素はソーダと塩と一緒に組成物に加えられます。しかし、特に幼児や妊娠中の女性にとっては、かなり攻撃的になる可能性があります。さらに、粘液からのヨウ素はよく吸収され、それが体内のこの微量元素の過剰につながる可能性があります。うがい薬が大人の場合は、グラスに2〜3滴のヨウ素を加えることができます。のどを洗う前に、その中に塩の粒が残らないように十分に水をかき混ぜます。さもなければ、それらは粘膜の開いた傷に入り込んで、多くの不快感をもたらすかもしれません。
  3. 流し台、浴槽または洗面器の前に立って、あなたの口の中に少し暖かい解決策を取ります。頭を投げてうがいを始めます。それを吐き出す前に少なくとも20秒間喉の空洞に水を保管してください。いかなる場合も、溶液を中に入れないでください。そうしないと、炎症が気管や他の下気道器官に及ぶ可能性があります。
  4. あなたの時間をかけなさい - うがいは大騒ぎを容認しない。この手順をゆっくりと測定しながら行い、喉腔内の液体をできるだけ長く保つと、回復がはるかに早くなります。喉の痛み、風邪、扁桃炎を素早く取り除きたい場合は、1時間ごとにうがいをする必要があり、1日以内に病気は後退し始めます。
  5. 細菌の発生と繁殖のための「食物」を残さないように、病気にうがいをすることも各食事の後にあるべきです。そしてすすいだ後、あなたは約20分間食べたり飲んだりするのをやめる必要があります。なぜならこの時点で薬は効き続けるからです。
  6. より大きな効果を得るために溶液の濃度を上げることによって大きな間違いをする人もいます。あなたが一杯以上のソーダと塩をコップ1杯の水に加えるならば、それは粘膜を燃やすことができます。

これらは、ソーダと塩の溶液で喉の痛みを洗うときに従うべき基本的な規則です。しかし、他にどのようにあなたは飲み込むときくすぐりとのどの痛みを取り除くことができますか?

他に何がうがいできるか

塩とソーダは、喉の空洞内のさまざまな微生物の繁殖を完全に抑制します。さらに、あらゆる家庭に食材があります。しかし時々専門家はうがいのために交互の構成を推薦します、その結果手順の効果は最大でした。ソーダ食塩水に加えて、クロロフィルプ、フラシリン、過酸化水素、ミラミスチン、クロルヘキシジン、ラゴールなど、さまざまな防腐剤でうがいをすることができます。確かに、これらのツールのいくつかはあなたが家に持っている。カモミール、セージ、カレンデュラ、プロポリス注入 - 薬草の煎じ薬を使用することも効果的です。よくすすぐためにも過マンガン酸カリウム、酢、西洋ワサビ、レモン汁の溶液を使用してください。

のどの痛みとの戦いでは、炎症がまだ症状であることを理解する必要があります。そして主な闘争は主な診断 - ARVIまたは扁桃炎 - に向けられるべきです。細菌性の病気のため、抗生物質で治療する必要があります。それらがなければ、のどの化膿性プラークに対処することはほとんど不可能です。あなたはまた、少なくともしばらくの間、耐え難い喉の痛みを和らげるのを助けるだろう麻酔薬でピルとスプレーを使う必要があります。病気の進行を開始しないでください、そして喉の激しい痛みはあなたを邪魔しません。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...