ミルク - 体の健康に対する恩恵と害

すべての親は、子供たちに防御力を高め、気分を良くするために牛乳を飲むように勧めます。このおかげで誰もが製品に精通しています。子供が最初に試みることが母親の乳汁であることも不思議ではありません。今日は、飲み物の利点と危険性についてお話します。

ミルク組成

牛の下からの製品は、50以上の数のマクロおよび微量栄養素が豊富です。硫黄、塩素、マグネシウム、リン、鉄、カリウム、銅が最も価値があると考えられています。

カルシウムも重要な要素です。骨粗鬆症や体内のこのミネラル化合物の欠乏症を患っている人には必要です。カルシウムは骨組織、歯とエナメル質、爪を強化します。

飲み物の組成はたくさんのビタミンです。ビタミンPP、レチノール、アスコルビン酸、トコフェロール、ピリドキシン、チアミン、リボフラビン、ビタミンD 12、ビタミンNをハイライトします。

アミノ酸のうち、メチオニン、リジン、トリプトファンなどを放出する。すべてのアミノ酸が独立して生産できるわけではないので、それらのすべてに食物を摂取しなければなりません。

カロリー牛乳 - 52 Kcal。、ヤギ - 67 Kcal。これらの指標は、脂肪含有量が2〜2.5%の飲み物に特有のものです。この指標が高いほど、エネルギー値は強く上昇します。

消化管のための牛乳の利点

  1. 胃腸管の疾患を持つ患者は、乳製品を嫌うために乳製品の摂取を拒否することがよくあります。しかし、そのような動きは非常に間違っています。
  2. 牛乳は胃の粘膜を覆い、内臓を潰瘍から守っています。この背景に対して、胃炎、潰瘍および他の同様の病気の予防。
  3. 大人は酸味を調整し、辛い食べ物やジャンクフードを食べながら痛みを伴うけいれんを和らげるために牛乳を飲む必要があります。
  4. 牛乳はよく消化され、消化不良につながらなかったために、それは小さな一口で摂取されなければならない。同時に製品は室温でなければなりません。冷蔵庫から取り出した後、飲み物をしばらく放置します。
  5. 牛乳にはビタミンB群がたくさんあります。これには、葉酸、パントテン酸、ニコチン酸、ピリドキシン、リボフラビン、チアミンなどが含まれます。それらのすべてがエネルギー、脂肪、炭水化物代謝に参加しています。これのおかげで、新陳代謝は正常化され、食物は腸で発酵するのをやめます。
  6. 低脂肪の天然乳は、コレステロールを取り除き、代謝を速め、そして体重を減らすのに使われます。食事に飲み物を含めると、食道の働きを調整して体重を大幅に減らすことができます。

神経系に対する牛乳の利点

  1. 牛乳は人の心理的な環境を正常化します。このような背景に対して、不安、過敏性、不眠症、その他のこの種の病気は取り除かれています。
  2. この飲み物は鎮静作用があります。否定的な反応をしばしば経験する男性と女性のために牛乳を飲むことは有用です。
  3. 製品は人間の睡眠を正常化させる多くのアミノ酸を含んでいます。これを行うには、アラームが消えるので、夜は暖かい牛乳と蜂蜜を消費するだけで十分です。また、そのような動きは悪夢を取り除くでしょう。
  4. 多くの場合、牛乳を飲むと頭痛や強い偏頭痛、栄養血管ジストニア、高血圧が治療されます。同様に、牛乳は蜂蜜と組み合わせて暖かく消費されます。

免疫のための牛乳の利点

  1. 新鮮な牛乳はウイルス感染と一緒に飲むことをお勧めしません、そうでなければ体は有害な微生物叢を開発します。低温殺菌または溶融製品を好む。
  2. この飲み物は、季節性の寒さの間の免疫システムを強化するだけでなく、ビタミン欠乏症でのビタミン欠乏症を補うでしょう。子供たちは半分のガラスのミルクを与えることを勧められます、大人は3倍まで量を増やすことが許されます。
  3. 研究は運動選手がより少なく頻繁に病気になることを示した。事実は彼らが牛乳を消費し、それによって免疫グロブリンの産生を促進するということです。この化合物はウイルス感染を抑制します。

骨と心臓に対するミルクの利点と害

  1. 製品の主な特性は、それがカルシウムや他の有用な物質をたくさん含んでいるという事実にあります。科学者達はカルシウムが骨、歯、ネイルプレートの構造を改善することを発見しました。また、この物質は血圧を下げます。
  2. しかし、40歳の年齢制限を超えた人々は牛乳を大量に摂取することができません。カルシウムが体内に蓄積すると、それは血液チャンネルの閉塞を引き起こします。これらすべてが骨粗鬆症、アテローム性動脈硬化症の発症に寄与しています。
  3. 飲み物の組成はカゼインがたくさん。これはタンパク質化合物の一種です。カゼインは血管と心筋を傷つけます。カリウムの蓄積にもかかわらず、全体の人間の循環器系は非常に苦しむことができます。
  4. 健康的な栄養の分野の専門家は40歳未満の人々のために1日1.5〜2カップの量のミルクを消費することを勧めます。このしきい値を超えると、1日1カップに減ります。

妊娠中の女性のための牛乳の利点

  1. 妊娠中の母親が出産時に十分なカルシウムを持っていない場合、彼女はすぐに歯の崩壊、もろい爪、骨組織の消耗に直面するでしょう。牛乳はカルシウムのバランスを満たし、上記の問題をすべて防ぎます。
  2. また、飲み物は食物由来の他の栄養素の吸収を促進します。入ってくる乳糖は、糖質を脂肪ではなくエネルギーに変える炭水化物バランスを担っています。
  3. 牛乳は胎児に良い効果をもたらします。形成された骨格、神経系、子供の心筋。その組成物中に存在する鉄は、母親および乳児において貧血の深刻な予防を行う。
  4. 妊娠中の女性は、妊娠初期に毒素血症を経験することがよくあります。牛乳は胆汁の流れを良くし、吐き気を和らげます。
  5. 製品は下剤効果があります。このような背景に対して、消化管が一掃され、古い停滞が排泄され、そして便秘が解消されます。
  6. 軽い利尿作用が余分な水分を取り除き、四肢や全身の浮腫と闘います。また、内臓は有害物質である放射性核種を除去されています。
  7. 妊娠中に、胸焼けが驚いて撮影された場合、それは室温でミルクの半分ガラスを飲むのに十分です。多くの場合、同様の病気が子供を抱えている後半に現れます。

男性のための牛乳の害

  1. 畜産物を過剰に摂取すると癌細胞が発生することを知っておく価値があります。英国の科学者は、牛乳が前立腺癌の発症に寄与していることを発見しました。
  2. 問題は、飲み物がインスリン様因子の活発な成長を引き起こす特別な物質で過飽和であるということです。したがって、癌細胞が発生するリスクは数倍になります。この現象はより多くの赤身の肉を食べることによって抑制することができます。

女性のための牛乳の害

Загрузка...
  1. 私たちがすべて同じ研究を検討するならば、彼らはしばしば製品を消費する女性が卵巣癌と乳癌の形成に最も敏感であると発表しました。
  2. この現象はガラクトースの高い含有量によって引き起こされます - それはラクトースの分解のための酵素です。体は物質を完全に処理することができません。したがって、ガラクトースは有毒な化合物の形で蓄積します。
  3. これらの要因の間には直接の関係はありません。その理由は、免疫力の低下につながる可能性があります。過飽和脂肪による子宮癌の発症も可能です。しかし、現代医学は牛乳が乳がんから保護すると主張しています。

子供のための牛乳の害

Загрузка...
  1. 牛乳が子供の食事療法の有用な製品に属して以来ずっと。残念ながら、現代の研究は反対の効果を示しています。牛乳を摂取すると、体に水分が不足します。したがって、糖尿病やアレルギー反応を発症するリスクがあります。
  2. 念頭に置いて、2歳未満の子供に動物のミルクを与えることはお勧めできません。また、就寝前の飲み物の使用にも疑問がありました。カゼインのおかげで心を落ち着かせる効果が得られます。しかし、酵素が分解されると、有害なアヘン剤が体内に形成されます。チーズにも物質が大量に存在します。

減量しながらミルクの害

Загрузка...

  1. 多くの栄養学者は、余分な体重に別れを告げたい人々の毎日の食事にミルクを含めることを勧めます。この組成物は空腹感に対処し、体をカルシウムで飽和させ、そして脂肪の蓄積を防ぐ。
  2. 牛乳の組成中のリノール酸は、この図に役立ちます。現時点で得られたデータに基づいて、いくつかの特別な食事療法があります。飲み物から最大の結果を得るために、あなたはターメリックとシナモンの形でスパイスを加えることができます。
  3. 牛乳をバナナと組み合わせて筋肉を作るために男性が飲むことが最も多いことを忘れないでください。女性にとって、そのようなカクテルは体重増加に貢献します。また、飲み物は血糖値の急激な上昇を引き起こします、これはしばしば肥満につながります。

授乳中および妊娠中の牛乳の害

  1. 公式のデータを遵守する場合は、毎日最大1リットルの牛乳を摂取する必要があります。この場合、その位置にいる少女は、一日のカルシウム量を補給することができます。今日までのより詳細な研究は、製品の過剰摂取が体内で粘液を形成することを明らかにしました。
  2. それ故、専門家は、牛乳愛好家は子供を気管支炎、副鼻腔炎、扁桃炎、関節や腎臓の病気にさらすかもしれないと結論を下しました。蓄積された粘液は年齢に関係なく有害です。多くの場合、そのようなクラスターは肺炎の形成につながります。
  3. 対照的に、伝統医学では、牛乳の助けを借りて肺の粘液を取り除くことができると主張しています。妊娠前に牛乳を飲んだ女性の中には、まれに製品に不耐性であるように見える人もいます。動物性牛乳が授乳を増加させると信じるのは間違っています。
  4. ペア製品の消費は、授乳中の牛乳の品質の低下につながります。プロセスはエストロゲンの存在によるものです。これに恐ろしいことは何もありません;動物が搾乳されたあとしばらくすると物質は破壊されます。覚えておいて、牛乳は最もアレルギー製品の一つです。
  5. 牛乳を飲むときは注意して、毎日の割合に従ってください。逸脱した場合は、赤ちゃんがいます。すぐに動物用組成物の服用を中止します。したがって、毎日のカルシウム摂取量を補充するために、他の食品に注意を払います。アーモンド、ゴマ、カリフラワーをもっと食べる。

カルシウムの蓄積により、牛乳は体にとって有益です。神経系、消化、心筋、免疫に有益性が認められます。それは妊娠中の女の子に製品を適度に消費することが必要です。しかし、何らかの操作をする前に、悪影響を受けないように害を調べてください。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...