妊娠中の大根 - 恩恵と害

医師は妊娠中の母親に、食事にもっと庭の季節の野菜を含めるように勧めます。それらは穏やかな利尿と下剤の特性を持っていて、代謝産物と毒素の体を清潔にして、エネルギーとミネラルで細胞を飽和させます。春と夏には、妊娠中の女性は大根を楽しむことができます - ビタミンと食欲をそそる製品です。

もちろん、根の鋭い味と抽出物の高い含有量は胸焼けや消化器系の問題を引き起こす可能性があります。したがって、妊娠中の大根の取り扱いのルール、および受信に関する制限事項について理解しておくことが重要です。

化学組成

だから、赤根野菜は、次の便利な成分が含まれています。

  • 植物繊維
  • 酵素(例えばアミラーゼ)。
  • 植物性糖
  • マスタードエッセンシャルオイル。
  • リゾチーム
  • フィトンチッド
  • B群のビタミン(ナイアシンと葉酸を含む)、アスコルビン酸、ビタミンK。
  • マクロ元素およびミクロ元素(カルシウム、マグネシウム、カリウム、銅、鉄、ナトリウム、亜鉛、リン、マンガン)。

また、野菜にはたんぱく質が含まれています - 1グラムを少し超える、脂肪 - 0.1グラム、炭水化物 - 3.4 g。大根は主に水で構成されているため、カロリーは100 gあたり14から19 kcalです。すなわち、野菜は安全に食物に取り込まれることができて、妊娠中に余分なポンドを稼ぐのを恐れないでください。

妊娠中の大根の利点

Загрузка...

まず第一に、将来の母親の体には、赤ちゃんの体内システムの形成と発達、そして女性自身の健康の維持に関わるさまざまなビタミンが必要です。

大根中のカルシウムは、子供の骨格系を構築し強化する責任があります。それは、(歯を含む)骨組織の強度、ならびに胚の筋肉の発達をもたらす。

ビタミンB9または有名な葉酸は、妊娠初期に胎児奇形の予防をもたらします。それはまた、赤ちゃんの神経系の形成にも影響を及ぼします。

ビタミンCは、全身および局所の免疫に関与しており、さまざまな病気やアレルゲンに抵抗することを可能にします。アスコルビン酸はまた、血液形成の過程に関与し、血管壁を強化し、鉄の微量元素を確実に吸収し、細胞の酸化を防ぎます。根菜類の全体の束はビタミンCのための妊婦の毎日の必要性を提供するのに十分です。

ビタミンKは止血に関与しています(血液凝固過程)。彼のおかげで、出生時に重度の失血を回避することが可能です。

植物繊維またはセルロースは腸の運動性に有益な効果をもたらし、通常の消化と通常の便を提供します。妊娠中の女性は最後の学期の慢性便秘を克服するために大根を使用することがよくあります。繊維はまた、体から「悪い」コレステロールを結合して取り除き、乳房の血管を浄化して心臓の働きを促進します。

大根の酵素は炭水化物を消化することを可能にします。将来の母親はしばしば甘いものに寄りかかることが知られているので、大根は皿がすぐに消化し、余分なポンドの形で側面に堆積するのを助けます。

女性が真性糖尿病の既往歴がある、または妊娠妊娠を発症している場合、大根は血漿グルコースレベルを正常レベルに下げるのに役立ちます。

既知の根とその抗微生物特性リゾチームは病原体や感染症を殺し、組成物中のフィトンチッドは天然の抗生物質です。ビタミンCと組み合わせることで、これらの成分は、風邪、ウイルス性、細菌性、感染性の病気に対する免疫力を体にもたらします。また、大根は胃腸管の虫や他の寄生虫と戦うことができます。

マスタードエステルは防腐剤であり、それによって組織の問題のない治癒を提供する。

大根はまた、妊娠中の女性のための他の有益な特性を持っています。

  1. それは体から余分な水分を取り除き、それによって後期の腫れの特徴を減らします。
  2. 血管を強化し、血栓症の増加を防ぎます。
  3. 心筋を強化し、胎盤循環のための正常な血液ポンプを可能にします。
  4. 新陳代謝を調整します。それは食物から最大のエネルギーと有益な成分を確実にします。
  5. それは中毒の症状を緩和します:吐き気と嘔吐を減らし、食欲と消化を改善します。
  6. 頭痛や偏頭痛を軽減します。
  7. 局所治療薬としての腰痛に使用されます。

申し込み方法

通常、大根はサラダやおかずで生食されます。新鮮な根汁が他の野菜(トマト、ビーツ、ニンジン)の新鮮な野菜と低濃度で混合されていることがあります。知っている人はほとんどいませんが、食べ物は根そのものだけでなく、大根の上にも使うことができます。

頭痛、片頭痛、過敏性、神経質、不眠症の場合は、大根の局所塗布が推奨されます。例えば、フルーツジュースは寺院、額、鼻の部分をこすります。彼らは救済が10分以内に来ると言います。

慢性便秘はトップスの煎じ薬を扱います。新鮮な大根(大さじ1杯)を取り、250mlの沸騰したお湯を注いでフラスコに送って1時間注入する。スープは1日3回、おやつの後30分で2杯のテーブルスプーンで消費されます。

妊娠中の肌や髪の状態を改善するために、特別な栄養マスクが用意されています。植物油をと​​る(できればオリーブや亜麻仁) - 小さじ1杯のデンプンと合わせて3杯の大さじ。細かいおろし金ですりつぶした2〜3個の大根を混合物に加え、その後すべてを完全に混ぜ合わせる。マスクは10分間きれいな肌に適用する必要があります。健康で強い髪の場合は、製品を頭の上にフィルムと温かいタオルの下で40分間保持してから、シャンプーで十分にすすいでください。

妊娠中に有害な大根は何ですか

生野菜は、将来の母親の体に害を及ぼす可能性がある多くの抽出成分と有機酸を含んでいます。

レセプションでは、次の点に留意してください。

  1. 根菜類は土壌から直接抽出され、病原性の微生物叢(トキソプラズマ症、サルモネラ菌、大腸菌)、微量の硝酸塩、化学物質を含んでいる可能性があります。使用前に、野菜は沸騰しているお湯を徹底的に注ぎ、優しく最上層を洗い流すことをお勧めします。それ以上の使用の前にトップスも沸騰させるべきです。
  2. 大根は胃や腸で発酵を起こし、ガスの発生を増加させる可能性があります。夜間だけでなく晩期にも野菜を乱用することはお勧めできません。禁忌は妊娠している鼓腸です。あなたが煮込んだか焼いた形で大根を食べるならば、状態を軽減することは可能です。
  3. 根には非常に強いアレルゲンである抽出物、エステルおよびビタミンCが含まれています。医者は1日当たりビーム以上の量の大根を食べることをお勧めしません。
  4. 急性大根は、胃や腸の繊細な粘膜に悪影響を及ぼし、既存の微小病変を悪化させる可能性があります。だからこそ、野菜は潰瘍や胃炎、腸炎の悪化の間は厳密に使われるべきではありません。
  5. また、大根のひどさは、腎臓に負荷をかけるかなりの水分摂取を引き起こします。腎盂腎炎は妊娠中、特に最後の学期によく起こります。

妊娠中の女性のための大根は害以上のことをします。この安価で手頃な価格の野菜は子供の健康的な発達のために重要であるいくつかの成分で体に栄養を与えます。彼はまた免疫システムと将来の母親の消化をサポートしています。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...