妊娠中のビール - 利点と害

妊娠中は、嗅覚だけでなく、将来の母親の嗜好も好みます。多くの場合、ビールなどのアルコール飲料を飲みたいという圧倒的で不可解な願望があるかもしれません。

アルコール妊娠中の女性のカテゴリー別の使用についての医師の意見 - いいえ、またしてもいいえ。その組成が本当に怖いノンアルコールビールでさえ飲むことは勧められません。

しかし、将来の母親にとっていくつかの譲歩が可能かどうか?そして、コップ一杯の泡立てた飲み物から何か利益があるでしょうか?

ビールの化学組成

発酵飲料は興味深い構成を持っています。

  • 発酵中に形成されるエチルアルコール - 3-12%;
  • 水 - 飲み物の最大93%。
  • 麦芽
  • 酵母;
  • 糖類(多糖類、甘味料に代表される)。
  • 炭水化物(ペクチンおよびデキストリンを含む)。
  • 窒素含有成分(アミノ酸およびポリペプチド)。
  • 有機酸(グルコン酸、クエン酸、リンゴ酸、シュウ酸、酢酸など)。
  • 少量のグループB、PP、Cなどのビタミン。
  • ミネラル(カリウム、マグネシウム、コバルト、鉄、亜鉛、リン、銅など)
  • フェノール類およびポリフェノール類。
  • ホップエキス
  • 二酸化炭素
  • 植物性エストロゲン(植物由来のホルモン)
  • フレーバーエンハンサー。
  • 着色剤
  • 泡安定剤。
  • フレーバー
  • 増粘剤。
  • 発酵副産物(エーテル、メタノール、フーゼル油、カダベリン、アルデヒド)。

お分かりのように、構成の半分はすべての人にとって有用であり、反対に、反対に内部システムに重大な害をもたらします。マイナスの影響を減らすには、通常数日間保管されているライブビールを選ぶことで可能です。それは風味増強剤、着色剤、増粘剤および他の有害物質を含みません。

残念なことに、今日ではほとんどの工場が合成原料から粉末ビールを生産しているので、それは体にほとんど利益をもたらしません、しかし副作用と害は何度も成長します。

泡沫状飲料のカロリー量は100ml当たり約37kcalである。

妊娠中のビールの利点

健康的な食事のカテゴリーでアルコール飲料を考えることは完全に論理的ではありません、しかし、医者と食事療法はビールを飲むことからいくつかの有用なポイントを識別しました。

  1. カリウムの含有量が高くナトリウムの投与量が少ないと、高血圧や高血圧状態(子癇前症や子癇を含む)では文字通り飲み物が治癒します。
  2. 生の生ビールのグラスには、新鮮な柑橘類のグラスと同じだけの有益な要素とビタミンが含まれています。
  3. 泡立った飲み物は、葉酸とニコチン酸、チアミン、リボフラビンなどを含むグループBのビタミンが豊富です。特に、それらが容易に消化可能な形であるので、半リットルボトルはこれらのビタミンのために体の毎日の必要量の30%を提供することが知られています。
  4. ビールにはビタミンCが含まれています - 1日の必要量の35%。アスコルビン酸は免疫をサポートし、風邪やウイルス性疾患に対する耐性を高めます。
  5. 有機酸は尿の産生を刺激し、それによって腎臓や膀胱での結石の形成を防ぎます。利尿効果は毒素や毒素、放射性核種、塩、フリーラジカル、コレステロールの体を浄化するのに役立ちます。また、余分な水分を取り除き、それによって組織の腫れを軽減します。
  6. フェノールとポリフェノールは妊婦の止血に有益な効果をもたらします(血液凝固システム)。それらは血栓症の増加および静脈瘤、血栓性静脈炎、血栓塞栓症、血栓症、卒中および心臓発作のような疾患の発症を予防する。また、フェノール化合物は脂質代謝を調節します。
  7. 二酸化炭素は胃液の生産に肯定的な効果をもたらし、消化力を刺激します。また、組織、筋肉、内臓への血流を正常化します。
  8. ホップエキスは神経系を落ち着かせ、過敏性と不安を和らげ、無関心とうつ病の兆候を減らします。夜にはグラス1杯のライブビールで筋肉をリラックスさせ、けいれんや頭痛を解消し、急な眠りと深い眠りをお約束します。
  9. ビタミンやミネラルの濃度は肌、髪の毛、爪の状態に良い影響を与えます。ビールを飲むことがストレッチマークの可能性を減らすと考えられています。
  10. 泡立った飲み物の中の鉄は赤血球とヘモグロビンの生産を提供し、細胞と組織の酸素代謝に良い影響を与えます。また、ビールを飲むと貧血が予防されます。

ビールを飲むことの副作用

残念なことに、組成物中の有用な成分のほとんどは、熱処理および保存後にそれらの特性を失う。保存期間3ヶ月の瓶詰めビールは、将来の母親と子供の健康に非常に有害です。

医者は妊娠1と2学期で泡の使用は胎児の奇形と奇形(頭蓋顔面の欠陥、筋骨格系の異常、認知症、脳性麻痺など)をもたらすことを証明しました。

  1. ビールにはアルコールが含まれています。アルコールは全身、特に脳神経細胞に有害です。アルコールは胎盤に浸透することができます!
  2. 子宮内発育遅延、流産の見逃し、胎盤の流産、流産、早産などのリスクが高くなります
  3. 正常なガス交換を妨げ、胎児低酸素症(酸素欠乏)および胎盤機能不全を引き起こす。
  4. ビールを頻繁に消費すると、妊娠中期に母親と子供が離脱症候群を発症する可能性があります。妊娠中の女性では、これは振戦、アルコールの必要性(強いを含む)、肌色などで現れます。胎児性アルコール症候群は実質的に治癒できず、欠陥のある未熟児および不均衡児の誕生をもたらします。
  5. 利尿作用が強いと、栄養素、特にタンパク質、つまり子供の内臓系の「建材」が体から洗い流されます。
  6. 発酵生成物はすべて腎臓、肝臓、その他の内臓を侵します。カダベリンは死体毒の類似物であり、したがって非常に有毒です。
  7. 安定剤 - コバルトを使用した緻密で安定したビールフォーム用。このミネラルのかなりの量は心臓を含む血管の壁の圧縮をもたらします。泡沫の乱用は「ナイロンストッキング」症候群をもたらし、その結果として心臓は血液を弱く蒸留し、そして血液循環の追加の妊娠期間に対処することができない。
  8. 抽出物、風味増強剤、甘味料および着色料は最も強いアレルゲンです。飲酒ママはしばしばアトピー性皮膚炎と重度の食物アレルギーに苦しんでいます。
  9. ホップコーンは、植物性エストロゲン(女性の性ホルモンのアナログ)を含みます。彼らの過剰はホルモンの背景に違反しています。それは妊娠の病理学につながることができて、さらには終結の脅威を引き起こすことができます。

もちろん、これらの深刻な結果はすべて、体系的な虐待の場合にのみ起こり得ます。珍しい一杯のビールは無害で、将来の母親の泡立てた飲み物の需要を満たすのに役立ちます。しかし、缶詰や瓶詰めのオプションを避けて、淹れたてのビールだけを選ぶ必要があります。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...