出産後にタンポンを使用できますか?

赤ちゃんの誕生後のすべての女性は特別な注意を払って親密な衛生状態を観察する義務があります。これらの活動は、妊娠前に尊重されていた措置とは大きく異なります。出産した女性の体は弱っているので、感染の危険性が高いです。同時に、生殖管からの排泄物の激しい排泄は常に陣痛の完了後に行われます。若い母親はあらゆる既知の衛生的手段の中から選択することを強制されます。

この点で、衛生的なタンポンは興味深いものです。しかし、これは産後期間におけるそのような資金の使用の安全性の問題を提起する。私たちはこの繊細な問題のすべてのニュアンスを理解しようとします。

タンポンが許可されている場合

発明の女性は長い間彼らの生活にいくらかの慰めをもたらすことを試みました。重要な日に、彼らは様々なトリックに頼りました:彼らはパピルス、動物の毛髪と他の補助材料の裏地を作りました。現代のタンポンは、前世紀の半ばに発売されました。最初の製品にはたくさんの欠陥がありました。しかし、すべて同じで、そのような手段は女の子と女性の生活を大いに促進しました。彼らのおかげで、彼らは人生の危機的な時期でさえも活動的になることができました。

タンポンは生殖器の炎症過程の進行に寄与するので危険であるという意見があります。もちろん、感染の危険がありますが、これらの便利な製品を正しく使用すれば、それらは絶対に安全です。どんな種類の配達もすることができない後すぐにそれらを適用してください。専門家たちは、体は以前の機能を回復させるべきだと信じており、これは赤ちゃんが現れてから約1.5〜2ヶ月後に起こるでしょう。これは自然出産の場合です。帝王切開が行われた場合、この期間は数週間延長されます。

言い換えれば、それぞれの状況でこの問題は個別に決定されるべきです。最も合理的な解決策は、産褥期に安全に使用できる最高の衛生製品について婦人科医に相談することです。

出産後のリスク

赤ちゃんが生まれてから最初の数日間は、若い母親はタンポンの使用を固く禁じられています。事実は、特に最初の数日間で、医師は失血を評価する必要があるということです。綿棒でそのような観察をすることは不可能です。さらに、出産後、子宮頸管はしばらくの間開いたままです。したがって、誤って配置されたタンポンが子宮腔に落ちる危険性があり、これは深刻な合併症をはらんでいる。

そして、製品の3番目の悪い品質は、出産した女性が大量の失血をしているという事実にあります、そして、タンポンは液体を吸収するので、それは微生物にとって魅力的になります。この場合、頻繁に製品を交換しても感染を防ぐことはできません。したがって、タンポンは出生後に初めて推奨されていません。しかし、数週間後にしばらくの間タンポンを挿入しようとすることができます。確かに、この時期の彼らの継続的な使用は受け入れられません。

タンポンが禁忌のとき

どんなに効果的なタンポンが現れても、場合によっては女性によるそれらの使用は配達後の最初の42日に許可されていません。この制限のリストには、以下の状態が含まれます。

  1. 女性が帝王切開をしていたら。タンポンは子宮からの分泌物(ロキア)の流出を悪化させ、感染過程の進行を引き起こす可能性があります。
  2. 複雑な配達の後、そのような衛生製品はまた放棄されなければならないでしょう。
  3. 分娩中に頸部または膣の破裂が生じた場合、または会陰切開が行われた場合。
  4. 肺炎、結膜炎、その他の感染症の兆候がある子供の場合はタンポンを使用しないでください。先天性感染症は常に、何らかの炎症過程が母体の潜伏型で起こることを示しています。病理が女性器に限局している可能性があります。このような状況でタンポンを使用すると、状況が悪化するだけです。
  5. 妊娠の最後の学期の女性が大腸炎を検出した場合。
  6. 免疫不全状態が母親に検出された場合:先天性異常、HIVおよびその他の疾患。

このリストは他の重大な条件で補足されるかもしれません。いずれの場合も、出産後の衛生製品の使用などの問題を解決できるのは医師だけです。時々制限はステッチか労働の他の合併症が原因であるかもしれません。

神話を払拭する

タンポンは長い間女性によって使用されてきましたが、多くの否定的な神話がそれらについて積み重なっています。それらを破壊しようとしましょう。

神話番号1。 製品は停滞を引き起こす可能性があるので、毎日使用することはできません。あなたが定期的に製品を変更するのであれば、それはそれらの継続的な使用が可能です。

神話番号2。 夜は、タンポンを入れることができません。確かに、この規則には合理的な穀物があります。夜間に定期的に製品を交換することは不可能であるため、代替衛生製品を使用することをお勧めします。

神話番号3。 タンポンは漏れに対する完全な保護を保証することはできません。そのような要件を満たす衛生的な手段はありません。

神話番号4。 タンポンの使用はガスケットと交換する必要があります。もちろん、このオプションは、若い母親の健康へのリスクが最小限であるため、出産後に合理的で完全に適用可能と見なすことができます。

タンポンの使い方

Загрузка...

タンポンを使えるようにすることは、出産後だけでなく、日常生活においても必要です。製品の正しい使用のみがその絶対的な安全性を保証することができます。産後期間中に従うべきいくつかの簡単な衛生規則があります:

  1. 少なくとも2-3時間後に衛生用品を交換してください。
  2. この期間中の女性は、天然素材の下着を着用する必要があります。
  3. 下着の交換は毎日行う必要があります、そしてブラは4日後に変更することができます。
  4. ベッドリネンは週に一度交換する必要があります。
  5. 生殖器は、ベビーソープを使って2〜3時間ごとに温水で洗う必要があります。
  6. 縫い目が股部分に適用されるときは、シャワーの下で洗うことをお勧めします。
  7. 水衛生の手順の後は拭かないでください、そして柔らかいタオルの性器で拭いてください。
  8. 手を触れないことは医者の許可がある場合にのみ推奨されます。
  9. 洗浄後、会陰を消毒剤組成物(過マンガン酸カリウムの弱い溶液)で処理する必要がある。
  10. 痔がある場合は、トイレットペーパーの使用を放棄する必要があります、そして排便の各行為の後、暖かい水で性器を洗う。

タンポンの使用とこれらの基本的な衛生要件を組み合わせることで、各女性は出生後に自分自身に非常に快適な生活環境を提供します。

タンポンは非常に便利な衛生的な手段です。それが出産後に適切に使用されれば、あなたは若い女性の生活の質を著しく向上させることができます。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...