妊娠中のチョークベリー - 利点と害

妊娠中には、基本的な栄養に加えて、医師は食事中にいくつかの植物を含めるように勧めます。これらの植物は人体に有用な多くの物質を含み、そして癒しの効果があります。医学の進歩にもかかわらず、民間療法はまた人々が健康を維持するのを助けます。

チョークベリー、またはチョークベリーはビタミンP、EおよびC、レセルピノポドブニミ物質のおかげで非常に有用です。観賞用植物として北米から持ってきました。それから有名な科学者I. Michurinがそれに注意を払わなかった間、アロニアは小さな目立たない低木でした。繁殖の結果、木が現れ、それは霜に強く、そして9月の終わりに熟した特別な甘酸っぱいとタルト味の黒い小さな果実は非常に有用であることがわかった。

その名前がギリシャ語の「ヘルパー」から来ているアロニアは、妊娠中の女性にとって非常に象徴的です。なぜなら、それは彼らと発展途上の小さな有機体の両方に非常に有益な利益をもたらすからです。

将来の母親のためのアシスタント:チョークベリーの使用

  1. 妊娠中、女性は胎児の適切な発達のために、そしてとりわけ何よりも高い割合の栄養素を必要とします。そしてこれのためにあなたはビタミンBとアスコルビン酸の参加が必要です。チョークベリーは、発達中の有機体に適切な量でそれらを含み、神経系の乱れやさまざまな先天的欠陥を防ぎます。そして女性にとって、特に彼女が重度の中毒症を経験しているならば、アロニアはこの不快な過程をかなり減らすでしょう。
  2. チョークベリーを調べて、科学者はそれに天然の抗酸化物質を見つけました。だから、食事にこれらの黒い果実を含めることによって、あなたは細胞レベルで体を救うことができます。細胞増殖とその働きは保護されます。さらに、抗酸化物質はDNA構造の損傷を修復すると同時に細胞の保護能力を高めるというユニークな能力を持っています。
  3. カロチノイドの存在は、アスコルビン酸と一緒になって、子供を抱えている女性の免疫系の保護特性を高め、それゆえ、感染症およびウイルスは、ほとんどの場合、体に侵入することができない。
  4. チョークベリーに含まれる多くの有用な成分、すなわち、マンガンとフッ素、鉄とモリブデン、ホウ素と銅は、妊娠中にマルチビタミン製剤を置き換えます。これは、医薬品を使用した後にアレルギー反応を経験する可能性がある女性にとって特に重要です。

使用に関する推奨事項

しかし、妊娠中の女性のアレルギーは、体が早期に否定的な結果なしに知覚した製品に予期せずに発生する可能性があります。そしてこの期間中、低アレルギー製品を選ぶことは非常に困難です。いくつかのケースでは問題のある特定の食事を選択してください。あなたの医者に相談した後、そして彼の監督の下で、それは週に3回、メニューに新鮮なチョークベリーの果実を含めることは許容されます。それから体はすべての重要なビタミンおよび必要な要素の必要な線量を受け取ります。

ブラックチョークベリーは、食用として人間が使用する多くの植物を選択したさまざまな害虫に対して使用される化学物質による処理を必要としないという事実のため、ベリーを食べた後に悪影響はありません。この点で木は非常に安定しているため、農薬による処理は必要ありません。この事実はチョークベリーの有益な特性を大いに高め、そして多くの主婦は積極的にこれらの果実の冬期間のジャムとコンポートの準備をしています。

果実の黒い癒しの殻の秘密

この種の山の灰が黒実と呼ばれたのも不思議ではありません。濃い色の果実はアントシアニンを着色しなければなりません。それに、激しい黒い色はそのおいしさを得ます。アントシアニンは体内で自分自身で生産することはできませんが、彼らはそれに存在している必要があり、そして一日の量は約200 mgです。そして、これらの物質はあまりにも早く排泄されるので、それらは再び食事に含まれるべきです。

特に妊娠中に、なぜこれらの物質がそんなに必要なのでしょうか。それは彼らが持っていることが判明:

  1. 殺菌効果多くの種類の細菌に対する有害な影響。彼らはこれを発見しました、それが飲み物が長い間新鮮さを保つのを助けたのは赤ぶどうがワインに変わったことに注目して。
  2. 抗炎症作用アントシアニンには風邪の治療を目的とした治療法が含まれているからです。
  3. 毛細血管の壁を強化する有用な資質。
  4. 妊娠中の女性に多くの問題を引き起こす腫れを取り除く機能。
  5. 網膜にプラスの効果は、その血管を強化し、眼圧を回復し、網膜の組織に蓄積する能力を持っています。
  6. 細胞膜の損傷を防ぐ抗酸化作用

チョークベリーの便利な性質

Загрузка...

植物の果実には砂糖があり、それはたったの10パーセントです。基本的に、それはグルコースとフルクトース、すなわち最も簡単に体に吸収されるのはそれらの物質です。糖尿病を起こす傾向がある女性には、この組み合わせが最も適しています。ジュースを飲むか、またはブラックチョークベリージャムを食べることは、それと同時に、そのようなマルビジンやエピカテキンなどの果実などの物質に起因する血中の糖のレベルを調整することが可能です。それらはインスリン産生を活性化することができます。

妊娠中、ヘモグロビンレベルの違反は一般的な病理です。必要なレベルに達するために、医者は胎児にとって安全でない薬を処方することを強制されます。したがって、最初に化学薬品を天然のものと交換することを試みる価値があります。アロニアはその役割を果たすことができます。その組成には、貧血を発症させない銅と鉄があります。この場合、ベリーを砂糖でこするマッシュポテトを作ることが望ましい。

妊娠中の差し迫った問題は高血圧です。女性の身体は過度にストレスを受けており、いつでも圧力サージが起こる可能性があります。医療現場では、アロニアベリーはI度とII度の高血圧症の治療中にも使用されます。植物の影響は、食事の30分前の10日以内に医師と合意した一定の割合で食べると、血管壁が拡大し始め、血圧が下がることです。

果実は大量にタンニンとペクチンが含まれています。これはすべての蓄積された有毒および発がん性物質、重金属、果実が首尾よく除去されて、体を清潔にすることを意味します。

アロニアは、やがて炎症過程の可能性を抑えながら、腸の働きに影響を与えます。

禁忌

ブラックタルトの果実は、ほとんどの場合有益です。しかし、すべての妊婦がそれらをメニューに含めることができるわけではありません。

次のような場合は例外です。

  • 消化性潰瘍または胃酸過多炎を有する。
  • 血液凝固が高い。
  • 果実は「固定」能力を有するので、便秘に苦しむ。
  • 低血圧を示しました。
  • 頻繁な排尿を受けると、果実は利尿作用を持ちます。

妊娠中のメニューにチョークベリーを含める前に、必ず担当医に通知してください。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...