子供の鼻にアロエジュースを滴下することは可能ですか?

幼児は通常大人より風邪に苦しむ可能性がはるかに高いです。これは主に子供たちの保護システムはまだ形成の段階にあり、したがって、それは外的影響に耐えることができないという事実によるものです。通常、風邪には咳、のどの痛み、鼻、鼻水が含まれます。鼻の中の空気の閉塞は他の多くの不快な結果を引き起こす可能性があります。このため、ほとんどのお母さんやお父さんは、子供を本当の苦痛から救うために、できるだけ早く息切れをなくそうとします。

アロエの性質

アロエは代替医療の効果的な手段の一つです。この植物の2番目の名前はアガベです。アロエが長い間薬用に使用されてきたことは注目に値します。また、今日では美容にも使われています。今日までに、300種類以上のアロエがすでに発見されています。この植物の様々な種類は、高齢世代でも子供でも鼻づまりの治療にうまく使用されています。

アロエは独特の構成をしています。それは含まれています:

  • アミノ酸
  • ビタミン複合体
  • 樹脂。
  • 有用な酵素とミネラル

医学で使用される他の植物と比較してアガベの主な利点は - 必要な人体のビタミンB 12の成分中に存在することです。アロエジュースは、体内の炎症を取り除き、さまざまな傷や怪我を癒し、病原性微生物を取り除くことができるので、非常に有用です。さらに、アロエは、失われ損傷を受けた組織や細胞の再生を促進するだけでなく、有害物質の浄化にも役立ちます。

鼻腔が塞がれると、アガベは浮腫を取り除くのに効果的です。アロエが患者の血液に浸透すると、その成分が有害な微生物の活動の影響から血液を浄化します。このような曝露は免疫系が病理を克服し、できるだけ早くそれをするのを有意に助ける。アロエの働きによるプラスの効果は、気道を開放し鼻からの呼吸を回復させるだけでなく、病気の要因を取り除くことでもあります。

アガベは小児科治療に使用できますか?

アガベジュースを加えて医療処置を開始する前に、以下のデータを知る必要があります。

  1. 子供の寒天ジュースは大人よりも少ない頻度で使用されるかもしれません。
  2. 寒天ジュースは常に子供たちの混雑を取り除くのを助けることができるわけではありません。
  3. 小児科療法で使用することができるアガベを追加したレシピは、成人向けのレシピよりも大幅に少なくなります。
  4. アロエはアレルギー症状を引き起こしたり、粘膜やその上に潰瘍の外観を燃やすことができるので、子供のアガベジュースの添加による風邪の治療は、子供にとってやや危険です。
  5. 風邪の治療にアガベジュースを油と一緒に使用することは禁止されています。そのような状況での油は、粘膜上に形成される外皮を軟化させそして除去するためにのみ使用される。鼻の中に同じような外皮がある場合、アロエ液は乾燥した粘液に浸透することができないので、それでも廃棄されます。しかし、オイルは外皮を柔らかくして鼻腔を解放するのを助けるのに素晴らしいです。鼻の地殻が観察されない場合は、アロエジュースを使用することができます。それが混雑を引き起こす可能性があるのでそれはこの場合それだけでオイルです。それは拒否することをお勧めします。
  6. あなたは蜂蜜とアロエジュースを使用することはできません。インターネット上のいくつかのレシピは蜂蜜を含んでいます、しかし、それはこの製品が病原菌のための本当の飼料であることを覚えておく価値があります。アガベのジュースが蜂蜜と一緒に滴り落ちるならば、蜂蜜はバクテリアのより急速な繁殖を促進するので薬からの効果はないでしょう。そのような混合物を使用した後、他のカタル性疾患、例えば中耳炎、副鼻腔炎、鼻炎および他の病気が現れることがある。

アガベジュースで子供の治療を開始する前に、それは専門家を訪問するのが最善です。小児科医は、アガベの汁を使う必要があるかどうか、そして薬が子供に何を引き起こす可能性があるかを評価することができるでしょう。

新生児では鼻の粘膜が特に敏感であることを心に留めておくべきです。したがって、希釈された植物ジュースでも使用されている場合、子供はやけどする可能性があります。インターネットでは、無害なアロエジュースをお勧めするレシピを見つけることができます。たとえば、多くの一般的なレシピでは、大さじ1杯の水で希釈した3滴以下のジュースを使用することをお勧めします。しかし、そのような混合物は赤ちゃんに害を及ぼすことはなく、また何の利益ももたらさないでしょう。このため、赤ちゃんはアロエを埋めない方が良いです。

鼻に濃厚な粘液がある場合、おそらく膿が含まれている場合でも、アガベを使用することは特に有益です。これらの症状は細菌感染症の特徴であり、アガベの一部である酵素によって効果的に駆除されます。

赤ちゃんの粘液が濃くなく、むしろ水のようになっている場合は、アガベジュースで鼻を治療しない方が良いでしょう。病理学のごく一部だけが鼻炎と組み合わされていることに注意する価値があるので、アロエを適用することは必ずしも可能ではありません。

アガベ療法の推奨事項に従うことが重要です。最初の手順の前に、あなたは子供のアレルギー症状の存在を確認する必要があります。これを行うには、鼻の下の皮膚に少量の物質を塗布し、約30分放置します。赤ちゃんに赤い斑点がある場合は、アロエを使用することはできません。さらに、エージェントの適用後に副作用が現れた場合、アガベの使用は中止されるべきです。

アガベを埋めるには?

アガベジュースまたはそれに基づいた薬を作る前に、いくつかのルールに従って、正しい植物を選び、そこからジュースを絞り出すことが必要です。

  1. あなたが植物自体を拾う必要がある最初のもの。効果的なインパクトアガベは、少なくとも3年間は工場でなければ得られません。植物が有用な特性を蓄積するのはこの頃です。今日、それは美容学において活発に使用されているので、一般に、そのような植物は非常に有用であり得る。
  2. ジュースを絞るために、それは最も肉質の葉を選ぶのが最善です。そのような部分は通常、植物の底部近くに配置されています。そのような葉を選び、それから根の真下でそれらを切ることが必要です。
  3. ジュースを絞る前に、夜や昼間は植物の葉を低温に保つ必要があります。より便利にするために、あなたは夕方にそれらをカットし、夜に寒さの中にそれらを残すことができます。
  4. 冷やした葉は慎重に縦に切り、それからそれらからジュースを絞ります。それとも別の方法でそれを行うことができます:細かく葉を切り刻み、次に小片をガーゼに入れてそれらからジュースを絞ります。この目的でブレンダーを使用することもできます。これはより便利になります。
  5. 出来上がったジュースは一日以上保存しないでください。清潔なガラス容器、できれば暗い色の容器に入れてください。

1歳より少し小さい小さな子供たちは、必ず水で薄められているアガベを埋葬しなければなりません。同時に、ジュースの2倍以上の水を加える必要があります。得られた混合物は5滴まで使用することができる。薬の点眼後はあなたの指先で鼻孔の羽をマッサージする必要があります。粘液が完全になくなるまでこのマッサージを繰り返します。

コマロフスキー博士は何を勧めますか?

専門家によると、子供の鼻づまりの治療における型破りな方法の使用は、伝統的な薬が望ましい効果をもたらさない場合だけです。しかしながら、アロエを適用する前に、Komarovsky博士は小児科医を訪問することを勧めます。さらに、この国で最も有名な医師は、アロエジュースとセラピーを次のように組み合わせることをお勧めします。

  1. 子供がいる部屋の定期的な放映。
  2. 赤ちゃんが寝ている部屋の準備それは乾いていてきれいであるべきです。
  3. 生理食塩水による鼻腔の洗浄。
  4. 子供にたっぷりの飲み物を提供する。
  5. 生理食塩水またはアスピレータによる鼻の予備洗浄。

アロエジュースは炎症を和らげるだけでなく、粘膜をわずかに乾燥させる性質があることも覚えておいてください。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...