子供たちはコーヒーを飲むことができますか:親のためのヒント

一日を通して水分を摂取することは、子供に良い栄養を与える上で非常に重要な役割を果たします。結局のところ、子供たちの幸福と気分だけでなく、彼らの健康も正しい飲酒療法にかかっています。それが、非常に幼い頃からの大多数の両親が、若いパン粉の食事療法における様々な飲料の有益な特性をしばしば反映している理由です。飲み物の中で最も危険なものはコーヒーだと多くの人が考えていますが、この問題については多くの意見があります。

一部の親は、自分の子供が非常に若い年齢からコーヒーを飲むことを許可しています - 他は絶対にこの飲み物を飲むことを、思春期の学童期でさえ受け入れないでいます。しかし、これらの反対意見はどれほど公平であり、そしてこの件に関する真実はどこにあるのでしょうか。子供たちは本当にコーヒーを飲むことができますか、それとも赤ちゃんの体に害を与えますか?何歳の時に医師はコーヒーを飲むことを勧めますか?そして、それは子供たちによってどれだけ使われることができますか?

小児のさまざまな種類の疾患および小児科医を専門とする医師は、若い年齢でコーヒーを飲むことの正および負の影響を判断するために複数の研究を実施しました。経験豊富な専門家は、これについて親に関心のあるすべての質問に対する答えを提供するために信頼できる情報を集めることができました。

子供にとって便利なコーヒーは何ですか?

あなたは大人の生物にとってのコーヒーの有益な特性について議論する必要すらありません!結局のところ、コーヒー豆はビタミンA - いわゆるレチノールとビタミンD - カルシフェロールを含んでいます。さらに、コーヒーは、フラボノイドや、ヨウ素、マグネシウム、リンなどのさまざまなミネラルで飽和しています。疑いもなく、これらすべての栄養素は、子供の活力を確実にするために成長する身体にとって必要なものです。そしてコーヒーは、間違いなく人間の免疫力を強化するのを助け、そして成熟の間に小さな体が多くのプロセスに対処するのを助けます。

一方で、コーヒーは実際には子供の健康に有益な効果があることを知っておくことは重要です。

  1. コーヒー飲料は人間の脳の活動を刺激するのを助けます。
  2. 記憶力が向上し、子供は短期間で必要な知識の多くを学び始めます。
  3. コーヒーは爽快です、それはそれが学校のための強くていっぱいのエネルギーで朝起きるのを助けます。
  4. コーヒー飲料は疲労を和らげるのに役立ちます。
  5. 子供の身体活動、持久力および反応の改善。
  6. コーヒーはアレルギー発作や喘息と戦うのに役立ちます。
  7. コーヒー豆は放射線から保護し、口の中に虫歯の発生を防ぐことができます。
  8. コーヒーは胃腸管の活性化に寄与しますが、胃に問題がないことを条件にしています。
  9. コーヒーのおかげで子供の注意が向上します
  10. 朝のコーヒーから気分が上がり、子供はもっと自信を持って感じるようになります。

すべてのこれらの肯定的なレビューは、子供の成長する体に対するコーヒーの効果の肯定的な評価をかなり確信している一部の親には思われます。両親は子供にコーヒーを飲むかどうかをすぐに決心します。しかし、この飲み物にはもう1つの側面があります - 子供の体には非常に否定的です。コーヒーの利点と害についてのこれら2つの反対意見は、互いにどの程度バランスが取れていますか。

お子様に元気を取り戻すためのコーヒーを1杯飲む前に、両親はお子様の体に対する害についてお問い合わせください。小児科医によると、コーヒー飲料を頻繁に使用することによるさまざまな悪影響や副作用が、コーヒーの上記の有用な品質をすべて無効にしています。

子供にとってコーヒーはどんな害がありますか?

すべての成人有機体がカフェインのような爽快な飲み物の活性成分を安全に運ぶことができるわけではありません。そして、この場合の子供の発達体はどうですか?したがって、カフェインという物質が子供の発達中の生物にとって危険であることは当然のことです。この情報は科学的研究によって確認されているため、これについて疑いを抱くことはできません。したがって、両親はまずコーヒーの有害な特性について考え、医師の勧告を考慮に入れる必要があります。朝にコーヒーを定期的に飲むと、飲み物は未熟な体に有害な影響を及ぼし、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

  1. 天然および特にインスタントコーヒーは、子供の体からカルシウムを除去するのに役立ちますが、この元素のおかげで健康な有機体が成長します。
  2. 成人のホルモンの健康状態に対するコーヒーの影響はプラスと考えられていますが、子供の体への影響は期待外れであり、将来、両親は子供の思春期に深刻なホルモン障害を経験する可能性があります。
  3. コーヒーは脳を刺激するのを助け、そして喜びに責任があるそれらの脳の部分に影響を与えます。この飲み物を頻繁に使用すると、人は陽気さと強さを感じます。有機体全体の満足度を知らせる脳の中心部は、徐々にコーヒーの作用に慣れ、人はそれを大量に摂取し始めます。体が時間どおりにコーヒーの投与量を受け取らない場合、体は落ち込んでしまい、人は体が弱いと感じます。同時に、小児期にコーヒーを飲むことを許可された子供たちは、時間がたつにつれて、脳の喜びの中心にもっと強い刺激を必要とするかもしれません。それらの中で最も典型的な - タバコを吸う、薬やアルコールを飲む。
  4. カフェインは積極的に子供の下神経細胞に影響を与えます。子供の体内に大量のカフェインが蓄積されると、強い興奮性が高まります。この物質は子供の精神的活動を活性化し、一杯のコーヒーを飲んだ後3〜4時間の間エネルギーのバーストを与えます。経験の浅い両親は、この効果が子供の状態に有益な効果をもたらすと考えるかもしれませんが、人為的に誘発された覚醒は、実際には子供の体に有害です。カフェインが効かなくなった後、子供は理由もなく気分が悪くなるでしょう、たくさん泣くかもしれないし、嗜眠感、疲労感、および欠勤を感じます。子供が一日を通して配ることを計画しているべきであった物理的な力はこれらの3から4時間で費やされるでしょう。
  5. カフェインは赤ちゃんの睡眠を妨げることがあります。この場合、子供たちは急速に眠りに落ちるという問題を経験し始め、睡眠パターンが乱され、そして夜に子供はしばしばベッドから起きます。
  6. コーヒー豆にはベンゾピレンという物質も含まれています。これは危険な性質を持っており、身体の働きに悪影響を及ぼします。ベンゾピレンは悪性腫瘍や他の複雑な病気の発生につながる可能性がある発がん性物質です。スーパーマーケットの棚の上の多くの食べ物はすでにこの物質を含んでいます。したがって、この有害な成分がコーヒーの使用によっても子供の体内に入り込むことは二重に危険です。
  7. コーヒーは利尿作用が大きいので、子供はトイレに行くことができます。これは水分の急速な除去に寄与し、カルシウムのような水分や子供の健康に必要なミネラルも一緒にします。
  8. コーヒーは心臓の活発な働きに影響を及ぼし、子供の体の中の圧力を増加させるという事実のために、時間が経つにつれて、心臓の働きや血管の機能不全が始まることがあります。したがって、この飲み物を乱用したり、幼児期に心血管系を破壊したりしないでください。

親が、コーヒーが神経系や子どもの体全体に与える影響のマイナス面についてさえ知らないことさえよくあります。彼らは、子供がどのようにして鈍くなってから活動的になるのかを見て、思春期の混乱症候群または活動の増加についての結論を導き出します。両親が子供の飲酒レジームに従って、コーヒーに対するこの身体反応の理由を説明する経験豊富な医者に遭遇するならば、それは素晴らしいです。しかし、専門家でさえ誤解されているので、医者はその時の主な理由を判断して子供のための強力な薬を処方してはいけません。

子供の体の健康と適切な発達を害さないために、両親はコーヒーの長所と短所をすべて考慮に入れ、1〜2日の間に10年後に慎重にそれを子供の食事療法に加えるべきです。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...