妊娠中に授乳することはできますか?

あなたがすべての規則と助言に従うならば、それから妊娠後に次の赤ちゃんを得るために少なくとも2年を要するはずです。母乳育児、妊娠、出産後、体が完全に回復するのに必要な時間が非常に長いです。この期間中に必要な栄養素とミネラルはすべて体内に現れます。この時間が維持されないと、女性の身体は過酷な状況になり、本格的な仕事をするために、生まれたばかりの子供の生活を支えるために、それ自身の資源を費やさなければなりません。次の妊娠は危険になります。

長男に何を期待するか

乳児にとって、母乳は常に最も有用で栄養価の高い製品です。赤ちゃんに最適で、ユニークで貴重なビタミンがいっぱいです。彼の消化管はまだ他のタイプの食物を消化することができないので、これは子供の人生の最初の6ヶ月で非常に重要です、そしてそれ故にこの期間の母乳の価値は特に重要です。しかし、注意点が1つあります。これは、新しい妊娠中に母親がホルモンの変化を始めるという事実です。これにより、ミルクは味を変えることができ、その結果、赤ちゃんは異常で不快になり、その結果として赤ちゃんは乳房を拒絶することができる。もちろん、それから赤ちゃんは人工的な混合物による栄養補給に移される必要があります。

前もって生き残ることはそれだけの価値があるわけではありません。母親自身が自分の赤ちゃんに母乳を与えるべきかどうかを決めます。それは子供の年齢そしてもちろん彼の健康状態によります。子供が時期尚早に生まれた場合、アレルギーの傾向がある場合、胃の病気がある場合、彼の体に抗生物質が投与されている場合、またはくる病の兆候がある場合は、医療専門家はHBを中止することをお勧めしません。母乳育児が少なくとも6ヶ月間継続されるのであれば、赤ちゃんの健康に良いでしょう。

母親の健康

妊娠中、女性の体はさまざまなストレス、ストレス、そして調整を受け、それぞれのプロセスとそれぞれの器官は異なる方法で働き始めます。女性が赤ん坊の外観を期待しているとき、そしてこの期間中にすでに存在しているものを母乳で育てるとき、これは二度目の妊娠に対する脅威です。体はそのような負荷に対処するのは難しいです。検査の後、婦人科医は母親と一緒に自分の体がそれに対処できるかどうかを決定しなければなりません。この状況はいくつかの基準に従って評価されます。

  • 女性は何歳ですか。
  • 妊娠前の彼女の健康はどうでしたか?
  • 慢性疾患はありますか?
  • 前回の妊娠と本物の妊娠の経過
  • 流産の恐れがありますか。
  • この時点で妊娠中の母親はどのように感じていますか?

母親の幸福は重要な指標ですが、分析結果も同様に重要です。例えば、血液中のヘモグロビンのレベルが低い場合、それは体が十分な鉄を持っていないことを意味します。しかし、それが重大なレベルに落ちるならば、それはそれから胎児の子宮内低酸素症の発症を脅かします。すなわち、胎盤を通しての酸素の供給は少なく、それは十分ではありません、そしてそれはその後赤ちゃんの神経系の発達に悪影響を及ぼす。

妊娠中期

母親が母乳育児をしているとき、オキシトシンは彼女の下垂体で産生されます。このホルモンは出産中に子宮の筋肉を減らすのに必要です。しかし、妊娠の20週目、つまり妊娠中期まで、子宮筋の神経細胞はオキシトシンに対して感受性を示さないと言わなければなりません。これは、妊娠が正常に進行し、子宮が健康である場合、授乳期間中の早産の可能性は妊娠28週目以降にのみ可能であることを意味します。オキシトシンはこの時まで子宮の収縮を引き起こしません。

母乳育児は通常20週までに遅くなり、妊娠中期になります。この時期、牛乳はすでに少量生産されています。妊娠中の合併症、妊娠中絶、過去の妊娠中絶が可能で、ヘモグロビンが低下し、強い中毒、子宮疾患などがある場合、これが母乳育児をもっと早く中止する最大の理由であり、最大12週間です。

事実だ! 母乳育児は乳首過敏症のために中止されることが多く、これは新しい妊娠中に現れます。妊娠期間が異なると、これは女性ごとに異なります。

体を維持する

女性が医者と話をして彼から助言を受けた後、彼女は母乳育児を続けるかどうかを決定します。そのような決定が肯定的であるならば、あなたはあなたの体の世話をするべきです、今、それはこれまでにないようなバランスのとれた適切な食事療法を必要とします。

立場にある女性は妊娠中の女性のためのビタミンの恩恵を受けるでしょうが、あなたは医療の準備に多くの注意を払うべきではない、体はよりよく自然な、栄養のあるビタミンを知覚するでしょう。また、すべてを服用する必要はありません。個々の構成要素で体を圧迫する可能性があり、将来の赤ちゃんに影響を与える最善の方法ではありません。危険にさらされているミネラルやビタミンにもっと注意を払う、それらは妊娠中や授乳中の体によって最も需要があります。そのようなビタミンにはカルシウムとマグネシウム、葉酸、リンそしてもちろん鉄が含まれます。

妊娠期間の主な建築材料はタンパク質ですので、あなたはその内容でより多くの製品を食べるべきです。妊娠中の女性が母乳育児をやめた後も、彼女はまだビタミン剤を摂取する必要があります。それは、その前は、体が最大限のレベルで機能していたからです。

嫉妬と競争を避けてください。

2人目の子供の外見では、感情、感覚、そしてもちろん年上の子供の状態を忘れないようにすることが重要です。 2人目の子供が家族に現れた後、嫉妬と競争が起こります。これは、子供が非常に小さい時期でも発生します。例えば、母乳育児、家族のどの子供たちがより重要で、誰が母親のミルクを摂取するのでしょうか。このような状況を避けるためには、このためには、2人目の子供が現れる前に、年上の子供が少なくとも数ヶ月間母乳育児をやめる必要があります。これは、年長の子供の意識を乱さないようにするのに役立ちます、したがって、彼は彼が兄弟や姉妹の外観のために引き離されたという関連付けを持ちません。そうでなければ、状況を悪化させるだけです。子供は小さい年齢で細部を忘れるのが簡単です - 子供が小さければ小さいほど、彼は早く忘れてしまいます。もちろん、禁忌がなければ、子供に必要なだけ食事をすることができます。彼の小さな有機体にとって、母乳はたくさんの意味があり、高い価値があります。

子供が1年半以上の時、母乳育児の記憶が彼の記憶に現れるかもしれず、そして彼はそのような食事を取り戻そうとするでしょう。多くの場合、子供は弟や妹の家族の外見に耐えることが困難です。新しい妊娠の前に母乳育児を止めることは必ずしも可能ではないので、母親は年長の子供の離乳が彼にとってできるだけ痛みがないことを確かめるべきです。そのため、成長した子供は通常小さい子供のように見え、精神的なトラウマはありませんでした。家族ごとに、年上の子供は新しい家族の出現に異なった反応を示します。そして、それは、彼もまた、乳房に手を伸ばして牛乳を食べようとするかもしれません。なる方法 - 母親を決定する。

女性は2人の子供を養うことができます、しかしそのために彼女は十分なミルクを持っています。当然、牛乳がそれほど多くなければ、それは生まれたばかりの赤ちゃんに与えられるべきです、そしてそれが十分であれば、あなたはそれをあなたの年長の子供と共有することができます。 2回目の誕生後に現れる牛乳は、生まれたばかりの子供と年上の子供の両方に適しています。その組成が異なることを心配する必要はありません。両方の赤ちゃんにとって生物学的にも有用です。母乳は非常に貴重な製品です。

年長の子供の体はもはや母乳のビタミンをそれほど必要としません、それはより若い幼児の場合ではありません、しかし、年長の子供のために、母乳育児は心理的な観点から役に立ちます。 2人目の子供を養う機会があるならば、それから彼女をあきらめないでください。