トマトカトリーナF1 - 品種の説明と特徴

トマトカトリーナF1 - ハイブリッドは、早熟品種を指します。それは野外や温室条件で栽培することができます。それはその呈味特性、外部の損傷に対する抵抗性、それがその提示を維持しながらそれが長距離にわたって完全にキャリッジを輸送することのおかげで際立っている。

カトリーナの利点

品種は第一世代の雑種です、そしてそれ故にその特性はすでに多くの野菜生産者と夏の住民によって高く評価されそして承認されました。トマトの茂みは力強く成長し、手にたくさんの果物があります。

1本のブッシュは最大1メートル20 cmまで成長することができますそれは少数の小さな葉で覆われています。通常5つから7つの果物の1つの花序で熟します。最初の果実は最初のシュートの後85日目に熟します。

フルーツの特徴

トマト品種Katrinaの果実は、いくつかの特徴が他のトマトと異なります。

  1. 果実は丸く、わずかに平らにされた形をしており、茎の近くにわずかな肋骨があります。
  2. 完熟トマトは鮮やかな赤い色をしています。
  3. 果実の大きさは平均、約140-150グラムです。
  4. 1ブッシュで5kgまでの作物を集めることができます。
  5. 果実の皮はとても濃く滑らかで、やや光沢があります。
  6. トマトの味は甘いです。
  7. 外部からの影響に対する高い耐性
  8. 果物は、新鮮な消費だけでなく、ブランク、スナックにも適しています。

主な利点と同時に主な特徴は害虫や病気に対する抵抗性です。また、急激な気温変化、悪天候にも対応します。

様々な栽培

トマトの間の多くの雑種のように、品種カトリーナは温室条件とオープンエリアで育てることができます。

  1. 従来の容器を使用して苗を植えるため。種子は1.5 cmの深さに播種されていますこの段階でそれは土を緩め、それを湿らせることが非常に重要です。緩むことは根系の正常な形成、すべての植物のタイムリーな成長に必要です。土壌は「呼吸する」必要があります。散水の代わりに、単に温水をスプレーします。過剰な水分は苗の形成に悪影響を及ぼす可能性があるため、土壌を濡らさないように、対策を知る必要があります。
  2. 最初のリーフレットが表示されたらピックをおすすめします。苗の生育期間中ずっと、無機(無機)肥料が必要で、最適温度を維持しています。
  3. 根系が開いていると、恒久的な生育場所では、文化が移植片に痛みを伴うように反応する可能性があることに留意する必要があります。この場合、成長は鈍化し、果実ははるかに遅く熟します。これを避けるために、根を保護するために泥炭の鉢を使用することをお勧めします。
  4. この品種を栽培するときに茎を形成することは必要ではありません。成長の過程で茂みを提供するために必要な唯一のことは、支援者にとってより重要なことです。
  5. 恒久的な生育地への摘み取りから14日後、根系への酸素アクセスを確保するために土壌を緩めるべきです。これは植物が正常に成長し成長するのを助けます。土が乾くにつれて水をやりましょう。散水は適度であるべきです。

植物に栄養と水分を均等に分配するために、熟練した庭師は土地を芝生でマルチングすることを勧めます。一般に、バラエティに富んだ「カトリーナ」は世話にはうるさいわけではなく、素晴らしい収穫をもたらします。

グレードレビュー

ほとんどの野菜生産者はトマト "カトリーナ"についての肯定的なレビューを残しています。主な利点は次のとおりです。

  1. 一度にすべての果物の熟成。
  2. この場合はトマトを化学物質、毒物で処理する必要がないため、免疫力が高く、病気に抵抗し、害虫による被害を受けにくくすることが非常に重要です。栽培に使用される化学物質が少なければ少ないほどよい。

レビュー

  1. ウラジミール、35歳: 品種について多くの前向きなレビューを読んだ後、私は自分のサイトでそれを成長させることを試みることにしました。苗を植えました。茂みはコンパクトです:3個は1平方メートルに収まります。根のより良い開発のために、底に堆肥ピットを置きます。その結果、すべての茂みから大きくて鮮やかな赤い果実ができました。トマトが完璧に形を保っていることは注目に値します。ブランクの構成においても、滑らかで丸い形を保っています。
  2. タチアナ、40歳: さまざまな「カトリーナ」を育ててみて、国の隣人に勧めました。もっと正確に言えば、私は彼女のトマトを見ました、そして私が試した後、私もこの品種を植えることに決めました、そして、彼女は品種を育てるための最も良い方法についてアドバイスをしました。その結果、私の隣人の勧告と私の野菜栽培経験から、満場一致で熟した果物が届き、とても幸せになりました。私はこれらのトマトを冬のおやつ、ピクルスに使っています。おすすめです。