授乳中の活性炭は可能ですか?

300年以上にわたり最も人気があり、よく知られている腸管吸着剤は活性炭です。家庭用救急箱の誰もが黒い錠剤で包装を見ることができます。彼は中毒、消化不良、下痢の最初の兆候を覚えています。

事実だ! 薬への注釈でマークされていない - それは泌乳中にこれらの丸薬を使用することは可能ですが、これは薬を無意識に使用する理由ではありません。

この薬をHBに使用できますか?

母乳育児期間中、母親は慎重に薬を見ます。彼らは、母乳で乳児の未熟な体に必然的に落ちる化学物質から乳児を守るために不快感と痛みに耐えようとします。結局のところ、授乳婦は子供の発達に有益な有用な物質の導き手であり、有害な要素でもあるということを誰もが知っています - 母親と赤ちゃんの生活の中でのそのような慎重で重大な瞬間に対する過失の態度。部分的にこの声明は払拭することができます。母親の血液に吸収されない多くの薬があるので、それらは乳児の体に届きません。これらの薬は活性炭を含みます。

特定の薬の使用の妥当性について疑問があり、その指示が説得力がないと思われる場合は、より信頼できる独立した検証済み情報源を参照する価値があります。

APILAMは母乳育児研究のための利他的な非国家協会です。協会の従業員は、母親と赤ちゃんの心身の健康を増進するために働いています。公式サイトは英語とスペイン語でアクセスすることができるオンラインの電子授乳参考書を管理しています。あなたが薬物治療を必要とするときあなたが疑問を取り除くことができるのはこの情報源のおかげです。

薬の使用による4つの危険度があります。

  1. 「とても低い」これらは乳児の体に害を及ぼさない薬です。このリストに含まれるすべての薬は授乳中に許可されています。
  2. 「低」このリストからの錠剤または他の剤形を使用するとき、必要ならば、指示された剤形を厳守することが重要です。指示に従えば、それらは母乳育児期間中は受け入れられますが、より安全な薬を見つけることが最善の解決策になります。
  3. 「高い」
  4. 「とても背が高い」

最後の2つの学位は、人生の重要な瞬間における女性の治療にはまったく当てはまりません。あなたがそれらを使用する必要があるならば、あなたは一時的に子供の自然な栄養補給を放棄しなければなりません、または、可能であれば、添付のスケジュールを胸に動かしてください。

それほど重要なことではないが、信頼できるデータの認識された情報源は世界保健機関であり得、これは医療における調整および指導の権限である。

これらの情報源に連絡して情報を得ることで、授乳中の活性炭摂取の安全性を確実にすることができます。この物質は「非常に危険性が低い」危険有害性対策である。 WHOによると、石炭は12歳未満の子供を含むあらゆる年齢の人々のための薬として記載されています。

必要が生じた場合、子供を母乳育児する女性は、その結果を心配することなく活性炭を摂取することができます。薬は腸壁に吸収されず、血流にも入らないため、食事の変更は必要ありません。ミルク活性炭の組成を入力することは完全に除外されているので、中毒は不可能です。

重要です! 石炭は有毒物質を結合して除去するだけでなく、その貴重なビタミン、ミネラルおよび体のための微量元素を除去することもできる。これは、特別な必要性なしに長期間の使用が望ましくないことを示唆している。許容線量は医者によって規定されるより高くてはいけません。

どのような場合に木炭が使われていますか?

  • 栄養失調による消化不良、酵素の欠乏。
  • 腸内での発酵、腐敗の過程、腐敗。
  • 腸内の鼓腸、ガスの過剰な蓄積、痛みを伴う症状で鼓腸。
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支喘息
  • 急性の中毒
  • アレルギー反応
  • 胃の酸度が上がります。
  • 中毒症候群を伴う疾患
  • 下痢

ガス発生を減らし、装置のより正確な指標を達成するために、X線または超音波による検査の前に活性炭を使用することもまた賢明である。

禁忌

それが医薬品であるという事実のために、それはまた万人のためではなく使用のために示されます。活性炭の摂取を控えるべき人々のグループがあります。

  • 薬物に対する個人免疫を持つ人々。
  • 消化管に出血している潰瘍。
  • リラックスした腸の筋肉。
  • 他の類似薬を服用している人。

石炭は無害と考えられているという事実にもかかわらず、授乳中の女性は医師の指示どおりにしか使用できません。

起こりうる副作用

授乳中に石炭の錠剤を消費すると、副作用が発生する可能性があります。

  • 消化器系の崩壊
  • 便秘または下痢。
  • 糞の色を変えます(黒と発音)。
  • 体内への栄養素の侵入を防ぎます。

重要です! 他の薬物による治療の過程を経ている間、母親は石炭がそれらの効果を弱めることができて、治療の有効性を減らすことができるということを知っているべきです。薬と食物の服用の間隔は1時間半に達するはずです。

活性炭のかけ方

放出の最も一般的な形態は丸薬です。それらは丸ごと飲み込むことができます、しかし、その量を考えると、それはあまり便利ではありません、しかしあなたは挽いて水と混ぜることができます。石炭は水に溶けませんが、この形で使うのはずっと簡単です。

1ピルの投与量は0、25 gです、授乳中の女性のための許容1日量は8 g(32トン)です。例えば、消化不良を解消する必要がある場合は、4回に分けて投与します。治療は5日間続くことができ、そして体のアレルギー反応を取り除くとき - 14日間まで持続することができます。急性中毒では、一回に30gまで増量する必要があります。

重要です! 授乳中、女性は自分自身に投薬量や薬を処方することはできません。治療は主治医の勧告に従って行われる。

授乳中の母親が使用するための活性炭の類似体

今日では、赤ちゃんの疝痛を治療するために活性炭を使用する人がまだいます。これはできませんが。 3歳未満の子供たちにとって、この薬の使用は禁忌です。子供にとってより便利な形は、吸着剤Smekta、Enterosgel、Polysorbの粉末の放出です。医師は自分の判断で必要な薬を処方します。

活性炭の助けを借りる場合、母親は害を及ぼすことはほとんど不可能であるため、悪影響を恐れてはいけません。しかし、私たちは、子供と大人の両方に消化器疾患を治療するために使用できる現代的でより効果的な薬があることを忘れてはなりません。