妊娠中のザワークラウトはできますか?

ザウアークラウトは柑橘系の果物とアスコルビン酸を蓄積することができます。ビタミンCは人間の免疫と抗酸化物質を同時に刺激するので、例外なくすべての人に必要です。妊娠中の女性、特に初期の段階では、アスコルビン酸が必要です。彼らの防御は発生期の胚のために落ちています。それゆえ、多くの将来のお母さんは、どんな形と量で、発酵キャベツを食べることが可能であるかどうかに興味があります。一緒に調べましょう。

ザワークラウトの組成

女性医師や栄養士は、そのような準備のキャベツは必ず将来の母親の食事に含まれなければならないと言っている点で全会一致です。第一に、それは、子宮内での胎児の正しい形成に必要とされるタンパク質製品の消化率を高める。第二に、それはウイルス感染症から母親を守るために必要なミネラルとビタミンが豊富です。

インフルエンザとARVIの流行中にキャベツを食べることは特に重要です。体がビタミンが不足しているときに休暇中やオフシーズン中に移動するときに皿になることも余計ではありません。すでに述べたように、主な価値はアスコルビン酸の含有量にあります。

また、組成にはUやHなどのまれなビタミンがあります。妊娠中の人や子宮内の胎児に必要なビタミンBと一緒にキャベツを奪われていません。特に、リボフラビンとパントテン酸は子供の中枢神経系の形成に関与しています。

キャベツには大量のレチノール、ビタミンE、ビタミンPP、ビタミンKがあります。ニッケル、鉄、リン、マグネシウム、ヨウ素、カリウム、カルシウム、アルミニウムなどがミネラルから放出されます。食物は繊維を奪われず、消化器系や天然糖を正常化します。

ザワークラウトの利点

いかなる正または負の影響も組成物中に存在する物質によって考慮される。妊娠中の女性のために提示された料理は非常に便利です。

  1. キャベツは中毒の徴候を抑え、妊娠初期に女性の身体の中毒を取り除きます。皿は全体的な健康を正常化し、免疫システムを高めるために消費されます。
  2. 多くの場合、将来の母親は消化管の活動に直接関連する問題を抱えています。食物を食べると、腫れが始まるとすぐに胃が「起き上がり」、食物が腸をさまよいます。キャベツはそのような不快な症状を取り除き、便秘や痔核の予防にも役立ちます。
  3. 貴重な品質は葉酸の蓄積によって引き起こされます。それは子供の中枢神経系の形成のためだけでなく、女性の心理的感情的背景を安定させるために必要です。鉄の流入は貧血(貧血)の予防です。
  4. また、刻んだ発酵野菜だけでなく、それから漬物を食べるのも便利です。彼は胸焼け、ガスを和らげるでしょう。これらの問題は妊娠3ヵ月目以降の妊婦によって直面されます。
  5. カロリー量が少なく、腫れを解消する能力があるため、体内の余分な水分を取り除くために料理は食べられます。このような背景に対して、太い足の症候群は消えます。好都合なことに、キャベツは睡眠に影響を及ぼし、悪夢を排除し、目覚めさせる。
  6. 検討中の製品の興味深い影響は、それが女性の外観に良い影響を与えるということです。キャベツは、色素沈着、ならびに皮膚の不規則性と割れ目を取り除くために、内部的に摂取されます。

妊娠中のキャベツ

少なくとも一日おきにキャベツを食べるようにしてください。サラダからスープで終わるまで、使用のための多くのオプションがあります。それは魚や赤身の肉と製品を組み合わせるだけでなく、パンと砂糖を少し食べるのが理想的です。

  1. シチ 発酵キャベツをベースにしておいしいスープを作ります。準備は難しくありません。 600mlを沸騰させる。水、牛肉の部分を調理するために送ります。玉ねぎとにんじんzazharkaを入力して、好きな季節に。少なくとも1時間20分調理する。その後500グラムを追加します。キャベツ、みじん切りのジャガイモとスパイス。塩とじゃがいもの準備を待ちます。試飲の前に緑をふりかけてください。
  2. キャベツのサラダ。 ザウアークラウトはさまざまなバリエーションで食べることができます。この空白からあなたは魚や白身の肉におかずの形で素晴らしい追加になるでしょう、優れたサラダを得る。それは簡単に消化され、重さの感覚が表示されないため、この料理は夕食に最適です。さらに、製品をうまく組み合わせることは、タンパク質の優れた吸収に貢献します。
  3. 塩水 キャベツ漬けはそれ自体が頻繁な胸やけのためのよい治療であることを示しました。あなたが定期的に同じような問題に苦しんでいるのであれば、構成は非常にあなたを助けるでしょう。食事の前に毎回それは少量のブラインを飲むのに十分です。不快感はすぐに消えます。さらに、飲み物は悪心のための優れた道具と考えられています。この場合、塩水は攻撃(毒素症)の時に最もよく消費されます。

栄養士は妊娠中の女の子が体系的に断食日を過ごすことを強く勧めます。したがって、キャベツはそのような目的のための優れた製品になります。考えてみましょう、それは毎日の率を観察することが重要です。将来のママは、せいぜい200〜250グラムを食べることが許されています。キャベツサラダ提示された製品を悪用しないことを強くお勧めします。

禁忌ザウアークラウト

  1. 赤ちゃんを待っている間の弱いセックスのほとんどすべての代表が本当に酸っぱい塩辛い食べ物を望んでいるのは秘密ではありません。それが、キャベツが困難な時期に多くの女性のお気に入りのおやつであると考えられている理由です。
  2. 問題の製品のすべての肯定的な資質にもかかわらず、あなたはいくつかの禁忌と不利な点に注意する必要があります。キャベツには重大な欠点があり、浮腫の形成を引き起こします。多くの場合、妊娠第3期の女の子は子癇前症の形で問題に直面しています。
  3. この病状では、浮腫および高血圧の形でさらなる問題がある。あなたが非常にザワークラウトを食べるならば、子癇前症の発症は避けられません。したがって、製品を消費するときはすべての詳細を考慮に入れるべきです。スナックには大量の塩やその他のミネラルが含まれています。
  4. また、将来のお母さんが心血管系に問題を抱えている場合、製品は厳密に禁忌であるかもしれません。また、キャベツは膵炎や腎不全で禁止されています。極端な場合には、専門家と相談した後に限られた量で製品を食べることができます。

妊娠中のザウアークラウトは、少女に多くの利益をもたらすことができます。豊かな構図は、必要なものすべてを母親と赤ちゃんの身体に提供します。体系的な食事のスナックは、脚気や季節の風邪の発症を避けることができます。キャベツは限られた量で食べるべきです、さもなければあなたは深刻な十分な問題に直面する危険があります。疑問がある場合は、専門家と食事を共にしてください。