イカ - 体の健康に対する恩恵と害

イカは主婦の食卓に様々なタイプで登場するようになってきた長年の製品です。貴重な味の特徴に加えて、この市販の動物は、その栄養上および生物学的に活性な物質における独特のものに起因し得る。頭足類の軟体動物の死骸は、食料品のカテゴリーに属します。その成分はたんぱく質が豊富で、池の魚の代表者より数倍少ない脂肪を持っています。

店頭での在庫は、イカが急速に成長して密集したクラスターを形成するという特殊性と関連しています。彼らの短いライフサイクルと世界の海での有病率は、この美味しくて健康的な製品に対する人間のニーズを満たすことができます。

歴史の中で言及

軟体動物の味は古代ギリシャ人とローマ人によって高く評価されていますが、驚くことではありません。彼らはいつもおいしい料理への情熱で有名で、真の快楽主義者と見なされていました。古代では、その迅速さと敏捷さのために、イカは「翼のある魚」という名前を受け取りました。アジアでは、太古の昔から、シーフードがダイエットの主な製品です。そして前ソビエト連邦は前世紀の60年代に食糧目的のためにそれらを生産し始めました。

東洋人ヒーラーは長い間、消費された製品を通して心血管系に対するカリウムの影響に気づいていました。彼らは当然のことながらアサリを「ハートバーム」と見なしました。

購入するときに何を探すべきですか?

Загрузка...

買い手にとって最も一般的な屠体の状態とイカの成分は冷凍または冷蔵されています。選択するときは、特定の指標を考慮する必要があります。

  1. 死体が新鮮凍結している場合、それらは互いに自由な状態になければなりません。固着、霜層の形成は許されず、氷釉薬の厚い層は適切ではありません。
  2. 死体の自然な色は、白、ピンク、ピンクパープルのいずれでもかまいません。製品が黄色を帯びている場合、これは凍結中の技術プロセスの違反を示しています。凍結融解が繰り返されています。異常な変色は、貝が古く、その肉が硬い構造をしていることを示している可能性があります。
  3. 死体表面の損傷は許されません。さまざまな料理のアイデアでは、中断や分割なしに製品の堅実な状態が必要になることがよくあります。
  4. 包装された商品を購入することによって、包装とラベルの完全性に注意を払います。
  5. 大きい標本と小さい標本のどちらを選択するかが問題になる場合は、料理のアイデアや料理の特徴を考慮に入れてください。ただし、小さい死体はより顕著なシーフードの味を持っていることを知っておくことが重要です。
  6. きれいな、魅惑的な死体とあなたが長期間そして興味をそそらないで対処しなければならないものとの間で選ぶことで、良い主婦は後者を支持して選択をするでしょう。大規模な原材料が製造時に処理されるという事実のために、化学組成物がフィルムを除去するために使用され、その作用の下でそれは破壊される。映画と一緒にイカは健康的な資質と味のかなりの部分を失います。完成品は、その理想的な表面と汚れ仕事を取り除きながら引き付けます、しかし、皿の味は未処理の死体とは何の関係もない異質の風味の存在によって失望するかもしれません。

最近、人々は彼らの健康にもっと興味を持つようになった。栄養は多くの人にとって、体を飽和させるための方法だけでなく、生命力に満ちた貴重な栄養素でそれを豊かにする機会にもなりました。シーフードは、その上品な構成のおかげで、健康に敏感な人々にとって不可欠になっています。消費者の需要に起因する幅広い人気のために、世界中の料理人はレシピと料理の特徴、アサリの有用な性質を保存する可能性をより詳細に研究することを余儀なくされました。

イカは消費者のすべてのニーズを満たす環境に優しい製品です。その価値は何ですか?正しい方向を理解し適用するために、それは詳細に研究されました。

イカの組成

ヨウ素食用部品の内容は貴重です。それは海と海から離れた地球の大陸部分にとって有用な化学元素の源です。

  • 完全な、よく消化されるタンパク質(16.8 - 19、7%)。
  • 脂肪(1 -1、8%)。
  • プロテオグリカン
  • 糖タンパク質
  • 必須多価不飽和脂肪酸
  • 貴重な希少元素
  • 亜鉛
  • マンガン
  • セレン
  • リン
  • ミネラル物質(最大3%)
  • B群のビタミン(B1−0、4mg / kg; B2−1、17mg / kg; B3)。
  • アスコルビン酸
  • ビタミンPP(ニコチン酸)
  • ビタミンE

炭水化物(5%まで)。それらは以下のアミノ酸を含む。

  • ロイシン
  • グルタミン酸。
  • アスパラギン酸。
  • リジン
  • アラニン
  • アルギニン
  • グリシン
  • イソロイシン。

それが乾燥、喫煙、沸騰または保存のいずれであるかにかかわらず、いかなる暴露方法を経ても、定量的組成は変化する可能性があり、カロリー含有量および血糖指数もまた変化する。

イカの価値ある性質と人体への影響の結果

  1. 鎮痙薬。 組成物中に存在するリボフラビンは、片頭痛の期間を短縮することができる。
  2. 利尿薬 カリウムの存在は浮腫の除去に寄与し、高血圧に対処するのに役立ちます。
  3. 造血 銅は赤血球の形成を実行します。体内に鉄を保持します。
  4. 刺激します。 ヨウ素の含有量が高いため、脳の活動と甲状腺機能が活性化されます。
  5. 強化する。 リンは歯や骨の状態を改善します。
  6. 再生しています。 多価不飽和酸は肝臓に良い効果をもたらします。ノンアルコールの脂肪効果で回復します。
  7. 免疫調節 亜鉛は体を高いレベルで支えます。また貴重なアミノ酸は否定的な外的要因への抵抗のために責任があります。
  8. 調色 高タンパク質含有量のために耐久性が増します。筋肉量を増やすのに役立ちます。
  9. 再現しています。 繁殖システムに好影響を与えます。それらは効力の質を改善しそして月経前症候群の経過を軽減するのを助ける。
  10. アンチエイジング イカ中の銅の含有量は、白髪の出現を防ぎ、あなたはより長く若く感じることができます。ビタミンE - 肌の健康と美しさを保証します。
  11. モデリングと飽和 それは体脂肪に蓄積されていない有益な物質を体に提供する食事療法の、簡単に消化可能な製品です。
  12. 復元しています。 消耗した血管と心筋を強化し、血液組成を改善します。これらのプロセスは、カリウム、コバルト、鉄の影響を受けます。カリウム含有量によると、イカはバナナや穀物と競合することができます。

妊娠中および授乳中の体への影響

妊娠中の女性はイカ肉を消費することをお勧めします。それは栄養素と複合体で体を補充するのを助けます。パルプの一部であるコバルトは、遺伝情報の保存に関与しており、DNAとRNAの完全性を監視します。

授乳中、シーフードは出産後6ヶ月で消費されます。この製品で食品を多様化する前に、医師に相談する必要があります。

離乳食のイカ

Загрузка...

煮物の形では、軟体動物は子供の体によく吸収されます。それは死体のコレステロールそして脂肪と同様、ビタミンそしてミネラルの貯蔵庫です。成長し発展途上の生物にとって、これは重要な支持です。軟体動物が神経系と精神活動に良い影響を与えることが観察されています。

体に害を及ぼす可能性があります

  1. イカはアレルゲンです。過度の繊細な摂取は病理学的反応を引き起こす可能性があります。これはまた完成品に防腐剤やフレーバーを導入することによっても引き起こされます。
  2. 汚染された水域で成長し、技術的プロセスを妨げ、貯蔵規則に違反すると、食中毒の原因となる可能性があります。
  3. 死体や触手の乾燥に使用される塩は体内の水分を保持し、組織の腫れを引き起こす可能性があります。

調理方法と使用のための推奨事項

Загрузка...

イカ肉は煮て、揚げて、乾燥させて、缶詰にして、煮込むことができます。それらは詰められて、サラダに加えられて、そして自給自足の料理として消費されます。

一般的な規則

  1. 生の製品を購入するときは、皮膚からそれを解放し、必要に応じて内側を一掃し、そして弦を取り除く必要があります。簡単に掃除するために、イカは沸騰したお湯で浸しています。
  2. 柔らかい肉の準備のために、軟体動物は3分間煮られます。何らかの理由で時間が延長された場合、出力は皿のゴムの質感になります。この問題を解決するために、調理時間は30分に延長され、これは屠体の再軟化に寄与しますが、完成イカのサイズは減少します。
  3. 数日以内にゆでた形で保存することをお勧めします。冷凍 - 30日、これは製品の価値と味の明るさを減らすでしょう。

栄養士のアドバイスによると、イカは魚の日の食事に含まれています。彼らは皿の中の肉や魚を置き換えることができます。中国人は毎日のおやつとして干し屠体を使用しています。日本人はアルコールで食べ、スラブ人はビールで食べました。好みに関係なく、イカは完全な食事です。

極東とアジアの国々は他の魚介類と組み合わせて貴重な製品を準備しています。ギリシャ人はそれを野菜、豆、そして緑と共に出す。

基本レシピ
屠体は水、塩、オールスパイスおよびベイリーフの沸騰する組成物に浸される。 10秒後、彼らはスキマーで捕まります。出力は柔らかく、柔らかい肉です。それは食べられて、サラダに加えられることができます。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...