母乳育児時にバナナを食べることは可能ですか

子供が生まれる前の将来の母親の70パーセントは、今後の制限を満たし、自分の好きな食べ物を好むことすべてを食べようとしている以上のものです。これらはバナナを含みます。しかし母乳育児中にバナナを使用することが可能であるかどうかは、この記事が答える別の質問です。確かに、多くの人が母乳育児は自分の好きな果物を含む特定の剥奪を必要とすると考えています。しかし、バナナは禁じられた果物に属していません。それらは母乳育児中に食べることができます。

ビタミンの貯蔵庫

確かに、バナナには赤ちゃんや若い母親の健康に重大な影響を及ぼす多くの有益な化合物があります。バナナを食べるとき、消化管の働きは改善され、神経系は追加のビタミンを摂取します。

妊娠中の母親が妊娠中に絶えずバナナを食べていたら、それから赤ちゃんの誕生後、彼女は安全にバナナを食べることができます。しかし、ここで注意を払う必要があります。したがって、授乳初日には、バナナを1つだけ食べて、その使用が赤ちゃんの健康にどのように影響するかを確認することをお勧めします。アレルギー、それは低アレルギー製品であるため、彼は引き起こすことはできませんが、多くの場合、椅子に問題があります。便秘や逆に下痢がない場合は、バナナを安全に毎日の食事に含めることができます。

バナナが胃腸管の働きを改善することが注目されています。それで、便秘で、彼らはわずかに椅子を薄める、そして下痢で、反対に、彼らは直る。しかし、この好きなトロピカルフルーツが赤ちゃんの体にどのように作用するかを学ぶために、すべては実際にしか学ばれません。それを補完的な食べ物としてしか使うことができません。

これらの素晴らしい果物の一部として、多くの有用なビタミンがあります。これは伝説的なグループB、マグネシウム、そしてカリウムです。マグネシウムとビタミンB群は、神経系の働きを整え、体全体の状態を改善し、成長している赤ちゃんを助けます。そしてそこに含まれているアミノ酸トリプトファンは、赤ちゃんと母親の睡眠を調整します。結局のところ、給餌の始めには、すべてがまだ不安定で不安定であり、2つの有機体は互いに順応し、そしてバナナはこれを手助けするでしょう。

上記の物質に加えて、バナナは鉄、ビタミンC、PP、E、およびリンを含みます。また、トリプトファンアミノ酸は、彼女が食欲を調節するので、若い母親に差別なくすべてを与えることはありません。多くの人がバナナを食べた後気分が良くなることに気づいています。そしてこのホルモンの「欠点」はセロトニンであり、これもこの人気の果物に含まれています。それは喜びの状態を高め、セロトニンのレベルと幸福を高めます。しかし、誰もが長い間知っていました、母親が幸せであれば、子供も幸せです。

母乳バナナ

セラピストや小児科医は、この素晴らしい果物に含まれる微量元素やアミノ酸を補うために、授乳中の母親の食事にバナナを含めることをお勧めします。小児科医は、すべてのビタミンと有益な化合物が赤ちゃんの成長と発達に不​​可欠であると信じています。鉄は血中に不可欠です、そして、マグネシウムは子供の強い神経系を築くのを助けます。

しかし、バナナに豊富に含まれているカリウムは、授乳中の消化管の働きを整理するのに役立ちますが、便秘が進行して進行することはできません。すべての有害物質はカリウムとともに排泄されます。 Askorbinkaは免疫システムを強化するのを助けます、そして、母親と赤ちゃんの予備能力を増やします、感染症との戦いで助けます。

これらの果物には非常に女性と子供の体によって吸収されやすい糖質が多く含まれています。彼らはエネルギーを得るのを助けます、トーンを上げます。そしてここに含まれるトリプトファンのために、セラピストは産後うつ病を防ぐために食事にバナナを含めることを勧めます。結局のところ、トリプトファンは、すでに書かれているように、ホルモンのセロトニン - 幸福と喜びのホルモンの形成に寄与しています。

また、医師はサプリメントにバナナを導入することは少しずつ追加しながら徐々に始めるべきであると言います。

あなたはバナナを選ぶことができる必要があります。それで、未熟な果物は小さい子供で下痢を引き起こすことができます、そして、反対に、過剰に熟した果物は便秘を引き起こすことができます。

母乳育児時のバナナの食べ方

母乳で育てるとき、あなたは様々な形でバナナを食べることができます - 新鮮な、焼きたての、乾燥した、サラダ、焼き菓子の中で、他の製品との組み合わせでなど。結局のところ、彼らはすべてのビタミンを無傷のままにし、そして彼らは完全にこの形で子供に転送されます。しかし、プレート上で加工すると、多くのビタミンや微量元素が破壊されます。これはあまり役に立ちません。

バナナとヨーグルトの非常に便利なカクテル。これを行うには、ブレンダーでこれら2つの成分を混合します。非常に多くの有用な栄養素とビタミンがあるので、このカクテルはできるだけ頻繁に甘やかされるべきです!

バナナもたくさんの砂糖がありますが、食べたり乾かしたりするのにも役立ちますが、バナナのすべての有益な特性は完全に保存されています。そのようなバナナを食べた後、あなたは余分なポンドを稼がないように将来のメニューで食事から砂糖を取り除く必要があります。

青リンゴ、低脂肪カッテージチーズ、低脂肪サワークリームを加えた、とても便利なバナナサラダ。これを行うには、バナナでリンゴを正方形に切り、カッテージチーズとサワークリームを混ぜる必要があります。必要に応じて少量の砂糖を追加することができますが、しない方がいいです。それはすでに十分な実を含んでいます。

とても便利なバナナのお粥。調理するまでお粥を調理する。できればそば、そしてご飯、そしてHerculean。バナナをミキサーで挽き、お粥に加えます。砂糖、油とあなたは食べることができます。

バナナクッキー必要に応じて、あなたはバナナクッキーを焼くことができます。これを行うには、1対1のカッテージチーズ、バナナ、小麦粉、およびすべての混合の比率を取ります。チーズケーキ用の生地に似た密度の塊があるはずです。サークルをロールアウトして、天板に置きます。 180度で4分の1時間焼きます。

電子レンジでバナナのマフィンのための非常に簡単なレシピ。 1つのバナナ、1杯の牛乳、1杯の小麦粉、2つの小さじ1杯のソーダ、2杯のグラニュー糖、および4分の1のバターのマッシュポテトを取ります。すべてを混ぜ合わせ、形を整えて電子レンジで約30分焼く。

ベビーフードにバナナを追加する時期と方法

小児科医は一言で子供に8〜9ヶ月かけてバナナを与えるよう申し出ます。幼児はバナナを味わったことがあるので、このエキゾチックなフルーツのような甘い食べ物ではないことを拒否するかもしれず、それを長い間単純な野菜のピューレやお粥を食べるように説得しなければならないでしょう。

また、事前に(6か月)与えないでください。多くの母親は補完的な食品の導入を急いでおり、ほぼ2ヶ月からそれを与えます。赤ちゃんの消化器系はまだ非常に壊れやすいので、これは有害です。それは追加の食物の誤った導入によって損傷を受ける可能性があります。しかし、8ヵ月後にあなたは小さな、事前に練られたバナナの小片を与えて、赤ちゃんの反応を見ることができます。発疹やアレルギー性鼻炎の形でアレルギー反応がない場合は、小児では便は正常です。その後、安全にバナナを摂り続けることをお勧めします。しかし否定的な反応があったら、それから供給はすぐに止められ、よりよい時まで待っているべきで、医者に相談することはよいです。

バナナを選ぶ

バナナは輸送中に腐敗しないように未熟ロシアに連れてこられます。人工的に熟成しているバナナは、それらのビタミンとミネラルのすべてを生産するわけではないので、そしてこれは大きなマイナスです。しかし、それについて何もすることはできません、取得バナナですべてのそれらの有用な特性が保存されていることを願うことができるだけです。

緑色のバナナは、授乳中の母親だけがすぐにそれらを食べようとしていないが、熟すためにしばらく横になることを可能にする場合に購入することができます。さもなければ、彼女と赤ちゃんは熟していないバナナを食べるときガスと疝痛を形成するでしょう。

熟していないバナナが言うことができるという事実とその顔の存在。それはまたそれが飼料品種であることを示すかもしれない。滑らかで丸みを帯びたナチュラルイエローのバナナを購入するのが良いでしょう。果実が褐色であるならば、それはそれがそれが悪化し始める段階に既にあるということを意味し、そして灰色はそれが冷凍されたことを示す。しかし、バナナの褐色の斑点はそれらの熟しさと良質について報告します。

バナナはそれらがより早く劣化する他の果物と共に冷蔵庫に別々に貯蔵されるべきです。

腐敗やカビと戦うために、バナナはフェノールのような有害物質で処理されます。したがって、使用する前に、それらを石鹸と水で徹底的に洗浄する必要があります。

まとめると、バナナは母親と赤ちゃんの両方にとって非常に有用な果実であると言わなければなりません。しかしそれは合理的である必要があります。授乳中の母親にとっては、1日に1〜2個のバナナで十分であり、8〜9ヶ月の年齢から赤ちゃんに半分のバナナを与えることができ、徐々にこの量を増やします。