妊娠中のグレープフルーツ - 利点と害

柑橘系の果物は、多くの妊娠中の女性が慎重に取り組む物議を醸す食品カテゴリの一つです。これは、食物への過度の使用は、子供の出生前状態に悪影響を及ぼす可能性があるという事実に起因します。しかし、グレープフルーツはいつでも安全に食べることができます。バランスの取れた組成と潜在的なアレルゲンがないため、健康に害はありません。このオリジナルのフルーツには何が役に立ちますか、そしてどのような場合にそれは破棄されるべきですか?

グレープフルーツの特徴

グレープフルーツは、ルタ家に属する亜熱帯常緑樹です。その果物はオレンジに似ていますが、サイズの点でそれらを超えていて、より濃い肌を持っています。 17世紀にバルバドスで最初に発見され、それ以来島の不思議と考えられてきました。今日では、それは歴史的な故郷の国境をはるかに超えて普及しています - 亜熱帯諸国で栽培されている世界で20以上のグレープフルーツの品種があります。

皮、皮および皮に含まれているフラボノイドナリンギンは、この果実の独特の苦味の原因である。これは、血管や毛細血管の強化から心血管系の働きの改善に至るまで、体に強力な影響を与えるユニークな要素です。それはまた抗酸化剤として働き、癌から保護しそして免疫系を刺激する。ナリンギンの最も顕著な特性の1つは、胆汁流出の促進および環境の悪影響からの肝臓の保護です。

柑橘類に関連する主な関心事は、彼らがアレルギーを引き起こすかどうかです。女性が妊娠前にグレープフルーツに反応しなかった場合、その女性は出産中に現れません。さらに、それはすべての柑橘系の果物の中で最も安全なものの一つと考えられています。唯一の注意点は、安全な投与量です(1日1果物で十分です)。

妊娠女性のためのグレープフルーツの有用な性質

グレープフルーツに何が良いのか、そしてなぜその位置で女性がそれを食べるべきなのかを考えてください。

  1. 果実に含まれるビタミンPPとKは血管の壁を強化し、胎盤への良い血流を刺激します。
  2. 鉄は妊娠中の女性を貧血から守ります。貧血は、統計によれば、すべての妊娠中の女性の80%以上に直面しています。その減少により、組織への酸素の移動を担う赤血球の数が減少する。
  3. カルシウムはグレープフルーツにも含まれています。グレープフルーツは、骨格と子供の歯を作る役割を果たします。腎臓の正常な機能と体の血液系の適切な機能にも必要です。
  4. この果物は、アスコルビン酸も豊富です。パルプ100グラムあたり最大57 mgのビタミンCを占めます。グレープフルーツを定期的に摂取すると、女性の免疫システムが強化され、細菌やウイルス感染に対処するのに役立ちます。
  5. ペクチン質のため、グレープフルーツは腸の蠕動運動を完全に刺激し、便秘を解消します。

上記のミネラルに加えて、グレープフルーツにはマンガン、ナトリウム、カリウム、亜鉛も含まれます。ビタミンCに加えて、プロビタミンAとビタミンEがパルプに含まれています。

グレープフルーツジュースは高い抗菌力を持ち、消化力を向上させ、肉体的および精神的疲労にしばしば推奨されます。それはまためまい、一般的な脱力感および眠気を取り除くのを助けます。

禁忌

事実は、上記のナリンギンを含むグレープフルーツの配糖体が、体内に入るすべての物質の分解の原因となる肝臓のシトクロムの働きを妨げるということです。その結果、ホルモンは乱され、妊娠中はホルモンが基本的に重要です。これを含めることは特定の薬の吸収に影響を及ぼし、それはそれらの深刻な過剰摂取を引き起こす可能性があります。したがって、グレープフルーツジュースは、特に抗ヒスタミン剤と圧力を下げることで、どんな薬でも洗い流すことはできません。

グレープフルーツは、胃の酸性度が上がり胃炎が発生した場合には廃棄する必要があります。

グレープフルーツの選び方・保存方法

グレープフルーツを選ぶためのいくつかの基本的な規則があります:

  1. 果実は全体的で、肌の色は均質で、その構造は同じでなければなりません(柔らかすぎる部分があってはいけません)。
  2. グレープフルーツのユニークな特徴は、それが摘まれた後にそれが熟していないということです。したがって、あなたは最も困難で香り高い果物を選ぶ必要があります。
  3. 肌の色は、果物が熟しているかどうかではなく、特定の種類を示しています。それは薄緑色から濃いオレンジ色の範囲であり得る。

あなたは通常の室温で数日間グレープフルーツを保存することができます。あなたがこの期間を延長する必要があるならば、果物は果物のために特別な部門の冷蔵庫に置かれなければなりません。そこで彼らは数週間嘘をつくことができます。

グレープフルーツを食べるには?

グレープフルーツは、女性に受け入れられるあらゆる方法で食べることができます。それは果物や野菜のサラダに加えるか、それからジュースを作るべきです。いくつかのレシピは肉のための基礎飾りとしてそれを含みます。しかし、熱処理を受けずに、果物を純粋な形で使用することが望ましいです。最適 - 食事の30分前しかし、食べた直後は、他の果物からそれをやめたほうがいいです。この場合、胎児は腸内で単純に腐敗し、それ自体はバラストである。

あなたが早期の中毒に苦しんでいるならば、朝食前に朝に果物の半分まで食べてください。あなたはゆっくり、文字通りティースプーンを食べる必要があります。これは朝の吐き気を軽減し、嘔吐を取り除くのに役立ちます。

グレープフルーツの追加申請

中毒に対抗するために、乾燥グレープフルーツの皮からお茶を淹れることもできます。これを行うには、豊富な細かいパン粉を挽き、沸騰したお湯200mlに1杯のティースプーンを使用する必要があります。攻撃の間に20分間注入し、冷やして小さい一口で飲んでください。

フルーツは歯茎の出血との戦いで自分自身を証明しています。この問題を解決するために、あなたは上で与えられたレシピを使うことができます、結果として生じるスープだけが食後すぐに一日二回口をすすがれるべきです。多くの人がこの目的のために新鮮なグレープフルーツジュースを使用しますが、歯科医はそのような操作に反対します。妊娠中の女性は歯のエナメル質を著しく弱め、そしてグレープフルーツジュースは多くの酸を含んでいるので、フルーツの果肉からのジュースはそれを破壊するでしょう。

グレープフルーツエッセンシャルオイル

妊娠中の女性も積極的に天然グレープフルーツのエッセンシャルオイルを使用することができます。それを使用する最も安全な方法は2〜3滴をアロマランプに落として蒸気を吸い込むことです。オイルは部屋の空気を完全に消毒し、全体的なエネルギートーンを高めるのを助け、神経衰弱やうつ病との戦いを助けます。他のシトラスオイルやラベンダーと組み合わせることができます。グレープフルーツからの天然抽出物は、化粧品または基油(小麦胚芽またはアーモンド)に添加され、そして天然栄養素として使用され得る。そして16週目から、それは天然のオリーブオイルに滴り落ちることができて、腹部、太ももと胸にこすりつけられます。これはストレッチマークの防止のための素晴らしい組み合わせです。

グレープフルーツは妊娠中に非常に便利です。それは体に有益な効果があり、早期の中毒症や浮腫を排除するのに役立ちます。最後に、それは元気づける素晴らしい味を持つ単なるおいしい果物です。