オリーブの体の健康に対する利点と害

今日、オリーブオイルはいたるところで栽培されており、これには一定の理由があります。オリーブと天然油には、大量のさまざまな脂肪とビタミンが含まれています。オリーブの枝は常に平和と善意の象徴と考えられてきました。古代国家の支配者たちは、友情と協力の申し出の印としてそれを彼らの隣人に申し出ました。さらに、オリーブの小枝が常に各国間の公正なスポーツ大会を象徴するオリンピックチャンピオンの頭を飾っていました。

常緑オリーブの木は何千年もの間成長することができますが、作物は植え付け後わずか10〜20年で収穫されます。オリーブの実は、濃い緑色から黄色、さらにはバーガンディまで、さまざまなサイズや色にすることができます。色はオリーブの種類と果実の熟度によって異なります。大型オリーブははるかに価値があります - 製品1キログラムのオリーブが少ないほど、商品の価格は高くなります。新鮮なオリーブは食べられません - 彼らは特徴的な苦い味を持っています。この苦みは様々な方法で浄化されます - オリーブは漬けられ、酸素で処理されます。驚くべきことに、そのような処理の後、オリーブはその有益な性質を失うことはありません;それは非常に長い期間保存することができます。それはすべてオリーブの実のオイルジュースに関するものです - それは天然の防腐剤です。オリーブの本当の利点を明らかにするために、果物が体の働きにどのように影響するかについて話し合い、オリーブを摂取することの禁忌を考慮し、それらから最大の利点を得るためにオリーブを食べる方法を学びましょう。

人体用オリーブの有用な性質

多くの疑問 - オリーブとオリーブの違いは何ですか?実際、これは本質的に同じことです。まず、オリーブはミントグリーンの色合いになります。それらは手で集められそして特別な処理を受けます - 原則として、それらは特徴的な苦味を取り除くために苛性ソーダ溶液に浸されます。その後、オリーブは黒くなり、それらはソビエト後の空間でのみオリーブと呼ばれ、他の国々ではオリーブは黒と緑の両方の果実です。しかし時々グリーンオリーブは木で熟すために残されます - それらがそれからそれらから石油を作るつもりならば。ブラックオリーブはより柔らかくそしてより油性です。

オリーブ果実の組成は非常に多様です。それらは多量の多価不飽和脂肪を含み、オリーブは炭水化物、タンパク質および食物繊維を含む。ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リン - 組成は微量元素が豊富です。オリーブにはビタミンが含まれています - 多くのトコフェロール(ビタミンE)は、老化する皮膚に対して欠くことのできない抗酸化物質です。さらに、オリーブは葉酸とグループBのビタミンの完全な複合体を持っています。オリーブのカロリー含有量はかなり高いので、あなたは製品を乱用するべきではありません。ギリシャ人は、1日7オリーブだけが人間の健康を大幅に改善し、彼に長寿を与えるのを助けるだろうと主張しています。オリーブの実が人体にどのように影響するかを理解しよう。

オリーブオイルの成分が胃の壁をやさしく覆い、炎症や刺激を和らげます。あなたが各食事の前に3-4オリーブを食べるなら、あなたは完全に胃炎と潰瘍の症状を取り除くことができます。

ビタミンBが大量に含まれていると神経系に欠かせないものになります。数週間のオリーブの定期的な摂取の後、あなたはより良い睡眠を取っていることに気付くでしょう、不安と不眠症は過ぎ去りました、あなたはより多くのストレス耐性になりました。

オリーブの成分に含まれるカルシウムは骨、爪、歯を強くします。それは骨粗鬆症の優れた予防法で​​す。

オリーブの成分は葉酸で、妊娠初期にはとても必要です。葉酸は胎児の神経管欠損の危険性を減らすので、オリーブは予定された妊娠の前とその発生の初期段階で消費されるべきです。

プロダクトは小さい石を取除くことができる胆嚢の仕事のために非常に有用です。

オリーブの組成物中のポリフェノールは血栓の形成を防ぎ、血液を薄くします。

十分な量のカリウムは優れた心血管機能を確実にします。オリーブを定期的に摂取すると、血中のコレステロール値が下がり、血圧が正常に戻ります。

研究科学者によると、定期的に摂取するオリーブオイルは糖尿病のリスクを20%低下させます。

オリーブの実はある種の癌と戦うことができることがわかった。オリーブの皮には、大腸がんから人を守る特別な酸があります。ポリフェノールは乳がんを発症するリスクを軽減します。そしてオリーブの組成の中のスクアレンは、どんな癌細胞の繁殖も遅くします。

ビタミンCとEは筋骨格系の働きに有益な効果をもたらします。オリーブは炎症を和らげ、関節炎、痛風、骨軟骨症の関節の痛みを和らげます。さらに、オリーブの摂取量を増やすと、怪我や捻挫からの回復がはるかに速くなります。

全体としてオリーブは体の状態に非常に良い影響を与えます - 彼らはそれを引き締め、眠気と疲労を和らげ、一日中活力を与えます。しかし、オリーブとオリーブオイルは、常に内部だけで消費されるわけではありません。

オリーブオイルの外用

誰もがオリーブオイルが体に非常に有益であることを知っています。しかし、この製品が殺菌性と防腐性を示すことを知っている人はほとんどいません。油は様々な傷、切り傷、擦り傷との闘いによく使われます。肌をやわらかくし、再生を促します。オリーブオイルは傷跡や傷跡との戦いに使用できます。しかし、あなたはやけどに油で潤滑するべきではありません - さもなければ、薄い油性のフィルムが表面に形成されます、それは傷への酸素の接近を防ぎます。

非常に多くの場合、オリーブオイルは美容に使用されます。大量のビタミンEは、髪と肌の美しさに文字通り欠かせないものにします。オリーブオイルは完全に乾いたと焦げた髪を戦い、効果的に乾いたとひびの入った肌を防ぎます。オイルはカーリング、染めそして漂白の後で髪を元通りにするのに使用されています。このオイルは肌の老化を効果的に保湿してサポートし、早期老化のプロセスを防ぎます。製品の殺菌特性はにきびや黒点との戦いでオリーブオイルの使用を可能にします。

オリーブの使用に対する禁忌

どんな食品にもそれ自身の有益な特性がありますが、それが適度に使用されている場合だけです。同時に、どの製品にも独自の禁忌があり、オリーブも例外ではありません。

まず第一に、オリーブはカロリーが高いということを忘れてはいけません。 1日に5個以下の低消費で、オリーブは体にとって本当に便利です - 彼らは代謝プロセスをスピードアップし、健康な脂肪で体を飽和させます。しかし、オリーブを大量に使用している場合は、細身の数字で、さよならを言うことができます。

オリーブから腎臓病や尿路結石症の人は放棄する必要があります - これは石の動きを引き起こす可能性があります。

オリーブは非常に頻繁に製品に個々の不耐性を引き起こす可能性があります。オリーブを食べた後に、吐き気、嘔吐、または消化不良がある場合は、それらを放棄する必要があります。さらに、オリーブオイルに対するアレルギーも、その外用から生じる可能性があります。皮膚に塗布すると、発疹、発赤、腫脹があらわれることがあります。

缶詰オリーブの使用はかなり疑わしいです - 彼らは酸と塩をたくさん含んでいます。最も有用なものはドライオリーブです - それらは日陰でそして太陽の下で乾燥され、特徴的な苦味を取り除きそしてそれらの有益な成分を保持します。上記のように、ピクルスにされたオリーブは、生産者が様々な化学物質でオリーブを加工するので、貴重な生態学的製品ではありません。オリーブの青い色合いは、製品にさまざまな化学的効果があることを示しています。オリーブは既製のものを食べることができます - 彼らは完全に様々なサラダの味を補完し、オリーブはおかずで食べることができ、さらにはパンで食べることさえできます。

地理的な場所のためにオリーブの新鮮で丸ごとの果実を手に入れることができない場合は、オリーブオイルを食べることをお勧めします。それはあなたにオリーブの繊細な味を与えます、そして最も重要なことに、その構成にすべての有用で貴重な成分を保ちます。オリーブを食べ、古代ギリシャの神々の力と知恵でいっぱいにしましょう。