閉経中に妊娠することはできますか?

クライマックスは、女性の生殖能力が徐々になくなる自然な状態です。そのような期間中に妊娠することが可能であるかどうか、そしてどのように妊娠が進むのかという問題を心配している人もいます。

更年期障害およびホルモンレベル

Загрузка...

人体で発生するすべてのプロセスは互いに関係を持っています。内分泌系が正常に機能していること、特に卵子の受精と妊娠のおかげで、それらの多くが起こります。女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の影響下で、卵子は成熟し、それから子宮は胚を受け入れて固定する準備ができています。これに伴い、乳腺に変化が起こるので、体は赤ちゃんに母乳を与える準備をします。

年齢と共に、ホルモンの影響に対する卵巣の反応の悪化があります、その結果として、卵の規則的で適切な成熟がいつも起こるというわけではありません。女性が間もなく更年期障害になるという主な兆候は、不規則性または月経の欠如です。

エストロゲンの効果はアテローム性動脈硬化症から女性の血管を保護すると言わなければなりません、この理由のために更年期の始まりは彼女の全体的な状態に悪影響を及ぼす。動脈および静脈の機能は身体のすべての系に影響を与えることが知られているので、この過程で失敗が起こると、閉経中の概念の開始は不可能であると考えられる。

更年期障害および月経遅延

実際には、毎月は妊娠の発生のためだけでなく、予想される期間に来ないことがあります。これは主にホルモンレベルが変化するという事実に対する身体の自然な反応によるもので、これは更年期障害が起こるときの標準です。自分の健康に無関心ではない女性は、閉経中も避妊薬を使い続けます。なぜなら、受精が起こらないことを確信することは不可能だからです。質問:「更年期の間に不快な考えは可能ですか?」非常に多くに登場します。専門家はこれが起こることができると言う。閉経後 - 女性がこの期間の最後の段階に入るまでは、妊娠することが可能であると考えられています。受胎が不可能であるという事実は、適切な検査と検査を実施した後にのみ医師によって確認することができます。

成熟した年齢のほとんどの女性は、ストレスのために月経を遅らせます。これは、原則として、閉経期の症状に耐えることが難しいという事実によるものです。この期間中に最も頻繁に現れるのは、のぼせ、過敏性、鬱病であり、これもまた卵巣に悪影響を及ぼす、そして月経周期の不安定性をもたらす。

閉経後の妊娠 - それは可能ですか?

45年後、女性の卵巣機能は著しく損なわれています。これは、必要なホルモンがゆっくりと生成されるために起こります。しかし、事実は、クライマクタが完全にやってくるためには、長期間続くことができる一定の期間がかかるということです。

この期間中、女性の生殖機能はすぐにではなく徐々に消えていくので、子供を妊娠させることは依然として可能です。特に排卵の開始とそれに続く卵子の受精は更年期の初期段階で起こります。このため、女性は用心深く避妊手段を使うべきです。

更年期障害

更年期障害の発症はいくつかの段階で行われます。

  • 閉経前。現時点では、卵巣は機能を低下させますが、働きを止めません。
  • 閉経期。この期間中、卵巣の働きは徐々に終わります。
  • 閉経後。卵子は完全に欠けています。そのような状況では、概念は起こり得ない。

婦人科医によると、閉経を伴う妊娠が起こる可能性がありますが、すべての女性がそのような受精ができるわけではありません。場合によっては、生殖機能が完全に消失すると、ドナーの卵細胞にIVF(体外受精)が使用され、健康な子供を産むことができます。

予定外の妊娠

平均して、更年期障害が発生する年齢は52歳ですが、更年期障害の発症は女性ごとに異なります。ホルモンを完全に再構築するには、約10年かかります。同時に、生殖機能が消滅するためには、月単位の期間が最終的に終了した瞬間から2年以内が経過してはなりません。その結果、女性は避妊に関してそれほど警戒心が弱くなり注意深くなり、その結果として中絶数の増加が観察される。これは、公正なセックスの大部分が、閉経中に妊娠が可能かどうか、そして自分自身を保護する必要があるかどうかを単に知らないことを示唆しています。不要な妊娠から保護するための適切な治療法を見つけるためには、適切なホルモン剤を選択する婦人科医を訪問する必要があります。これらの同じ薬は更年期に伴う不快な症状を軽減することができます。

さらに、更年期障害であっても妊娠が起こる可能性がありますが、すべてのケースでこの状態の最初の症状に適時に気付くことは不可能です。閉経期は月経周期の不安定性を特徴とするので、女性は自分の期が到来していないことに気付かないかもしれない。さらに、現時点で彼女は気分が悪く、めまいがするため、これらの徴候を更年期障害の兆候としてとらえることができ、妊娠ではないと考えることができます。そのような期間中のホルモンの背景はやや不安定であるため、彼らはまた、誤った結果を示して、自宅で妊娠検査ストリップを持参することができます。

閉経中に妊娠するには?

健康な子供を産んで出産するのに最適な時期は、18歳から38歳の女性の年齢です。現時点では、多くの人がこの期間が家族を作るよりもキャリアを築くのに適していると考えています。もちろん、どの年齢で子供を産むかを自分で決める権利は誰にでもあります。しかし、それほどめったに起こらない現象を忘れないでください。これは早期閉経で、35年後に起こる可能性があります。

閉経中に子供を携行することは、妊婦にとってかなりの健康上の問題につながる可能性があります。しかし、これを知っていても、妊娠とそれに続く赤ちゃんの育成が更年期障害の不快な症状を和らげるのに役立つので、何人かの女性は意識的にそれを求めます。赤ん坊を運んだり母乳で育てたときに起こるホルモンの変化が体に良い影響を与えるので、若さを延ばすことは可能であると考えられています。しかし、将来的には、必須物質の供給が大幅に減少するため、妊産婦の健康は悪化します。

閉経中の妊娠はどうですか

女性が閉経中に起こる妊娠を続けることを決心した場合、彼女は出生前診療所でできるだけ早く登録されるべきです。妊娠中の女性の体は最初の日からサポートが必要です。

最初の学期では、希望の子供を失うことがないように、女性は体内でプロゲステロンの供給を補給するホルモン薬を飲まなければならないでしょう。そのような措置のおかげで、ほとんどの場合、妊娠第二期まで妊娠を維持することが可能です。そしてこのホルモンの生産は胎盤によって行われるので、その追加使用はもはや必要とされません。

サーベイデザインは通常のデザインと変わりありません。すべての妊婦は標準検査に合格しなければなりません:尿、血液、STD検査、必要な検査、超音波検査、ドップラー検査を実施します。小児の遺伝的奇形、羊水穿刺(羊水を服用)および臍帯穿刺(さらなる研究のための胎児の臍帯血を得るための方法)のスクリーニングは、この期間中に特に適切である。これらの手順は、染色体セットの変異および他の疾患を時間内に検出するために必要です。

閉経期の自然な出産は頻繁には起こりません。通常、配達は帝王切開による。妊婦が慢性的な病状を患っている場合、または胎児の状態が悪い場合は、手術を割り当てることができます。出生予定日の3〜4週間前に、妊婦が出産前入院のために送られます。

人工閉経

「人工閉経」と呼ばれる状態は卵巣機能の緊急遮断であり、これは意図的に医学的介入によって求められている。これはなぜですか?子宮内膜症、子宮出血、子宮筋腫、腫瘍学などの特定の病気を治療する必要がある場合は、女性ホルモンの生産を一時停止する必要があります。さらに、不妊治療中にエストロゲンの生産を一時的に中止する必要があるかもしれません。人工的に作られた更年期障害の後に妊娠が起こり得るかどうかを考えてみましょう。

人工閉経の種類
この状態にはいくつかの種類があります。

  1. 外科的閉経 それを達成するために、卵巣は完全に取り除かれます。手術は不可逆的であり、卵巣、子宮または胸部の癌の場合に行われます。
  2. 放射線クライマックス X線で卵巣に作用することによって引き起こされる状態。その後、原則として、それらの機能の完全または部分的な回復が可能である。
  3. 薬物クライマックス これは特別な薬が導入されているという事実によるものであり、それは天然ホルモンの類似物です。治療が完了した後、卵巣機能はほとんどの場合完全に回復するので、この方法は最も穏やかです。

起こりうる結果
人工閉経の臨床症状には以下のものがあります:

  • 食欲減退
  • 不眠症
  • 一般的な倦怠感。
  • 感情性が高まりました。
  • 性的欲求の減少
  • 膣の乾燥
  • 性交中の痛み。
  • 皮膚の弾力性の喪失。
  • 髪の毛やネイルプレートの劣化。
  • 関節の痛み
  • 骨の痛み
  • 心血管系の病気。

人工閉経後、どのくらい子供を妊娠させることができますか?
月経周期の回復は、原則として、最後の注射が導入されてから1〜2ヶ月後に起こります。妊娠は、投薬中止後の最初の6ヶ月間に起こる可能性があります。基本的に、それは通常の妊娠よりも難しくありません。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...