自宅で妊娠中の腫れを取り除く方法

妊娠中の浮腫 - 女性の生活の中で最も魔法のような9ヶ月に伴う主な問題の1つ。原則として、問題は期間の終わりまでに現れますが、時にはそれがもっと早く起こることもあります。一般に、あなたが以前に浮腫に遭遇したことがなく、それらについて知らない場合でも、これは、子供の待機期間中にそれらが出現しないという意味ではありません。それがなぜ起こるのか、何がトラブルの原因となるのか、そしてどうやってそれを打ち負かすのか、私たちは今日それについて話します。

浮腫:どこから、どのように、なぜ

妊娠は生理学的過程だけでなく、女性の身体にとってもすばらしい検査です。そのうえ、その強さの非常に強くて正確なテスト。システム内のこれまで気付かなかった問題であっても、すべての問題がこの期間中に発生します。特に、腫れがある可能性があります。彼らが何であるか見てみましょう。

概して、妊娠中、通常足は腫れます。第二の場所で - 手、そしてその後顔だけ。最初はほとんど目立たず、その後すでに腫れを訴え、トラブルが起きたり、靴を履いたり服を着たりするのが難しくなることがあります。顔については、特性が変化し、多少のふくれが現れ、目の下の袋、「じゃがいも」と鼻が見えます。次のことについてすべて話します。

  1. 組織中にそれは蓄積し、そしてさらに、体液は停滞し、体は時間内にそして正確に排出することができない。
  2. 内部システムでは重大なリストラがあり、それに関連して代謝過程の規制も変化します。
  3. おそらく心臓、腎臓に問題があるか、またはアレルギー反応がこのようにして現れる。

ほとんどの場合、興味深い位置での腫れ - 体が異なるモードで働き始めるという事実による規範からの逸脱による生理学的なものです。しかし、彼らがあなたを煩わせるならば、明白なコースを持っていて、重大な不都合を引き起こして、医者に意見を聞いてください。妊娠の状態は女性にとって自然なだけでなく、真剣にあなたをテストすることを忘れないでください。したがって、いずれにせよ、最も正しい決断は婦人科医を訪ねることです。そして、すべての測定によってあなたのプロセスが正常に進行するのであれば、そしてあなたは自分で自宅で浮腫を取り除くことを試みることができます。ここにいくつかの方法があります。

私たちは勝つために腫れに苦しんでいます

だから、最も問題のある場所は足です。通常、すべてがそれらから始まります、そしてそれからプロセスは手と顔に、より高く動きます。時にはこれが非常に早く起こることもあれば、遅くなることもあり、幸運な女性のごくわずかな割合しかそのような病理に遭遇しないこともあります。一般的に、四肢の腫れを見ても、心配しないでください。これは頻繁に起こります。これは、とりわけ、塩代謝の変化、ならびに血液流出の調節において生じる失敗によるものである。

さらに、妊娠中に重心が変わるという、もう1つの重要な詳細についても検討してください。特にここ数カ月。もちろん、これは全体として生理学的状態に影響を与えることはできません。一般的に、それほどひどいことは何もありませんが、もちろん問題を取り除くために、もちろん必要です。

そのため、足、手、顔に腫れが生じる可能性があります。そして、彼らはできる、そしてすぐに身体のいくつかのリストされた部分に。それぞれに対処しましょう。

足の腫れ
まず問題があることを診断する必要があります。簡単です。まず、腫れが視覚的に表示されます。足が腫れて大きくなっているのがすぐにわかります。やわらかく見えます。触れても、押しながら、ゆっくりと消える穴があるでしょう。しかし触診は弱いはずです、そうでなければ傷が残るかもしれません。通常、このような浮腫は妊娠第3期に近いように見えます。彼らが妊娠の前半を訪れたことがあるならば、おそらくあなたは心臓または泌尿器系の問題を抱えています。医者が急務です。

圧力上昇、尿分析の変化など、すでに説明した問題に他のものを追加することができます。時には症状がより深刻な病理学の発症 - おしゃぶり、腫れが体の内側に発生する状態のことを話す。入院治療が必要です。

しかし、あなたの場合、それが妊娠の徴候の1つに過ぎない場合は、自宅で対処することができます。ここにいくつかの簡単な方法があります:

  1. 時々それはただリラックスするために十分で、体を横にさせます。この場合、医師は、体液の流出を正常化するために、足を頭の真上に上げることをお勧めします。もう一つの快適な姿勢は横にあります。
  2. 一連の利尿薬、通常はかなり普通の腎臓茶を飲むが、妊娠中の女性には許可されているものを飲む。
  3. 水やその他の液体の使用を規制する通常、正しい飲酒計画は医者によってあなたのために処方されます。

妊娠している場合は、激しい運動をしてはいけません。そして、3学期目には明らかな腫れの症状が見られますので、あまり歩かないでください。落ち着いて、無理をせずに、自分自身と発展途上の子供に耳を傾けてください。そうすれば、すべてが順調に進みます。

手の腫れ
妊娠の後半に医師が指輪やブレスレットの着用をお勧めしないのは無駄ではありません。指や手の腫れは非常に急速に発生する可能性があるため、宝石類を取り外すことは単純に不可能であり、肌に衝突する可能性があります。したがって、そのような助言を無視しない方が良いでしょう。

したがって、妊娠中の手、手、指の腫れもまた魔法の状態を伴う非常に頻繁な症状です。時々非常に早く現れる、腫れは私たちの目の前で成長しています。用語の後半の特性、通常はさらにその終わりに向かって。その理由は足の腫れと同じで、時々これらの病気は対になっています。トラブルが通常の生活の流れを妨げるとどうなりますか?それでは、見ましょう。

  1. あなたの毎日の活動を多様化するようにしてください。多くの場合、コンピューターで作業している女性や編み物、その他の同様の種類の裁縫は、この問題に直面しています。四肢の単調な単調な活動は、腫れの原因となる体液の停滞があります。医者は体操をすること、手をこねること、そして強い病気を抱えていることをお勧めします。
  2. 体に不必要な負荷をかけないでください。妊娠 - そしてそれは深刻なテストです、それをさらに悪化させる必要はありません。そのため、重い荷物を運び、長時間手を挙げて持ち上げることはお勧めできません。体を休ませ、無理をしないでください。そうすれば浮腫は完全に避けられます。

この疾患は妊娠中は普通と考えられていますが、場合によっては非常に深刻な形で起こることもありますので、不安がある場合は専門家に相談するのが最善です。

顔の腫れ
そして最後に、顔。体のこの部分はまた腫れがよくあります。それらを避けるために、暑い天候で出かけたり、特別な体操をしたり、冷たい風呂やマッサージをしないようにしましょう。これらのヒントは普遍的です。それらは体のあらゆる部分の腫れを助けます。この病気が非常に心配な場合は、ドライアプリコット、利尿薬、リンゴンベリー茶を混ぜて飲んでください。

妊娠は赤ちゃんを待つ絶好の機会です。残念ながら、彼女は健康上の問題を伴うことが多く、あなたは母親になることを意図して、これに備えておく必要があります。しかし、9ヶ月が経ちます、そしてそれはすべて終わります。あなたがあなたの腕の中にあなたの息子や娘を連れて行くとき、すべての問題は忘れられているでしょう。