母乳育児中に入浴できますか?

入浴はどちらかというと心地よい運動であり、同時に、肌を清潔にするためだけでなく、心理的感情を変えるためにも役立つ運動です。結局のところ、水は体に良い効果があります:寒さ - 活力を与え、そして暖かい - リラックスするのに役立ちます。しかし、それが妊娠中の女性になると、それはお風呂が彼女の現在の状況にどのように影響するかは知られていません。間違いをしないように、この記事を読んでください。

入浴特典

風呂に入ったことのある人なら誰でも、この一見普通の運動が肉体的および精神的健康にプラスの効果をもたらすことを直接知っています。この手順は、体が弛緩を必要とし、心理的な健康を弛緩させる必要がある、困難な一日の後に行われます。この単純な職業の助けを借りて、人は回復し、リラックスすることができます。

しかし、この手順の有用性はそれだけではありません。お風呂に入ると、人の肌の毛穴が広がり、体から毒素を洗い流すのに役立ちます。皮膚の洗浄に加えて、血行が良くなります。肌は潤いとビロードのようになります。筋肉が弛緩し、体が緊張するようになります。

この手順では、女性はうつ病に対処するのがはるかに簡単になります。うつ病は出産後や感情的な混乱の後に必然的に追いつきます。

多くの医師は、若い母親が入浴できると主張していますが、浴室で過ごす時間と水温は非常に重要です。

母乳育児中に入浴するべきか

給餌期間中に入浴することについての専門家の意見は分けられた。古代の伝統に従い、自然な出産を好む人は、出産直後に入浴することに何の問題もないと考えています。しかし、医師はそのような単純な判断に違いはなく、この問題に非常に慎重に取り組みます。婦人科医は40-60日の配達の後にこれをすることを勧めません。そしてこれは、生まれつきの方法、自然に、あるいは帝王切開によるものではありません。

この理由は、出産時に拡張された産道があまり速く回復されないためです。そして、有害なバクテリアがそこにたどり着く可能性が高まります。特に現在の水道水の水質が望まれることを多く残しているので、その恐れは理解できます。あらゆる種類の微生物が女性の生殖器に侵入する可能性があるため、入浴は危険になります。さらに、子宮は依然として出血する可能性があり、これが今度は女性のリプロダクティブ・ヘルスに影響を与える炎症過程および合併症を引き起こす可能性がある。

事実だ! 40-60日後に女性は入浴することができます。この間に、子宮頸部が完全に回復して狭くなり、そしてまたその主要な保護機能を発揮し始めるからである。

別の理由でお風呂で時間を過ごすのは危険です。母乳育児中に、女性は涙でひび割れがあるかもしれません。そして、これらの傷を通して、若い母親に害を及ぼす可能性があるバクテリアを得ることもできます。

授乳中に入浴する方法

母乳育児中に入浴するときの理想的な水温は37度です。それは人体の温度に等しいので、この温度は最も快適です。受付時間は15〜20分を超えてはいけません。しかし同時に、女性の胸が常に水位より上にあるようにする必要があります。

しかし、この過程では例外があります。入浴技術は、高泌乳と診断された女性には禁忌です。お湯は血管を拡張させます、そしてそれはさらに多くの牛乳生産につながります。牛乳を大量に飲むことはできません。さらに、授乳の過程、さらには牛乳の圧搾過程もまた、牛乳のレベルの上昇につながります。乳房静止症、またはさらに悪いことには乳房炎は、上記の結果である可能性があります。そして、治療なしではもうできません。

女性が低レベルの牛乳生産に苦しんでいるときは、逆に温浴が女性の健康に良い影響を与えます。冷たい水の入ったお風呂では、元気を出すのに役立ちますので、アクティブな時間に合わせることができます。しかし授乳中は、8〜10分以上水に座ってはいけません。結局のところ、血管は強く狭くなり、これも体からの乳汁の除去に問題をもたらし、結果として乳房静止につながります。

通常の温かいまたは冷たい風呂の受付は女性に害を及ぼさないように、あなたはあなた自身の感情や専門家の勧告には細心の注意を払うべきです。小さな評議会でさえ、遵守しないと深刻な治療を必要とする病気につながる可能性があるためです。