母乳育児時に牛乳を飲むことは可能ですか?

通常、最初の出産後の若い女性は、授乳中の栄養のニュアンスについてあまり知りません。もちろん、親戚、知人、友人はこの問題について多くのアドバイスをします。これについては本や雑誌に多く書かれています。どんな医者でも栄養について自分の意見を持っています。授乳中の女性はどのように正しい食事を選ぶことができますか?最も一般的な製品の1つである牛乳について考えてみましょう。この期間中に使用することは可能ですか?結果はどうなりますか?

用途は何ですか?

一見したところ、出産後の女性が牛乳を飲むという事実に恐ろしいことは何もありません。結局のところ、牛乳の生産に牛乳自体を使用するよりも自然なことは何でしょうか。子供の頃から、私たちは別々にそして様々な料理の一部として製品を使用しています。それに、そして良いお粥、そしてオムレツ、そして他の多くの料理に。さらに、牛乳とその製品は多くの貴重な栄養素を含んでいます。カルシウムとマグネシウムは、妊娠と出産の後に疲れ果てて弱った女性の体にとって非常に必要です。これらの物質は、生まれたばかりで環境に慣れようとしている赤ちゃんにも役立ちます。したがって、この期間の牛乳の利点を過大評価するのは困難です。

便利なプロパティ:

  1. カルシウム 栄養補給期間中の女性にとって、この成分は特に重要です。それは女性の骨や歯の健康をサポートするのに役立ちます。赤ちゃんは強い骨の成長を確実にするためにも非常に必要です。
  2. ビタミンとミネラル この製品は、カルシウムとリンを含んでいるという理由だけではありません。それに含まれる全ての成分は理想的な比率であり、これは良好な吸収に寄与する。さらに、牛乳には他の成分が含まれているだけでなく、両方の生物に必要な多くの重要なビタミンも含まれています。
  3. リス 牛乳はそれらを大量に含んでいます。したがって、若い母親にとってこの製品を使用することは非常に有用です。結局のところ、彼らは全体の生物の組織のための主要な建築材料です。それは赤ちゃんにとって非常に重要です。さらに、最もよく吸収されるのは乳タンパク質です。
  4. 酸性度を下げます。 このプロダクトは酸度のレベルを減らすのを助け、また消化力のプロセスによい効果をもたらします。食物は母親と赤ちゃんの両方でよりよく消化されるでしょう。また、牛乳は中毒の場合には毒素を完全に取り除きます。
  5. 不眠症から救います。 牛乳が不眠症に役立つことは誰もが知っています。それは多くの副作用を持っている睡眠薬と比較して安全であるように、このツールはすべての年齢の人々が使うことができます。この製品は神経系に穏やかな効果をもたらします。人が眠りに落ちるのははるかに簡単です。

これらの有用な特性は、ミルクが授乳期間中の女性にとって非常に有用であることを示唆しています。この製品は入手可能で、消化に有益な効果をもたらし、必須の物質で体を飽和させます、それはそれを不可欠にします。しかし、他の製品と同様に、牛乳にはいくつかの特異点があり、それが合併症を引き起こす可能性があります。したがって、授乳期には慎重に使用する必要があります。

どんな害があるのでしょうか。

それは理想的にはビタミンと貴重な物質を組み合わせているので、誰もがこの製品が多くの利点をもたらすことを知っています。しかしこれにもかかわらず、科学者たちは人々がこの製品をまったく使用できるかどうかについて議論を続けています。知られているように、牛乳とその製品はしばしばアレルギー反応を引き起こします。

多くは乳糖含有量のために乳汁不耐症を持っています。体が異物としてそれを拒絶するので、これはそれからのミルクと製品を使うことを不可能にします。

牛乳に対するアレルギーはさまざまな形で現れます。これは、体や顔の発疹、消化器系疾患です。母乳育児中の女性は、家族の誰かが乳汁不耐症を持っている場合には乳汁を控えるべきです。子供がそれを継承する可能性が高いです。パン粉の弱体化は大人よりはるかに強く反応することができます。

赤ちゃんはどのようにアレルギーを示しますか

  1. 発赤と発疹が皮膚に現れ、それは剥がれ始めます。時にはそれはアトピー性皮膚炎を発症することさえあります。ほとんどの場合、小さな斑点、さらには蕁麻疹の斑点があります。
  2. 消化器疾患パン粉が始まることがあります:鼓腸、嘔吐、強い逆流。便が細すぎるか、逆に便秘が始まることがあります。
  3. 呼吸障害時々アレルギー反応は咳の鼻炎の形で起こることができます。パン粉での呼吸は困難な場合があります。

赤ちゃんがこれらの反応のうちの少なくとも1つを持っているならば、その時若い母親はすぐに牛乳の使用を放棄するべきです。女性が母乳育児をやめるまでは摂取できません。おそらく、この反応は、若い母親が以前に使用していた他の製品でも発生しました。しかし、あなたはリスクを冒すことはできません、それは牛乳を排除することをお勧めします。アレルギーが続く場合は、他の製品を観察する必要があります。アレルギーの原因が他の製品であるとわかった場合は、それを破棄してください。その後、もう一度牛乳を飲むことができます。しかし、これは午前中にのみ行われるべきです。反応を追うために投与量は非常に少なくなければなりません。

食事に入る方法

質問に答えるには - 女性がこの期間中に牛乳を使用することは可能です、それは母親と赤ちゃんのすべての個々の特性を知ることが必要です。これがなければ答えるのは難しいでしょう。この製品の使用を禁止することは間違っているでしょう、なぜならその使用は多くの栄養素の不足を埋めるのを助けるからです。これは体を支え、高価な薬を買うのを避けるのにも役立ちます。

パン粉を傷つけないように、若い母親は牛乳を飲むときにいくつかの基本的な規則を使用するべきです。彼らと知り合いましょう。

  1. 少量から始めてください。 最初にあなたは一杯のガラスから始める必要があります。しばらくしても反応が起こる可能性があるので、休憩は数日間続くはずです。子供の全身状態を注意深く観察することは重要です。便が薄くなったり頻繁になったりする場合は注意が必要です。それはまた、かぶれ、逆流、子が眠り始めることがあるかもしれません。そのような反応が起こったら、母は牛乳を飲むのをやめるべきです。数日待ってください。パン粉がもはや否定的な反応をしていない場合は、別のガラスを飲むことができます。いかなる場合も、製品の用量をすぐに増やすことは不可能です。
  2. 添加物として飲む。 ミルクは、例えばお茶に加えることができます。このようにして、あなたはこの製品に対するあなたの体の反応だけでなく、幼児の反応を確認することができます。少量の服用では、反応を数日待つ必要はありません。この量は重要な変更を引き起こすことができないので。しかし、そのような少量でも子供の反応が起こった場合、若い母親はこの製品を控えるべきです。
  3. 皿に加えなさい。 牛乳は多くの料理の構成要素です。このオプションは、若い母親が牛乳を飲み始めるのに適しています。オムレツを調理します。この形で製品を消費することによって、若い母親はアレルギー反応の危険性を減らします。しかし、それがまだ起こるかもしれないことを忘れないでください。したがって、パン粉の状態は非常に注意深く観察する必要があります。
  4. 別の方法を試してください。 専門家の中には、若い母親に牛だけでなくヤギのミルクを飲むように勧めている人もいます。それはより健康的な脂肪と少ないラクトースを持っています。ヤギのミルクを飲むと、アレルギー反応の可能性が低くなります。しかし食事療法のこのプロダクトを入れることはまた非常に注意するべきです。数日おきにコップ1杯飲んでください。

結果として、牛乳は確かに授乳中の母親と彼女のパン粉の体に多くの利益をもたらすと言えるでしょう。しかし、子供が否定的な反応をしている場合、それは授乳の全期間にわたって完全に放棄されなければならないでしょう。製品によって引き起こされる害は栄養素およびビタミンの莫大な量の存在さえ補償しません。

多くの女性は、特に彼女がいつもそれを飲むのに慣れているならば、製品を拒絶するのが非常に難しいと感じるでしょう。あなたは最初に彼の世話をする必要があるのでしかし、それはパン粉の健康のために行われなければならないでしょう。