妊娠中のキッセル - 利点と害

治療目的および予防目的に推奨される最も一般的な飲み物の1つはキッセルです。これは、医療機関、産科病院のメニューにこの製品が存在することによって確認されます。

スイバ、パンクワス、ニンジン、チョコレートなど、さまざまな材料を使ったゼリーの作り方がたくさんあります。準備の古典的な方法は、果実、果物、時には穀物、牛乳の使用です。通常使用されるポテトまたはコーンスターチを増粘するために、飲み物は一貫性が異なるかもしれません。

ゼリーの有用な性質

キッセルの良い効果は、例えば、果実や果物、牛乳などの成分によって異なります。飲み物は、澱粉に含まれる物質だけでなく、ベース自体の利点も兼ね備えています。ゼリーのおおよその組成は次のように考えられています。

  • ビタミンB1、B2、B5、PP;
  • ミネラル物質、主にカリウムです。
  • リジンを含むアミノ酸、ならびにコリン、レシチン、ペクチン。

上記の化合物に加えて、ビタミンおよびベースから様々な等しく有用な物質が添加される。それはベリー、フルーツ、シリアルまたは他の何でしょうか。それが、ゼリーの各タイプが異なる目的のためにデザインされることができる理由であり、そして妊婦は飲み物の味を選ぶときこれについて知っていなければなりません。

妊娠中のゼリーの使用は何ですか
ゼリーの組成に応じて、その有用な特性はさまざまな形で現れます。将来の母親と赤ちゃんの状態に飲み物が与える可能性のあるプラスの影響を条件付きで組み合わせると、次の特性を区別できます。

  1. 特に高い酸度、既存の胃炎、潰瘍を伴う正常な胃腸管の維持。包む能力は痛み、不快感を軽減するのに役立ちます。
  2. 嚥下障害の予防、便秘を伴う腸の自然な刺激。
  3. ウイルスの流行、風邪などの免疫を維持する。
  4. ARVIとARIの治療
  5. 圧力の正常化、心臓および血管系全体の機能に対するプラスの効果。
  6. 損傷を含む粘膜組織の修復、口の潰瘍。
  7. 貧血の予防、ヘモグロビンの増加。
  8. コレステロール値、肝機能の制御
  9. ホルモンレベルの調節、甲状腺機能。
  10. 将来の乳児の適切な発達に必要なビタミン、ミネラル、その他の化合物の不足を補う。
  11. 神経系の正常化、心を落ち着かせる効果。
  12. わずかな利尿作用を伴う有害化合物の除去

妊娠中のゼリーの利点は、成分の調製に使用される飲酒の規則性によって異なります。それは、主な前向きな性質だけでなく、妊娠中の母親が排除しなければならない可能性のある害にも左右される組成です。

妊娠中の有害なゼリー

この飲み物には天然成分しか含まれていないので、キッセルの使用には特別な制限はありません。ただし、この製品を使用する前に妊娠中の女性から除外されるべき禁忌の特定のリストがあります:

  1. アレルギー反応 めったに遭遇せず、主に飲み物の基礎に対する不寛容と関連しています、例えば、果実、果物。工業生産のキセルを構成する要素に対する反応もあります。
  2. 砂糖を増やしました。 そのような場合、あなたは甘い材料を除外するレシピを選ぶことができます。
  3. 太りすぎまたはスピードダイヤル。 この指標は妊娠中に非常に重要であり、ゼリーはその高カロリー含有量のために、体重増加に寄与し得る。

あなたが飲み物の準備と使用の規則に従えば、害は完全に排除することができます。

ゼリーの飲み方

Загрузка...

ゼリーを飲むことのプラスの効果は異なる場合があります、それはすべてレシピ、望ましい結果によります。いずれにせよ、おいしいと健康的な製品は独立して準備される必要があります、するのは簡単です、そして、妊婦にとってそれは既製の混合物を購入するより安全です。

妊娠中に特定の利益のためにゼリーを飲むためには、構成に焦点を当てる必要があります。飲み物の最も一般的な種類とそれらの体へのプラス効果を識別することができます。

  1. クランベリーとリンゴンベリー。飲み物は風邪を治療するのに適しています、ウイルス流行の場合には、リンゴンベリーは泌尿生殖器系の問題の状態を改善するのに特に有用です。
  2. 妊娠中に視力が低下した場合は、疲労感、疲労感がありますので、ブルーベリードリンクを試すことができます。
  3. 消化管、便秘、摂食障害の予防に関する問題 - シリアルキッスル、オートミール。
  4. 低ヘモグロビンを防ぐために、チェリーとアップルのゼリースーツ。そのような飲料は葉酸が豊富であり、その欠如は妊娠中は非常に望ましくない。
  5. 乳製品はカルシウム摂取を促進します。

妊娠中の女性は別のゼリーを交替することができますが、1日あたりの推定1-2メガネを超えないでください。アレルギー反応が起こるならば、すぐに体重が増えます、そしてそれからそれは一時的にこの飲み物を除外するのが良いです。

不快な状況を避けるために、ゼリーは数日間調理する必要はありません、それは新鮮な料理をして冷蔵庫に保存することをお勧めします。それが果物、果実または野菜であるならば、飲み物のための原料は損なわれないで、急襲と腐敗なしで選ばれるべきです。製品中に高いデンプン含有量が存在しないように、平均的な粘稠度で適度に甘い品種を優先することが賢明である。

妊娠中の本当に有用なキッセルは、適度にそして禁忌の排除の後にだけ使われる天然成分から自家製です。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...