トマトBystrenok - 品種の説明と特徴

最近ブリーダーを育てたトマトの品種がたくさんあります。しかし、ハイブリッドが最も注目を集めています。それらは極端な温度に十分適応しており、病気に強く抵抗し、そして大きくておいしい収穫を与えます。この記事では、選択ハイブリッド種の1つについて説明します。

特徴的な

F1高速 - ハイブリッド。播種後85〜100日で、すぐに成熟します。それは野外でよく育ちます。ポリカーボネートやガラス製の温室でも、あまり天候に恵まれず、あまり暖かくない夏や晴れの少ない日に植えることもできます。

トマトは、決定要因となる小型の種に属します。最大植物成長は80センチメートルを超えません。果物の急速な熟成は夏の初めに収穫することを可能にします。成長と熟成の間、植物ガーターが必要です、さもなければ茎は落下して果物に感染する可能性があるだけでなく、枝の破損。低木は3つの茎で形成されるべきです、残りのプロセスは削除されます。

特徴

  • トマトはきれいな丸みを帯びた形をしています。
  • 外側はホットピンク、内側は薄い。
  • はっきりとしたトマトの風味があります。
  • 各ブッシュからの高収率。
  • 結実の良い卵巣の平等な形成。
  • 地域の不安定な状況への適応。
  • 一般的な病気に対する十分な保護。
  • 疫病の発生前に熟します。

播種と苗

播種したトマトは、地面への移動を計画する2ヶ月以内にする必要があります。つまり、3月中旬または終わりです。種子は1〜1.5センチメートル以上の溝または窪みに植えられます。種を地面に分配する前に、それはいくらかの暖かい水を流す必要があります。各種子は少なくとも2センチメートルの距離に配置する必要があります。彼らが乾燥した土をふりかけた後。しばらくすると、2本目の葉が茎の上に形成され、根系をさらに形成するために別の容器に入れると、トマトは飛び込みます。トマトを地面に移植する前にそのようなガラスや鍋の後にそれを切ることは便利です。 50日後、植物は、温室への、そして野外への移植の準備ができています - 発芽の80日後。

同じ土壌に毎年文化を植えることはできません。ニンジン、ディル、パセリ:あなたは新しい地面または他の野菜の後に使用する必要があります。あなたはズッキーニ、ジャガイモとピーマンの成長後に土壌に植えることはできません。

オープングラウンドでは、植物は70×40センチメートルの計画に従って植えられています。低木の形成や植物のさらなる処理を妨げないように、1平方メートルあたり最大5本の苗木が配置されます。

steponsを削除します。


steponsは削除する必要があります、それは後で彼らの枝を形成し、茎を形成し、成長させるために、そしてトマトを熟成させるために、植物から力を得ることができます。プロセスが見えるようになり次第、すぐに放牧する必要があります。継子が7センチメートルのサイズを超えている場合、それは残されており、分割されていません。あなたがそのような大きなプロセスを取り除くならば、それは植物に損害を与えることができて、そしてそれは傷つき始めます。

摂食とケア

作物が成長するにつれて、肥料を緩めて適時に施用することが必要です。

  1. 定期的に火鉢や焚き火などの安全な鉄製容器を使って植物を燻蒸することが重要です。したがって、多くのトマトに共通する多くの病気を予防することができます。
  2. 疫病発生の可能性がある期間が始まる前に、病気を防ぐために熟した果物でさえも治療することが重要です。
  3. 昆虫やナメクジの予防も重要です。これを行うには、土に灰を追加します。
  4. 午前中は根元から約23度の暖かい水で水やりが行われます。その後、乾燥した土を少し湿った場所にふりかける必要があります。
  5. 一定の土壌マルチにより、ブッシュは成長し、おいしい香りのよい果物を間に合うように生産することができます。
  6. 窒素とカリウムで肥沃にすることは卵巣の数を増やしそして野菜をよく熟成させるのにも役立つでしょう。

フルーツ

1つの果物の重さは平均110から120グラムです。時には非常に大きな果物がある - 最大180グラム。ほとんど割れない。トマトはとてもデリケートです。肌が薄いです。サマーサラダを作るのに適しています。ソース、ケチャップ、レチョーはそれから作られています。野菜の煮込みやキャビアの調理に使用されます。個々にそして早い種類のきゅうりと共にピクルスにするのに適しています。輸送は店舗や市場でのさらなる販売のために可能です。

プロやアマチュアのあらゆるブランドにとって、Rapid F1は天の恵みです。早熟、よい収穫、気象条件への適応性、病気への抵抗力は、この品種を育てるための優れた品質です。