コケモモの葉の利点は何ですか?

煎じ薬、チンキ剤、ハーブティーの一部であるため、コケモモの果実と葉は民間療法で長い間使用されてきました。豊富な構成はあなたが免疫力を高めることから体のビタミンリザーブを補給することまで、様々な方向でそれを使うことを可能にします。こんな小さなシートにこんなにたくさんの有用な物質があるとは信じられません。

大きな利益を伴うささやかなブッシュ

文字通り、植物の名前は「マウントアイダからのつる」として翻訳されています。彼女は自分の外見にはほとんど似ていませんが、大きく縮小された形を除いて。それはまた、幹に沿って巻いたり、地面に沿って広がったりしますが、その枝を支えるに値するサポートを見つけることはできません。低木の高さは10 - 20 cmを超えず、小さな革のような濃い緑色の葉が交互に配置されています。それらは興味深い特性を持っています:シートの下面は小さな点線のくぼみで覆われています、それらの中の粘液物質は初めて水を吸収して貯えることができます。リンゴンベリーブッシュはブラシで集まった小さな白い花で咲き、それは最終的に濃い赤の小さな果実に変わります。彼らの熟成期間は8月 - 9月です。果物が凍っていると、それらは柔らかく、水っぽくなり、そして収集および輸送には不適当になる。植物の葉は気温の変化に対してはるかに耐性があり、雪の中でも緑色になります。

リンゴンベリーは、針葉樹、落葉樹、混交林、ツンドラ、高山草原で育ち、湿気の多い湿気の多い場所を好みます。そのような条件で生き残るために、栄養を植物の根に伝達する、真菌の菌糸体との自然な共生が作り出されました。

酸っぱい甘い味、適切な収集と貯蔵でプレゼンテーションを長期間保存する能力、豊富な組成は、リンゴンベリーが自然条件で収穫されるだけでなく、特別なプランテーションで栽培されるという事実につながりました。

彼らはロシア、フィンランド、アメリカ、ポーランド、スウェーデン、ベラルーシにいます。自然条件と比較して、栽培中の収量は20倍増加します。

植物は、果実、葉、若い芽のほとんどすべての部分を使用しています。ジャム、フルーツドリンク、ジャム、ジャムは果実から作られ、キャンディーボールとキャンディーは作られます。医学では、主に葉や苗条が使われています。

リンゴンベリーの葉の組成と利点

植物にブロスおよび注入の強さを与えるためには、原料は適切に集められ、準備される必要があります。葉を集めるために、開花の前と果実を摘んだ後の秋の日の間に春が与えられます。収穫のために、乾燥した端のない無傷の葉、さらには着色を選択してください。乾燥は、換気の良い日陰の乾燥した場所で行われます。これらの条件下でのみ、有用な物質は残ります、そしてそれらの多くがあります:

  • フェノグリコシド。
  • タンニン
  • ウルソル酸、キナ酸、酒石酸、ガリウム酸を含む酸。
  • アルブチン
  • フラボノイド
  • グループBおよびCのビタミン
  • マクロ栄養素と微量栄養素

規則に従って収穫された葉は、強い消毒作用、利尿作用、抗炎症作用、胆汁分泌促進作用を示します。さらに、フォークレシピは、栄養血管ジストニアやさまざまな身体システムの働きにおける他の混乱のためのリンゴンベリーを勧めています。

  1. それらは、免疫力を高め、風邪を防ぎ、インフルエンザの流行中に体を支えるためにコレクションで使用されます。
  2. 容易に同化できる蛋白質は厳しい食事療法を去るとき手術の後で深刻な病気を回復するのを助けます。
  3. ブロスのローションと葉の抽出物は皮膚の炎症を和らげます。
  4. 鎮静効果は、睡眠障害のある人、多動の子供、不眠症を患っている高齢者に必要です。
  5. リンゴンベリーの葉および果実の手段の定期的な使用は圧力を安定させ、血管のけいれんを和らげます。
  6. 利尿作用により、腎臓の働きを安定させ、浮腫を取り除き、水と塩のバランスを保つことができます。
  7. 寒さで、暖かいブロスは穏やかに温度を下げ、寒さの感覚を排除し、関節の痛みを和らげます。
  8. 注入は寄生虫の体から排出されます。
  9. 葉からの抽出物は黄色ブドウ球菌の繁殖を阻止します。
  10. 石、砂、塩を柔らかくしてダクトから取り除きます。
  11. 受講はヘモグロビンのパフォーマンスを向上させます。
  12. 男性は性機能を維持し、前立腺炎を予防する方法の1つとして輸液およびフルーツドリンクを採用するべきです。
  13. 糖尿病では、葉の煎じ汁がお茶の代わりになり、血糖値を下げ、それを常に低い割合で維持します。

重要:リンゴンベリーの葉の強度は大きいので、それは厳密に煎じ薬と地殻の準備の割合を観察する必要があります、投与量と入場の時間のための勧告に従ってください。たとえば、乾燥した葉を抽出すると、不適切に使用すると中毒を引き起こす可能性があります。

禁忌


この有用な植物の使用には多くの制限があります。主な原因は、窒息、皮膚の発疹、かゆみを伴うアレルギーであると考えられています。この場合、あなたは代替の選択肢のために伝統的な薬の大箱を調べなければならないでしょう。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性腎不全、低血圧、慢性便秘、および消化管の異常の既往がある場合、リンゴンベリーの葉をいかなる形でも使用することは推奨されません。子供たちも、葉の煎じ薬を与えてはいけません、それはお菓子やベリー醸造でそれらを扱う方が良いです。それは同様の特性を有し、それはより美味しくそしてより少ない酸を有する。

使用に関する推奨事項

各ツールには独自の微妙な点があります。リンゴンベリーの葉も例外ではありません。それは継続的に食事療法に導入されるべきではありません、なぜならそれはそれが液体のバランスを混乱させそして心臓への負荷を増加させることができるほど体から体を体から排出するからです。通常、10日間計算されたコースで目的の効果を達成するのに十分です。その後、約30 - 60日の休憩が必要です。

あなたが始める前に、あなたは医者に相談し、生物の個々の特性に基づいて最適な投与量について助言するべきです。

妊娠中は、ビタミン、ミクロおよびマクロ元素の量が増加しました。彼らはリンゴンベリーの葉の手段で存在しています。しかし、あなたはその事件に頼るべきではないので、あなたはいつも受付の前に医者に知らせてこの救済の恩恵について相談するべきです。

それは覚えておくべきです:副作用はカルシウムの浸出を促進するので、あなたは食事療法を再考し、この元素を含む製品の使用を増やすべきです。

人気のレシピ

ほとんどの場合、リンゴンベリーの葉は、免疫システムを強化する手段として使用されています。これを行うには、1カップの熱湯で2杯の大さじを注ぐ。葉のスプーンと25〜30分間水浴中に保管した。冷却しそして濾過したブロスに沸騰水を250mlまで補充する。量は60 - 70 mlを受け取るように設計されています。日中それは一日以上のために保存されていないので、スープは毎日準備する必要があります。

お茶は消化器系の正常化に役立ちます。それは大さじ1から用意されています。 1カップの熱湯用ボート原材料。タオルの下に注入し、一日中飲んでいます。

狭心症(口腔の病気、出血する歯茎の増加)ですすぐために、水浴で葉の煎じ薬を調製し、20分間浸します。濾過して得られた液体は2〜3時間後にすすぎを行う。

病気の場合は、すぐに高価な薬を飲まないでください。薬用植物を使用する簡単な方法は効果的に症状を軽減し、害を及ぼすことはありません。