妊娠中のイチゴ - 利点と害

子供のころから私たちはみんなイチゴが大好きです。熟したジューシーなフルーツは私たちを年に数ヶ月しか幸せにしませんが、それはビタミンやミネラルで体を豊かにすることに成功しています。

残念ながら、このおいしいベリーは皆のためではありません。今まで、医師は妊娠中のイチゴの利点に異議を唱えていました。濃縮果実は、将来の母親と子供の健康に悪影響を及ぼす可能性がある多くの抽出物と酸を含んでいます。

そのため、果実を食べる前に、腎臓や排泄システムで検査を受けるために、医師やアレルギー専門医に相談しなければなりません。

化学組成

庭からの小さな果実はビタミンと有機酸の貴重な源です。その組成は最も高価な合成薬をうらやましいでしょう:

  • 単糖類および二糖類。
  • グループA、B、C、PP、Eのビタミン、ならびにビオチン。
  • ペクチン
  • アントシアニン
  • フラボノイド(クエルシトリン、ケルセチンなど)。
  • なめし成分
  • エッセンシャルオイル
  • 必須アミノ酸(ロイシン、リジン、メチオニン、バリン、トリプトファンなど)
  • 抗酸化剤(プロシアニジン、アントシアニン、カテキンなど)。
  • 必須アミノ酸(アルギニン、チロシン、アラニン、アスパラギン酸、グルタミンなど)
  • 主要栄養素(カルシウム、硫黄、塩素、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど)。
  • 食物繊維
  • ポリ不飽和​​酸(ω− 3)。
  • でんぷん
  • 灰。

有機酸(サリチル酸、リン酸、グリコール酸、クエン酸、キナ酸、リンゴ酸、コハク酸、シュウ酸など)。

微量元素(鉄、コバルト、亜鉛、マンガン、ヨウ素、銅、クロム、フッ素、バナジウム、ホウ素、モリブデンなど)

豊富な成分と糖分にもかかわらず、イチゴのカロリー量は低いままです - 100 gあたり41 kcal。

妊娠中のイチゴの利点

ビタミンAまたはベータカロチンは、視覚器官、胚の網膜、および視覚色素(ロドプシン)の発生に関与しています。それはまた将来の母親の視力をサポートし、肌と髪の状態を改善します。

アスコルビン酸はイチゴに過剰に含まれています。ほんの少しのベリーのものが強い免疫力と風邪に対する良い抵抗を提供して、ビタミンの毎日の必要性を満たします。また、コンポーネントは損傷から組織を保護し、鉄の吸収を促進します。

ビタミンEは、胎盤の完全な発達とそこでの妊娠循環の調節に必要です。それはまた組織、粘膜表面の形成および再生を提供する。直接ビタミンは脂質代謝に関与し、それによってコレステロール細胞の蓄積を防ぎます。それは赤血球の生産を刺激し、性腺の分泌機能および妊娠を支えるホルモンの生産に影響を与えます。

グループBのビタミンは胎児の神経管を産み、そこから脳が発達します。彼らはまた、子供の内臓の発達、彼の完全な成長にも影響を与えます。マグネシウムとの組み合わせで将来のお母さんのビタミンは気分のむら、神経質さと過敏性、不安、不安に対して保護します。

食物繊維はペクチンと一緒になって毒素、フリーラジカル、スラグ、金属塩および代謝物の体を浄化します。繊維のおかげで、胃や腸は運動性を回復し、消化器系の問題(慢性の便秘や下痢)を防ぎます。

カルシウムは、リンと一緒になって、赤ちゃんの筋骨格系の形成、妊婦の骨および軟骨組織の枯渇の予防を確実にし、分娩中の骨折および脱臼の危険性を減少させる。カルシウムは、乳児の歯を産むことを可能にし、妊婦のエナメル質を破壊から守り、保護します。

カリウムは心筋の収縮を刺激し、それによって血流と血圧を間接的に調節します。多量栄養素はまた他の内臓の機能を保障し、体の酸度および水塩のバランスを維持する。

マグネシウムは妊娠中の感情的な背景を安定させ、安らかで長持ちする睡眠をもたらします。それはまた血の凝固を刺激し、心臓のリズムと圧力に影響を与えます。

食品からヨウ素を得ることは非常に困難であり、将来の母子もそれを必要としています。それは胚の脳、心臓および生殖器の形成を提供します。そして将来の母親のために、微量元素は内分泌系に責任があります。ヨウ素欠乏症は、疲労感の増加、集中力の低下、外観の悪化(脱毛、脆い爪など)の形で現れます。

硫黄は代謝に関与し、インスリンと胆汁の分泌を調節します。

イチゴの組成の銅は内分泌腺(副腎、甲状腺)の働きを制御します。それはまた脳から内臓への神経インパルスの伝達にも影響を与えます。将来の母親にとって、銅はストレッチマークを防ぐために重要です。

鉄は体に酸素を細胞に輸送するヘモグロビンを供給します。妊娠中の女性の鉄欠乏性貧血は、早産、子供の体重不足、その他の病状につながります。

亜鉛は、「健康な」遺伝情報の伝達を促進し、酵素やホルモンの生産に関与し、胚の突然変異や病理のリスクを軽減します。

アミノ酸は筋肉組織の一部であり、出産後の裂けや伸びを防ぎます。リジンはホルモン、酵素および抗体の生産に関与しています。トリプトファンはセロトニンの分泌をもたらし、気分を高め、幸福を高め、神経系を落ち着かせます。交換可能な酸性セリンは製品からの鉄の吸収を促進し、そしてグルタミン酸はタンパク質の生産を提供する。

医師は妊娠中の女性に以下の目的でイチゴを使用するよう勧めます。

  • 体から過剰な水分を排出し、腫れを取り除きます。
  • 慢性便秘における消化の正常化。
  • 中毒を伴う食欲の改善
  • 快適な血圧降下
  • わずかな利尿作用による腎臓の洗浄。
  • ストレスや不眠の間に神経系を落ち着かせる。
  • 止血システムを強化し、血栓症、静脈瘤の形成を防止します。

疾病予防:貧血、妊娠糖尿病、胎​​児低酸素症、脚気、痔核、子宮出血。

いちご害

Загрузка...

多くの医師は、いくつかの理由で妊娠中の果実を食べることに懐疑的です。

  1. イチゴに豊富に含まれている有機酸は、胃の酸性度を高め、粘液組織の損傷につながります。使用の結果、胃炎または潰瘍の悪化、大腸炎、ならびにガス形成の増加、下痢が起こり得る。
  2. 抗酸化物質とビタミンCの含有量が高いため、イチゴは最も強い食品アレルゲンの1つです。妊娠中、血管浮腫までの急性反応があります。 22週目以降、子供の免疫力はアレルゲンの影響を受けやすくなります。したがって、いちごに対する個々の反応は新生児のアトピー性皮膚炎になります。
  3. ベリートーンと筋肉を強化しますが、乱用すると、彼らは彼らの緊張を高めることができます。これが子宮の筋肉に起こると、流産や早産の可能性が高くなります。
  4. 胎児の組成中のシュウ酸は、カルシウムの正常な吸収を妨げます。それはまた塩やエステルの形で体内に定着します。このように、結石は腎臓、膀胱および排泄経路に形成されます。
  5. 小さな骨、種子はスラグの形で体内に蓄積し、敏感な腸粘膜を傷つけます。
  6. 市場に出ている果実の大部分は、赤ちゃんに非常に有害な農薬、硝酸塩、および他の化学物質を含んでいます。初期のイチゴは硝酸塩の助けを借りて「加速」され、それらはニトロフェンで害虫から保護されています。輸入果物は食欲をそそる外観と長期保存を維持するためにジフェニルで処理されます。

栄養士は、妊娠中の女性に最適な投与量は1週間に3回の投与につき約12個と考えています。つまり、一度に4つ以上の果実を食べることは望ましくありません。空腹時に果実を食べたり、発酵乳製品(ヨーグルト、クリーム、サワークリームなど)と組み合わせることは禁止されています。

もちろん、とてもおいしい果実を食べるのを控えるのは難しいです。欲求があれば、それから庭からのいちごを食べることを試みなさい、最初に徹底的に水に浸した。酸っぱい果実の乱用は深刻な摂食障害や急性アレルギーを引き起こす可能性があることを忘れないでください。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...