体に有用な小麦シリアルは何ですか?

お粥はさまざまな原料から作られていますが、そのうちの1つは小麦粉です。その源はデューラムコムギであり、これは不完全な粉砕および破砕を受ける。小麦のお粥は美味しくて栄養があるだけでなく、多くの有用な性質を持っています。

製品の組成とカロリー量

穀物の成分による小麦穀物の有用な性質以下の要素が含まれます。

  • ビタミンE、K、PP。
  • ビタミンB - チアミン、パントテン酸、コリン、リボフラビン。
  • セレン
  • りん;
  • マグネシウム。
  • カリウム
  • カルシウム
  • ナトリウム

カロリー100グラムの小麦シリアルは329キロカロリーです。同程度の量の製品が次のものを占めています。

  • タンパク質11g。
  • 1、2グラムの脂肪。
  • 炭水化物68.5 g。
  • 食物繊維4.5g。
  • 灰0.7 g。
  • 14 gの水。

小麦ひき割り穀物はまた20以上の必須および非必須アミノ酸、オメガ3およびオメガ6を含む飽和および不飽和脂肪酸を含んでいます。

小麦のお粥の利点

そこから小麦穀物粥の組成中のさまざまな要素のために、次の有用な特性を持っています:

  • 免疫保護を強化する、体の一般的な強化。
  • 消化管の改善
  • 血中コレステロールの正常化
  • 視力を改善し、網膜を強化する。
  • 神経系の正常化、脳活動の改善
  • 血栓症の予防
  • 毒素、スラグ、重金属塩の除去を促進する。
  • 血圧の正常化
  • 代謝過程の調節
  • 血糖値の正規化
  • 肌、髪、爪の改善。

小麦ひき割り穀物には炭水化物が多く含まれているため、そこからのお粥の使用は体にエネルギーを供給します。皿の有益な特性はまたそれを作るのに使用することができる他の原料と関連して考慮されるべきです:

  1. 牛乳を強化する骨や歯、消化管や神経系へのプラスの効果、心血管疾患や腫瘍学のリスクを減らす。
  2. 蜂蜜 - 免疫システムの強化、風邪などの病気の予防、物質代謝の正常化、腸へのプラス効果。
  3. バター - 胃腸管に良いエネルギー源で、細胞の再生を確実にします。
  4. フルーツとベリー - ビタミンと他の有用な要素の塊の源、免疫システムを強化します。

小麦のお粥は朝に食べるのがいいです。それはカロリーがかなり高いですが、日中は誰にも必要なエネルギーの備蓄を提供します。夕食時には、小麦のお粥も食べることができますが、その場合は身体活動や長い散歩ツアーを計画しています。

考えられる害と禁忌

小麦のお粥は非常に便利な料理ですが、すべての人がそれを使用できるわけではありません。そのような製品は個々のグルテン不耐症と共に捨てられるべきです。それに対するアレルギーは幼児でより一般的です、なぜならそれは食事中の新しい料理の段階的な導入について覚えていて、そして彼らへの反応を制御することが重要であるからです。

次のような場合にも、小麦のお粥の使用はお勧めできません。

  • 胃の酸性度の低下
  • 消化性潰瘍
  • 膨満感、鼓腸。
  • 腹部手術後。

低品質の製品がその製造に使用されている場合、小麦のお粥は有害になる可能性があります。それは甘やかされて育った粗粒やサワーミルクかもしれません。

小麦のお粥は非常に健康的な料理ですが、あなたはそれを乱用してはいけません。どんな人の食事でもバランスが取れている必要があり、体の必要な要素すべてを受け取っても1つの製品しか提供できません。他の穀物はお粥を作るのに使用されます、従ってそれらを代わりにするべきです。これはまたあなたの食事療法を多様化することをそれが楽しいものにするでしょう。

健康的な小麦粥レシピ


この料理はさまざまな方法で準備できます。小麦穀物に加えて、液体がベースとして必要です。それは水、牛乳、スープです。液体の量に応じて、お粥は液体、粘性または濃いことがあります。次のレシピのいずれかを使って、小麦シリアルの健康的な食事を作ることができます。

  1. 水の上のお粥。 それは別の皿としてまたはおかずとして使用することができます。ひき割り穀物と水は1:2の割合で摂取する必要があります。原材料は、最初に数回の海水で洗ってから冷たい水を入れて火にかけなければなりません。沸騰した後それを減らし、定期的なかき混ぜることを忘れないで、さらに15〜20分調理する。調理の終わりにお粥を塩漬けする。あなたがそれを別の皿として使うならば、あなたは味に砂糖を加えることができます。ミートスープを使用するのが良い料理を飾るために。
  2. 牛乳とお粥。 それをするためには、グリットも数水で洗わなければなりません。牛乳は三重に服用する必要があります。水と半分に混ぜることができます。牛乳は煮て、それから味に小麦粉、塩、砂糖を加えてください。沸騰したら、弱火にして蓋の下に40分間粥を煮込みます。かき混ぜる必要はありませんが、調理には厚い壁のある鍋を選んでください。
  3. オーブンでお粥。 以前は、最もおいしい料理はオーブンで調理することによって調製されていましたが、今日ではほとんどの人にとって標準的なオーブンしか利用できません。お粥を作るには、シリアルをよくすすいで、壁の高い形にしてから、牛乳、塩、砂糖を4回加えて味わえます。皿を200℃に予熱したオーブンに入れ、1.5時間煮込む。完成料理は食欲をそそる地殻を持つことになります。

おかずとして、小麦のお粥は様々な野菜やきのこと混ぜることができます。選択された成分は別々に揚げるか煮込むこと、そしてバルクと混ぜ合わせることをお勧めします。あなたは肉や鶏肉と料理を調理することができます。

昨日の厚いお粥からはチョップが作れます。これには、卵と少量のセモリナを加え、すべてを混ぜ合わせてビットを形成する必要があります。野菜やバターを使って熱いフライパンで炒めます。

独立した料理として、小麦のお粥はバターで味付けすることができます。砂糖は蜂蜜、果物、果実と置き換えるのに役立ちます。

ダイエット小麦シリアル

この料理は減量のための食事療法の食事療法に含まれることができます。この場合、シリアルは水で調理する必要があります。砂糖を加えることは除外され、塩もまた望ましくない。果物、果実、ドライフルーツは添加物として許可されています。

小麦のお粥は急速な飽和、エネルギー供給を提供し、代謝と消化過程を正常化します。この料理は朝だけ食べなければならない。禁忌がない場合は、小麦のお粥を食事の基礎として使用することが許可されていますが、1週間以内です。さらに、低脂肪カッテージチーズ、あらゆる野菜(ポテトを除く)、植物油を使用することができます。

子供のための便利な小麦粥

それがうまくお粥とそばを導入する前に、この料理で子供の食事は9ヶ月齢であっても変更することができます。最初は、子供は水だけで小麦のお粥を沸かすことができます。完成した皿は液体の粘稠度を持つべきです。

子供たちはスパイスなしで小麦のお粥を与えます。子供がすでにそれらに精通していて、よく反応するならば、あなたはそれに様々な果物、果実、蜂蜜を加えることができます。

初めて十分な小さじ1麦のお粥。子供は昼食前に与えられなければならない。負の反応がない場合には、その部分を徐々に増やすことができる。小麦のお粥は、子供の食事で週に1〜2回現れることがあります。

健康的なお粥のために穀物を選ぶ方法は?

小麦ひき割り穀物はほとんどすべての食料品店で見つけることができます。製品の外観は、それが透明なパッケージに入っている場合にのみ評価することができます。クループは乾燥していなければなりません - 固まった塊の存在は、その不適切な保管を示しています。原料の色は異なります - 濃い黄色から灰褐色まで。製品のかび、かび、不快な臭いを避けてください。

購入するときは、シリアルの製造日とその有効期間に注意を払う必要があります。この情報は、包装の種類にかかわらず必須です。

小麦ひき割り穀物にはさまざまな種類があります - ArtekとPoltava。前者の場合、穀物の製造により適しているため、原料はより小さくなります。それは通常おかずに使用されるため、ポルタバ穀物は、大きいです。

ブルグアは時々小麦ひき割り穀物の品種とも呼ばれます。それを作るために、小麦は熱湯で処理され、乾燥されて粉砕されます。完成した原材料は子供や食事の栄養にも使われます。

もう一つの選択肢はArnautkaです。そのような穀物のためにArnautsky小麦品種を使用しました。原材料は高品質ですが、どこからでも購入することができます。

小麦シリアルの適切な保管

適切な原材料を選択するだけでなく、それを適切に保管することも重要です。適切に保存されたシリアルはその味と有益な特性を保持します。

製造業者がより長い期間を示していても、10〜12ヶ月以上製品を保管することはお勧めできません。小麦ひき割り穀物がそれらの有益な特性を保持するためには、その保管のために乾燥した換気の良い場所を選ぶべきです。蓋を閉めてガラス容器に原材料を保管することをお勧めします。クループのバグのリスクを減らすために、あなたはそれとともに瓶の中にベイリーフを置くことができます。

小麦のお粥は、さまざまなビタミンや人体に必要なその他の要素を含む健康的な料理です。最大限の利益を得るには、高品質の原材料を選び、それを適切に保管することが重要です。あなたはさまざまな方法で健康的な小麦のお粥を準備することができ、さまざまな添加物を使用すると、料理を多様化させることができます。