ワクチン接種後に犬を洗うことはできますか?

子犬を育てることは、特に彼の健康に関しては、必要なことがたくさんあります。計画的な予防接種は、しばしば致命的な病気を回避するのに役立ちます。たとえペットがウイルスに感染したとしても、身体はすでに必要な抗体を開発しており、攻撃者との本格的な戦いの準備ができています。主なことは予防接種後の犬の世話のための勧告に従うことです。

予防接種と制限

人間と同様に、犬には強制的な予防接種があります。それは犬の状態に左右されません。そして、ポケットモプシクとモスクワウォッチドッグも同様に傷つけたくありません。飼い主の義務は、予防接種を受けるために獣医師にタイムリーに訪問することです。

予防接種の本質は、ペットの健康に深刻な脅威となることのない弱毒株の体内への導入です。外部からの侵入の後には、病原菌を抑制する抗体の産生という形で反応が続きます。この反応は長期間持続し、その間犬は感染を恐れていません。しかし、予防接種は不便でいっぱいです。これらは、犬の体が著しく弱体化し、それが注意と注意を必要とする回復期間を含みます。特に慎重にあなたは動物の世話のための獣医師の勧告に耳を傾けるべきです。

ほとんどの場合、数日間水泳を禁止する必要があります。これに驚くべきことは何もない、犬は必要なときにだけ健康な状態で入浴し、特別な手段を使用することをお勧めします。

予防接種後、動物はしばしば次のような症状を経験します:

  • 嗜眠と無関心。
  • 食欲不振
  • 温度上昇
  • 腸の病気。

極端な必要性なしに薬を使用しないでください。これは身体の通常の反応であり、倦怠感は1〜2日で過ぎます。犬の状態が急激に悪化した場合は、直ちに獣医診療所に連絡してください。動物を追加の危険にさらさないようにするためには、検疫期間中の完全な入浴を控えるのが良いです。そうすれば、ペットは低体温や突然の下書きによって脅かされることはありません。水の中で水しぶきをする屋外でのゲームは害を及ぼさないでしょう、彼らは気分を軽くして、治療室への訪問からの不快な思い出を滑らかにするだけです。

予防接種後の犬の世話をするための推奨事項

予防接種は計画された方法で行われ、免疫システムの状態と同様に動物の耐性レベルは異なるので、ペットの世話をし、予防接種後の回復のためのすべての条件を作り出す必要があります。

  1. 子犬は検疫に従わなければなりません。それは自由な歩行の制限、他の動物とのコミュニケーション、病原性微生物の保有者となり得るものとの接触の排除を意味します。
  2. 必須微量元素やビタミンを含む完全栄養素。
  3. それは受動的な休息、延期旅行、長い散歩そして展示会への参加を提供することを要求される。
  4. 必要ならば、あなたは獣医を再検査する必要があります。
  5. 水泳を控えるためにそれは5-7日であるべきです。ワクチンの耐容性が困難な場合は、犬の体が完全に回復するまで水投与の制限期間を長くします。
  6. 悪天候では、動物が路上で過ごす時間を必要最小限に抑えることは価値があります。
  7. 予防接種が必要であり、長年にわたり犬の健康と活動の鍵となります。それらはジステンパーや狂犬病のようなひどい病気に対する乗り越えられない障壁となります。予防措置は、正確にそして時間通りに実行され、動物の健康の喪失、そしておそらく死を回避するでしょう。また、推奨事項を遵守することで、復旧期間が短く簡単になります。

予防接種後の入浴は、濡れた拭き取り用品と櫛でコートを整えて、少し延期するのが良いでしょう。そして文字通り2週間で犬は喜んで水に手が届くでしょう、もちろん天気が外で暖かい場合。