大根 - 有用な性質および禁忌

誰でもがどんな野菜でも栄養素の貯蔵庫であることを知っています。根の明確な代表としての大根も例外ではありません。それは料理や伝統医学で広く使われています。同時に、穏やかな気候の国々では、大根がより一般的です。それはどのように有用ですか、そして私は自分自身を傷つけないようにどのように私はこの野菜を使うべきですか?

プラント概要

大根はキャベツ家族からの草本植物の属です。この種の代表者全員が食品として適しているわけではありません。温暖な気候の国々では、白大根と赤大根がより一般的に使用されています。根が非常に狭いこの植物にはそのような種もあり、それらは野菜として使用することは全く不可能です。全部で約10種の大根があります。

大根はこの属の天然植物種ではないと考えられている。彼女は大根畑と大根種子を横断するときに現れました。これらの種はヨーロッパとアメリカで野生作物として育ちます。大根は現在、すべての大陸で栽培されています。この場合、彼らは植物自体ではなく、その根を食べます。この野菜は日本で成長するそれ自身の亜種を持っています - 長方形のダイコン大根。

この根の有用な特性は私達の時代の前に発見された。それでも、奴隷は彼らがより長く働くことができるようにこの製品を与えられました。そしていくつかの国では、大根は神々の食べ物と考えられていました。それで、古代ギリシャでは、この野菜はアポロ自身によってのみ使われることができました。この不思議な根には何が満ちていますか?

構成

他の植物と同様に、大根は人体の正常な機能に必要な様々なビタミンやミネラルを大量に含んでいます。さらに、それは他の明白な利点を持っています - キャベツの他の代表者のように、大根は非常に低いカロリー量を持っています。それで、体重を減らしたい人は、このタイプの植物にサラダを使うことをお勧めします。

大根100 gには約20 kcalが含まれています。その他の種では - もう少し。さらに、それはほとんどゼロ脂肪含有量を持っています。しかし、それは炭水化物とタンパク質をたくさん持っています。前者は後者のほぼ3倍です。しかしながら、これらは肥満につながる可能性がある急速な炭水化物ではなく、いわゆる「有益な炭水化物」であることを理解されたい。大根は繊維に富んでおり、それは人間には全く吸収されませんが、胃腸管を助けます。

大根中のビタミンの中で、ニコチン酸(PP)は、とりわけ、グループBビタミン(葉酸およびパントテン酸、チアミン、リボフラビン、ピリドキシン)のいくつかの代表、ならびにアスコルビン酸(C)および脂溶性ビタミンである。後者はレチノール(A)およびトコフェロール(E)を含む。これらすべての物質は体内の生化学過程の促進に寄与しています。

ミネラルに関しては、大根はカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムおよびリンの記録を破ります。それらのおかげで、この根菜は高齢者にとって非常に便利です。彼らの体では、これらの微量元素のどれも欠けていると心臓や筋骨格系に深刻な病気を引き起こす可能性があります。

便利な物件

上記のすべての規制物質のおかげで、大根は体にとって最も有益な製品の一つです。その良い特性は以下の通りです。

  1. 消化を改善しなさい。 大根は、人体が消化することができない粗い繊維を含んでいます。この繊維は腐敗性腸内細菌に必要で、その代わりにグループBのビタミンを生成します。さらに、繊維は腸を刺激し、アトニック性便秘と闘います。
  2. 代謝の加速 同じビタミンが栄養素のエネルギーへの生化学的変換に関与しています。グループBのビタミンが多いほど、これらの反応は速く起こります。同時に、そのような物質はもはや脂肪として沈着しません。
  3. 免疫力を強化する。 大根に含まれているビタミンCとEのおかげで、この根菜類は、インフルエンザから腫瘍の新生物まで、さまざまな病気から保護することができます。
  4. 視力の向上 ビタミンAは、視覚分析装置の正しい操作に必要な物質の前駆物質です。このビタミンが不足すると、ミステリー視力が低下します。これは一般に「夜盲症」と呼ばれています。
  5. 心筋の機能を維持します。 心臓が機能するには、カルシウム、マグネシウム、カリウムの3つの微量元素が必要です。それらはすべて大根に大量に含まれています。この根の使用は心臓病の発生を防ぐのを助けます。
  6. 骨を強化する。 骨粗鬆症が発症しないようにし、骨が常に強いままであるためには、カルシウムとリンが正しい割合で必要とされる。大根には両方の要素があり、骨粗鬆症や病的骨折との闘いに欠かせない製品となっています。
  7. 肌の状態を改善します。 大根には大量の酸化防止剤が含まれています。彼らの助けを借りて、体は老化や皮膚の外観の悪化に寄与する様々なスラグを除去します。美容目的のための大根は、外的にも内部的にも消費することができる。

このように、白はまれであると言うことができます - あらゆる年齢で食べることができる非常に有用な植物。その構成は、大根愛好家がいわゆる「文明の病気」なしで非常に古い時代に生きることを可能にします。しかし、だいこんはみんなが使うことができるわけではありません。

害と禁忌

大根の主な危険は、それが含まれている大量の繊維です。この物質は腸を刺激し、多くの不快な結果をもたらします。だから、大根は慢性の痙攣性便秘に苦しんでいる人々のために使われるべきではありません。健康な人でも、大根を大量に食べると、腸のけいれん、膨満感、そして便の破壊を引き起こす可能性があります。

さらに、注意を払って、過酸性胃炎患者には大根を使用する必要があります。この根は胃の酸度を高めることができます。大根の急性期に胃潰瘍および十二指腸潰瘍を有する患者は完全に禁忌である。しかし、糖尿病、大根の患者は制限なしに使用することができます。

したがって、大根を食べることは多くの病気から体を守ることができると我々は結論づけることができます。それは本当に外部と内部の両方、老年の兆候に対処するのに役立ちます。しかし、大根は体に悪影響を及ぼす可能性があります。まず第一に、それは消化管の病気によって明らかにされています。だからこそ、このルートは適度に消費されるべきです。