階段用の手すりの作り方

民家の美しさは階段と手すりから始まります。これらの要素は常に特別な注意を払いました。彼らが彼の家に入るときホストの訪問者が彼らの注意を払うのは彼らにあります。今日では、それを望んでいる人の力の下で美しい階段と豪華な手すりを手に入れよう。あなたは巨大な富を必要としません。

現代の建設市場はさまざまなオファーでいっぱいです。しかし、自分の家に自立して設備を整えることを好む職人が世界中にまだいます。そのような人々のためにこの記事は役に立ちます。その中に手すりを作成する技術は詳細に奉献されています。あなたがすべてを正しくやれば、あなたは美しくそして独創的になるでしょう。

あなたが階段のためにあなた自身の手すりを作ることに決めたならば、それから要件と規則の詳細な研究から始めてください。無視しないでください。各階段はそれぞれ異なりますが、デザインは一般的に認められている標準に基づいているため、使用が便利です。

手すりの設計要件

どの段から測定しても、手すりの高さは階段の長さ全体で100 cmを超えないようにするのが原則です。そのような規範は実践によって開発され、そして最も便利です。しかし、ホストの大幅な成長に関連した例外があります。そのような人のために、手すりは120 cmの高さに作られています。

手すりの両面バージョンの階段があります。階段の幅が125センチメートルを超えている場合、それらは配置されています15センチメートルを超えてはならない、手すり子の間の距離を忘れないでください。

上記の規則はすべて、木材、金属、プラスチックを問わず、あらゆる材料の構造に適用されます。この記事では、最初の2つの選択肢だけを詳細に検討します。後者は鉱工業生産の結果です。

木製の手すり

木の人間性の独特な特性はずっと前に発見された。それは処理するのが簡単で、安全の良いマージン、美しい構造と自然の新鮮さで家を満たす心地よい香りを持っています。適切な含浸で、木材はほとんど老化や破壊を受けません。これらの特性すべてが階段や手すりの建設に木材を使用する理由を与えています。標準と計算を処理したら、次の段階、つまりツールの準備に進むことができます。

木を扱うときは、次の道具が必要です。

  • いくつかのハンマー(さまざまな厳しさの);
  • 大工彫刻刀
  • 木のための弓のこ。
  • いくつかのドライバー(図とフラット)。
  • ノミ;
  • 電気ドリル
  • サンドペーパー
  • ジグソーパズル。
  • 建物レベル
  • ゴン;
  • ドライバー。

消耗品: 釘、ネジ、ドリル、簡単な鉛筆。

特殊な機械を使用して複雑な階段要素を作成しますが、これは必須ではありません。手作業は、単純なものを優先するのが良いが、それでも美しい形の手すりではない。

材料選択
準備措置がとられているのであれば、それでは資料を入手する時が来ました。階段や手すりの製造に使用される木材の最も一般的な種類は次のとおりです。

  • 白樺
  • オーク
  • もみじ
  • ブナ

リストは網羅的ではありません、あなたは別の木を選ぶことができます。これらの種は長い間使用されてきました。マツやシラカバなどの品種は広く普及しているため、何世紀にもわたって使用されてきました。

木製の手すりを作るプロセス
ご存じのとおり、手すりは3つの要素で構成されています。

  1. 手すりは、人々が階段を降りるときにつかむ手すりの上部です。それらはよく仕上げられた、滑らかな表面を持つべきです。
  2. 手すり子と階段の間にある手すり子は、ラックのさまざまな形態です。設置するとき、それらの間に一定の距離を観察する必要があります。
  3. 回転キャビネットとエンドキャビネットは、手すりの端や曲げの場所にある大きな柱です。

これらの部品の製造には、異なる断面の木の棒が必要でした。ジグソーパズルを使用して、棒は必要な形を与えられ、それからそれらは表面をきれいにし、磨きます。

製造工程では、すべての生産品目が収まるわけではないため、材料不足がないことを確認してください。避けられない間違いがあるでしょう。したがって、木材の供給があるはずです。

手すりのすべての要素が完成したら、組み立てに進みます。マウントがある場所に穴を開けます。それから下のラックを取り付けます - 最初にボラード、次に手すり子です。手すり子の間の距離が少なくとも10 cmあるように注意してください。

組み立てた後、完成した手すりは階段に取り付けられ、もう一度小さなサンドペーパーで掃除されます。それからそれらは注意深く塗られるか、浸透するか、またはニスをかけられる。これで、木製の手すりの製造は完了したと見なされます。

鍛造手すり

木製の手すりでは、すべてが比較的単純ですが、偽造されたものははるかに困難です。しかし、その結果はそれだけの価値があります、なぜなら鉄でマスターは想像力を完全に解き放ち、完全にユニークなパターンを思いつくことができるからです。作成プロセスをさらに詳しく検討してください。錬鉄の手すりを作る段階は、多くの点で木製のものの作成と似ています。

仕事のためにあなたが必要となります:

  • 一組の電極を有する溶接機。
  • いくつかのノズルを持つブルガリア語。
  • ストリッピング用の特別なディスク。
  • 保護マスク
  • ガスレンチ。
  • パイプ
  • ハンマー
  • レベル
  • テスキ

鍛造手すりを作るプロセス
錬鉄の手すりを作るプロセスは計算から始まります。必要な測定をすべて行い、材料を購入してください。通常、金属プロファイルと異なるサイズの断面の金属を使用します。冷間鍛造で手すりを作ります。

  1. スケッチ 計算を間違えないように、1:1の縮尺でスケッチすることをお勧めします。手すりの描画デザインを作成するのに便利な広々とした領域を見つけます。まず枠を描き、それに個々の要素を追加します。これは、空白がどのように見えるかについての一般的な考えを形成するのに役立ちます。
  2. パターン 手すりの基部のスケッチが完成したら、パターンの作成を開始できます。それは、手すり自体と同様に、自然な縮尺で描かれる必要があります。 50センチのロープを一本取り、それぞれの柄に貼ります。この方法は、曲線要素の長さを測定するのに役立ちます。次に、パターンを鍛造するためにブランクを切り取る寸法を記録します。
  3. カッティング 必要な測定を行った後、材料の切断に進みます。ワークを少し余裕を持って切断するようにしてください。これは鍛造中の多くの間違いを避けるのに役立ちます。過剰はいつでもカットすることができます。
  4. 鍛造 各ブランクは形づくる必要があります。万力を使用して、金属片を曲げます。便利なように、パイプをワークピースに置き、それをレバーとして使用することができます。それから物理的な努力は最小になります。図のようにパターンが判明するはずです。この手順は、構造のすべての要素を使って実行する必要があります。
  5. 溶接 さらに溶接機が必要です。まず手すりを作ります。セグメントを接続したら、スポット溶接で固定します。次に、図のようにフレームの内側に、完成した要素を1つずつ配置して、つかみます。フレームをパターンで、エラーを検出せずに塗りつぶした後は、構造を安全に沸騰させることができます。反対側にそれをひっくり返し、そしてまた他の部分でうまく溶接する。この大まかな作業が完了したら、手すりの準備は完了です。
  6. ストリッピング 今度はデザインの美学について考える時間です:グラインダーを取り、その上にグラインディングディスクを取り付け、保護マスクを着用し、そしてすべての縫い目を通り抜ける。それから、金属ブラシを使用して、不規則性、欠陥および錆から構造全体をきれいにしてください。
  7. 塗装します。 最終段階は手すりの塗装です。最初に、金属のためのプライマーで全体の構造を扱いなさい、これは表面へのペンキの信頼できる付着を確実にするでしょう。手すりを塗装するには、ブラシまたはスプレーを使用できます。 15分間隔で選択した塗料を数層塗ります。何人かの所有者は緑青で鍛造された手すりを扱う、それは安価で素晴らしく見えます!

これで手すり製造工程が完了する。階段にそれらを設置するだけです。

手すりの自己生産は難しい作業ではありません。あなたの欲求、時間、小額の資金、そして少なくともあなたの手を使った作業経験があれば、人々は彼らの目をとらえることができない手すりをつくることができるでしょう。