ピザを授乳することは可能ですか?

ピザは多くの人々のお気に入りの料理のひとつです。しかし、授乳中の母親は、赤ちゃんにとってそれがどれほど無害であるかとよく疑問に思います。結局のところ、それは常に子供の体に役立つとは限らない可能性があります多数のさまざまな成分が含まれています。

ピザの組成と子供への影響

  1. ピザには多くの食材が含まれていますが、そのうちの1つはキノコです。彼らは母乳育児中の母親のためのジャンクフードと見なされます。母乳育児中の最初の6ヶ月間は、きのこを食べないようにすることをお勧めします。これは子供がまだ不十分に開発された酵素系であるという事実によるものです。きのこ自体は体にとってかなり重い製品です。それらが多くの有用な要素を含んでいるという事実にもかかわらず、体はそのような食物を吸収するのが難しいです。さらに、きのこはさまざまな有毒物質を蓄積する傾向があります。
  2. 上記のすべてにもかかわらず、母乳育児はきのこの定期的な摂取を許可されています。しかしこの目的のために、それは体によって比較的容易に吸収されるきのこ、カキきのこおよびシャンピニオンを選ぶことが勧められます。同時に、きのこ自体は専門農場で生産されなければなりません。森林のものと比較して、彼らははるかに少ない被害を引き起こすだろうので、彼らは時々授乳中の母親を使用することが許可されています。
  3. ピザのもう一つの重要な成分はチーズです。それはカルシウムが含まれているので、乳児の授乳中の母親にとって、この製品は非常に便利になります。しかし、それはチーズのしっかりした等級だけを選ぶ価値があります。チーズがカビで加工または調理されている場合は、それを食べるべきではありません。これらのチーズから、子供は大量のガスの発生を経験するかもしれません。
  4. 多くの場合、ソーセージはピザに追加されます。この製品は純粋な肉ではないことを覚えておく価値があります。それは染料や風味に至るまで、そして不健康な脂肪で終わる、さまざまな化学成分を多数追加します。そのような製品は子供だけでなく彼の母親にも重大な害を及ぼす可能性があります。
  5. ピザの主成分はトマトです。これは非常に便利な製品で、たくさんの便利な要素とビタミンが含まれています。さらに、それは多くの有用な特性を持っています、例えば、それは鬱病を助け、抗酸化剤として働きます。しかし、トマトの欠点から彼らはアレルギー反応を引き起こす可能性があるという事実を強調することです。したがって、母乳育児は慎重にトマトを消費する必要があります。それはまたあなたの食事療法にトマトの適度な量の黄色の品種を含めることをお勧めします。子供がアレルギー反応を経験しないならば、それからあなたは赤の品種を試すことができます。
  6. 玉ねぎは、その味を改善するためにピザの構成に追加されます。この自然の贈り物には、体の状態に良い影響を与えるビタミンや栄養素が大量に含まれています。さらに、それは防腐効果があります。しかし多くの授乳婦は、タマネギとニンニクを食事に加えると、牛乳の味とその匂いが大きく損なわれると考えています。しかし実際には、大きな喜びを持つ幼児はそのような牛乳を吸収するので、玉ねぎを食べることを恐れないでください。これは、授乳が悪い女性に特に当てはまります。あなたの食事療法にタマネギを加えることは有意に授乳を改善するでしょう。
  7. ピザの組成を勉強するときそれが作られている生地を無視することはできません。通常、この生地はパン酵母で作られています。これらの酵母は、生地をほぐすように設計されている数十種類の化学物質の混合物です。したがって、そのようなピザの消費は子供の体に多くの不要な化学元素を入れる恐れがあります。

無害でおいしいピザの作り方


上記の組成に基づいて、我々は安全にピザ屋で生産されたピザは母乳育児中に母親によって使用されるべきではないと言うことができます。しかし、あなたは家でピザを作ることができ、それは子供には全く害がありませんが、同時に、それはおいしいと香りがするでしょう。

生地を作るには、80 mlのケフィアが必要です。その中に卵1杯と小さじ半分の塩が加えられます。これらすべてを完全に泡立ててから、小さじ半分のソーダを加え、混ぜて約5分間放置しなければなりません。それから小麦粉が少量で加えられ(全部で250グラムが必要です)、そして濃い濃度の生地が作られます。次に、この生地を麺棒で転がしてベーキング皿に入れる必要があります。

ピザを調理する前に、トマトペーストを作る必要があります。トマトに適した黄色い品種です。このペーストは焼く前にピザのベースに塗られます。それからあなたはそれに詰め物を置くべきです。きのこ、ゆで鶏肉または七面鳥の肉、黄色いトマトの小さいスライスは詰め物として使用されます。玉ねぎを半分に輪切りにしてパセリを加えます。

オーブン内の温度は220度に設定されています。ピザを15分焼く。その後、あなたはチーズのスライス(もちろん固体の品種)を上に振りかけ、その後さらに7分間焼くことを続ける必要があります。

母乳育児時のピザの食べ方

自宅でピザを調理する数日前に、すべての材料を別々に試して子供の反応を見ることをお勧めします。トマトとキノコの選択には特に注意が必要です。

子供がこれらの成分を食べるとき、アレルギー反応が観察されない、それが腫れない、そしてそれが落ち着いて満足しているように見えるなら、あなたは上記のレシピに従ってピザを作ることができます。それ以外の場合は、キノコを他の成分と交換する必要があります。適切な代替品はブロッコリーでしょう。